勇猛無比のミットレ回顧録 2020.12.15「ミットレ ヴァンヘイレンSP」

こんばんは! 石井一孝です。
「FM COCOLO 765 Midnight Treasures」。
この番組は ミュージカル俳優でシンガーソングライター、
そして レコードコレクターの 僕:石井一孝の選曲でお送りする1時間。

〜Midnight Blueな夜の帳が…あなたの心を優しく撫ぜるひととき・・・真夜中の宝箱 〜

ハローミッドナイト。皆様いかがお過ごしでしょうか?
大忙しでしょうか?
師走も残り2週間。
あなたにこの言葉を捧げます。

   シワ〜〜〜ッス!!

「石井さんが発明したこの呪文を唱えると不思議に心が軽くなります」とか、
「流行語大賞間違いなし!のこの言葉に感動していつも涙目になります」とか、
そう言われることが…ありません!
流行語大賞も取りませーん。
しかしね、リスナーには支持されていると信じて、わたくし12月はこの挨拶を重ねていきます。
そこんとこよろしくベイビー。

さあ今夜は予告通りこの企画いきます。

  「ミットレ ヴァンヘイレンスペシャル!」

ロックの歴史を変えたと言っても過言ではないスーパーギタリスト
エディ・ヴァンヘイレンのグループとして有名ですけれども、
そのエディが10月に闘病生活の末、天国に旅立ってしまったんです。
俺はフレディマーキュリーが亡くなった時と同じくらいのショックで茫然自失でした。
何てったって俺にとってエディは神なんだよね。
エディより早弾きができるギタリストはいるかもしれないけど、
エディのように弾けるギタリストは誰もいないんだよ。
わかってるよね?みんな!

ということで、今夜は愛するエディへの追悼の思いを込めて名曲をドカスカオンエアしたいと思います。

まずは群馬県 ジャックローズさんのお便り。

「カズさん、ハロ~!☆
Van Halen特集ということで私はHOT FOR TEACHERをリクエストします。
驚異のドラムと超絶技巧のギターが、ヘヴィーにそしてファンキーに炸裂するところが
たまりません!こんな奇天烈な曲が好きな色気のないオナゴはお好きですか?(笑)」

何を言っているんだ、ジャックローズさん。
HOT FOR TEACHERは俺がヴァンヘイレンで一番好きな曲だよ。
この曲を愛する君の色気に完敗、そんな感じですね。
この曲にはsweet mosesさんからもリクエストを頂いております。
それじゃ行くぞ!オープニングにぴったりの炸裂ナンバー。
「HOT FOR TEACHER」

カッコイイな、おい!
ハードロックのおいしい展開が全部乗せって感じですよね。
攻撃的なビート、荒れ狂うドラム、超絶速弾きのギターソロ、そして煽情的なギターリフ。
史上屈指の大名盤、「1984」収録曲でございます。

今回ヴァンヘイレンを紐解いて一から聴き直して勉強したんですけど、
ヴァンヘイレンフリークにはこの曲が一番好きって人が結構多いみたいで、
まあジャンプとかパナマとか勿論人気あるんだけど、俺もこの曲がイチオシかな。
そもそも「1984」には泣きたくなるくらい良い曲ばっかり入ってるんですよね。
やっぱり名盤と呼ばれるアルバムは、曲が良いこと、バンドのエネルギーが爆発していること、
そしてアーティストのカラーが全面に出ていること、この辺りが必要だと思うんだけど、
このアルバムにはその全てがある。

エディ・ヴァンヘイレンの神業のようなライトハンド奏法、誰にも止められない。
そしてもうカリスマの塊とも言うべき天衣無縫のデイヴ・リー・ロスのシャウト、
このアルバム聴いたことがない人がいたら、
今すぐレコード屋に走って買ってきて下さい。
Go!って深夜だろ?
レコード屋さん、閉まってますから。
あの、明日にしてもらってもよろしいでしょうか?
よろしいです、はい。

それでは今夜は「伝説の爆撃機」と言われる俺の危険なトークで、
君の「炎の導火線」に引火してみせる。
真夜中の「戒厳令」だぞ。
ヤケドするなよ、お嬢さん。
って怖いでしょ!

 

  CM

 

FM COCOLO 765 MIDNIGHT TREASURES 石井一孝がお送りしています。

ヴァンヘイレンはオランダ系アメリカ人の兄弟が中心となったバンドですね。
ギターが言わずもがなのエディ・ヴァンヘイレン大先生。
俺の神です。
ドラムはそのお兄ちゃんのアレックス・ヴァン・ヘイレン。

ベーシストは歴代何人かいるんですけど、やっぱり全盛期のマイケル・アンソニーが印象的ですよね。
しかし、エディはそのアンソニーと軋轢があったそうなんですよね。
ある日アンソニーをクビにしちゃうんだよね。
で、息子のウォルフガング・ヴァン・ヘイレンをベーシストにしちゃうという。
この辺のドロドロ感、ちょっとメロドラマの導火線に火がついちゃってる感じかな(笑)。
ある種の戒厳令になっちゃってる感じがしますね。

そして重要なのはボーカリストの変遷です。
このバンドはボーカルが変わるとバンドの音楽性までガラッと変わっちゃうんだよね。
デビューから6枚目の「1984」までが、先程も言いましたけどデイヴ・リー・ロスです。
デイヴはロック界ナンバー1の奇天烈お兄ちゃんなので、
初期の音楽性は陽気な感じでしたね。

もともとハードロックの歴史を紐解くと、ディープパープルとか、レッドツェッペリンとか、
硬派でダークな印象のバンド、そういうアーティストが主流だったんだよね。
ディープパープルのギタリスト リッチーブラックモア先生なんてどんな速弾きしても
眉一つ動かさないからね。

ところがですね、奥さん。
デイヴィッド・リー・ロスは、
「俺はガールズが大好きなんだ、カリフォルニアのシーサイドでおいらとイチャイチャしようぜ!」
ってそういう風に顔に書いてありますからね。
このチャラい個性に俺は腰が抜けましたね。
めっちゃアメリカンやな、おい!デイヴ、軟派だなって思いました。
エディ・ヴァンヘイレンも軟派じゃないけど、ずーっとニコニコしながら鬼の速弾きしてるお兄ちゃんで、
これはこれで見たことないタイプでしたね。
つまりイギリスの硬派な王道ハードロック勢の真逆のスタイル、これがヴァンヘイレンの特徴ですね。

2代目ボーカルになったのがロック界の伝説のシンガー サミー・ヘイガーですよ。
サミーは筋肉質でひたすらカッコイイ、男くさくて歌が激ウマなんだよね。
曲も書けるし、ギターも弾けるし、そもそもソロシンガーとしてすでに有名な人でしたからね。
そのサミーが加入して、ヴァンヘイレンはなんと見事にアダルトで本格派なバンドに変わっちゃうんだよね。
軟派から硬派への転身。
チャラ男だった友人が数年後に会ったら高倉健さんに変わったくらいのショックでした(笑)。
これはミラクルでしたね。

さて、そんなサミーの硬派っぷりは後でみんなと検証するとして、
軟派なデイブ先生も硬派でかっこいい曲も歌えるんだぞという曲を聴いてみたいと思います。

宮城県の男子 ドキドキかくれんぼさんのお便りです。

「お初ミッドナイト!Van Halen特集をやるということで、仙台から飛んできました。
番組に出会ったのも奇跡で、タイムフリー機能を使えるようになり
各地のラジオを聞いて回っていたところ、
この番組のエンディングでVan Halen特集をやると聞きしかもリクエスト募集形式というので
本当に奇跡的な出会いです。奇跡の出会いを感謝して、「Fair Warning」の曲をお願いします」

きたきたきたね〜、嬉しいな!ドキドキかくれんぼさん。
仙台は俺の大好きな街でね、東北新幹線に乗って、
レコードを買い付けるためだけに仙台に行ったこともあります。
たぶん2回はあります。
ずんだ餅に牛タン。また行きたいっすね。
それでは行きます。
恐ろしくかっこいいギターリフにのけ反ってください。
「Mean Street」

1981年の超かっこいいナンバー。
4枚目の「Fair Warning」収録曲ですね。
「戒厳令」と言う日本盤のタイトルがついてるアルバムですね。
レッドツエッペリンのジミーペイジみたいなリフを感じましたね。
非常に攻撃的で、この魅力に抗えない。降参しかないですね。
デイヴ・リー・ロス、チャラくない歌も歌えるんやないか!
そんな驚きの1曲でございます(笑)。

それでは今日はこれしかないですね。
デイヴ・リー・ロスのように叫べ、このコーナー。

 

   <俺のAOR>

 

「オーイエ―!俺のAOR!俺のライトバンに君を乗せて、君を痙攣させてやる!」
バンケイレン・・・なんつーてな。アハハハハ。

全国のヴァンヘイレンマニアに怒られるぞ。おい。
皆さん、俺はヴァンヘイレン大好きだからね。
ちょっと茶目っ気が勝っちゃっただけだからね。

はい。AORとは、アダルト・オリエンテッド・ロックの略で、大人向けのロック、洗練されたロック。
そんな意味合いなんですが、
俺が大好きなAORを関西を中心に世界中に広めていこう…というコーナー。

ヴァンヘイレンのAORナンバーを探してみましたけれども、ないです(笑)。
いつも言っているように、AORとハードロックは真反対の音楽なんだよね。
だからクイーンにもAORはないし、ディープパープルにもAORはないです。
しかし、おしゃれで洗練されたタッチの曲はハードロックにもありますので、
それを拡大解釈して俺のAORとしてオンエアしてみたいと思います。

さあ、ここで登場するのが2代目ヴォーカルのサミーヘイガーです!
サミーがいかに凄いシンガーか確認してください。
東京都のPastelさんからのリクエストで、
「Dreams」

サミーが加入した最初のアルバム「5150」からのシングルカット。1986年作品ですね。
この曲は多くのロックマニアから、史上最高の名曲なんじゃないかと言われてます。
泣きたくなるようなイントロ、完璧なコード進行、口がポカンと空いちゃう強靭な歌声、
エディの天衣無縫のギターソロと全部が完璧なんですよ、この曲。
俺もロック史上BEST10に入る名曲だと思います。

アダルトで洗練されてる大人の質感。
あの異端のヴァンヘイレンが遂に王道で勝負したぞ!みたいな驚きがありましたよね。
ちょっとジャーニーぽい感じだよね。
この曲嫌いな人いないんじゃなかな?
いかがでしたでしょうか?

 

続いてはJazzyな雰囲気も感じる、俺の個人的オススメ曲。
この曲はあまりヴァンヘイレン特集で出てくることはないと思うんですけどね。
アダルトでAORなフィール、イッシーのおすすめご堪能ください。
「Girl Gone Bad 」

これも名盤「1984」収録曲ですね。
ということは、ヴォーカルは再びデイヴ・リー・ロスです。
ヴァンヘイレンの曲の中では異質な手触り。
イントロのライドシンバルとひねったコード進行のお洒落さ、
それからバンド全員でのユニゾンのキメ。
この辺りはTOTOみたいで、もしくはプログレバンドみたい、たまらなく好きですね。
もう演奏がめちゃくちゃ上手い、このバンド。
シングルカットするようなタイプの曲じゃないんですけど、
だからなのか、めちゃくちゃ攻めてて良いね。
この曲好きな人、挙手!

さあ、ここでお知らせを挟みます。
お知らせ明けはこの濃密なスリルを少し離れますからね。
みんなに癒しをお届けします。

 

  CM

 

~~~~~~~~~

12月のMonthly Kazutaka Tracks、曾我泰久&石井一孝で「Melodies For You」お届けしました。
この曲にはリクエスト来てますね。

京都府のGRIMMさん。

「かずさん、こんばんは。Melodies For Youは聴いているうちにとっても幸せになれる曲。
優しいメロディーと、いつもファンを大切にされているかずさんの想いがまっすぐに心に響き
感動でいっぱいになります。」

そうだよな。いろいろあった2020年。
みんなを癒したいなあって思ってマンスリーに選んだんですが、
親友のヤッチンと二人で曲も歌詞も本当に膝を突き合わせて書いた曲です。
この曲は凜音さん、ウインターさん、アラジンジャスミンさんからもリクエスト届いております。
ありがとう。

 

さあ、お楽しみいただいていますでしょうか?
ヴァンヘイレンスペシャル。
さあ、後半戦にいきますよ。

京都府の男子 南蛮ヘイレンさんから熱いリクエストが来ています。
南蛮漬けの南蛮って書いてあります。
素敵なラジオネームですね。

「ヴァンヘイレン特集と聞いて、清水の舞台から飛んでやって来ました。
46歳で新規リスナーですが、参加よろしいでしょうか?

よろしい!!

エディの訃報を聞いて、青春時代を過ごした私は涙が止まりませんでした。
ハードロック命だった私と仲間たちでオンラインで集まり勝手に追悼イベントをやりました。
この仲間たちとはヴァンヘイレンのコピーバンドもやったくらいです。
あの派手で滑らかで、楽しそうに弾くエディが見れないなんて。」

おおー、南蛮ヘイレンさん。
ヴァンヘイレンのコピーバンドやってたんですか、素晴らしいね。
俺今カヴァーしたら涙出ちゃうかもしれないな。
ここで再びサミーヘイガーに登場していただきます。
南蛮ヘイレンさん、サリーさん、Twinkleさんのリクエストで、
「Can’t Stop Lovin’ You」

1995年のアルバム「Balance」より「Can’t Stop Lovin’ You」。
このアルバムを最後にサミーはエディとの確執からヴァンヘイレンを脱退するんですね。
天才同士のぶつかり合いっていつの世にもあるからね。
ジョンレノンとポールマッカートニーもしかりです。
しかしこの二人、ひっそりと後年仲直りしていたと発表されました。
エディの命あるうちに仲直りしていたと聞いてね、これまたファンとしては泣きましたね。
本当に良かった。

高音になればなるほどハリが増してセクシーになっていくという驚くべきサミーヘイガーの声。
こんな声いないからね。尊敬しかありません。
そしてサミーが脱退した後、3代目ヴォーカルに迎えられるのが、ゲイリーシェローン。

これはビックリしたよね。
え?ゲイリーシェローンがヴァンヘイレンのヴォーカルになったの?みたいな感じ。
もう海老ぞった後に3回転ジャンプするくらいの驚きでした。

ゲイリーは、エクストリームという泣く子もだまらっしゃいの人気バンドのフロントマンなんですよ。
その人気ヴォーカリストが別の人気グループのヴォーカルになるなんて。
これ例えていうならミスチルの桜井さんがB’zのニューヴォーカルになるような感じだからね。
ありえないでしょ。
でも今「Fire In The Hole」という名曲を聴いてもらってますけど、凄い声だよね。
サミーヘイガーに声が近いよね、ハスキーでね。
俺はもともとゲイリーシェローンが大好きなんですけどね。

そんな人事異動もありましたけれども、
その後、Mrカリフォルニア デイヴ・リー・ロスがバンドに返り咲くという顛末になりますね。

 

さあ、それでは次のナンバー。
モーリスママさん、ジュノさん、ちあきさん、ドロン女さん、熟女ジャンプさん、
マダムエビフライさん、ビートルさん、かもさん、ユリシスさんからリクエストが来てます。

抜群の人気曲いきます。
ヴァンヘイレンの「Jump」

大学時代を思い出すな〜。
入学してすぐ、オリエンテーションキャンプっていう1泊2日の宿泊イベントがあって、
夜結構遅い時間に、同級生同士集まって会議室みたいなところで
でっかいラジカセでこの曲をかけてディスコ大会やったんだよね。
サビでみんなで「ジャンプ」って言いながら跳ね合ったね(笑)。

そんな青春の曲ですが、今の耳でよくよく聞き直してみました。
そうすると、すごくよく出来てる曲だなと思いましてですね、
キーがCなんですよ。
だから、ほぼピアノの白鍵のみで弾けちゃう単純ぽいイントロから、
ギターソロは半音上がってC#にキーが変わるんですよ、奥さん!
そしてソロが明けたところで、もう一回サビに戻ると半音下がってまたCになるんだよね。
凄い着想!
やっぱ一筋縄ではいかないな、さすがヴァンヘイレンだなと思いました。

 

さあ、ラストナンバーは石井一孝の生歌です。
9月の博多ただいまコンサートのライブ音源おかけいたします。

いちごタルトさん、ワンエイティーさん、星子さん、黄色い声援送りたいメグさんから
リクエスト頂戴しております。
石井一孝の「Sueno Del Dia」

~~~~~~~~~~

 

   CM

 

FM COCOLO 76.5 MIDNIGHT TREASURES
燃えたな〜、ヴァンヘイレンスペシャル。
こうやって振り返るとエディ・ヴァンヘイレンがいかに個性的で
革新的なアーティストだったかわかるよね。
あんなギタリストはいない。
あの笑顔が俺は忘れられないです。
音楽を心から愛して、その愛とともに天国へ旅立っていたエディ、最高ですよね。
お楽しみいただけましたでしょうか?

今夜はヴァンヘイレンの大名盤「1984」大名盤、これをプレゼントします。
それから今日「Can’t Stop Lovin’ You」という曲をかけましたけども、「Balance」これもプレゼントします。
俺は2枚持っているので1枚プレゼントします。

そして石井一孝のアイテムもプレゼントします。
「君からのBirthday Card」のDVD。これ1万円以上しますからね、奥さん!
それからニューアルバム「In The Scent Of Love ~Top Note~」。これもプレゼントします。

合計4枚。上から順番に1~4番、何番のアイテムが欲しいのかを書いて下さい。
サイン入りでお届けします。
発送は1月の中旬頃になると思いますけれども、待っててください。
そして、どしどしご応募下さい。
本名と住所を忘れずに書いて下さいね。

<番組ではリクエストを募集しています!>

■リクエスト①

*レッドツェッペリン特集
*クリスマスソング特集(12/22OA)
*番組きっかけで好きになった、あなたのアーティスト・曲
*石井さんに聞いてほしい曲・挑戦状
*好きなカバー曲
*人生で一番聴いたアルバム、曲
*ギタリスト特集、クイーン特集、アニメ特集、ハードロック特集、JAZZ特集
Beatles特集、ブラックミュージック特集、かっこいいイントロの曲、映画音楽の特集も引き続き!

■リクエスト② 「無茶振り リクエスト」

※その他、僕への質問、お悩み相談、番組への感想・・・なんでもOKです。
(とにかく僕と絡んでください〜)
番組ブログに詳細が載っていますので、ぜひチェックして送ってください。
FM COCOLOのホームページの番組サイト
「リクエスト プレゼント」ボタンからお願いします。

 

   <告知>

★最新アルバム「In The Scent of LoveTop Note~」発売中!
岡幸二郎さん、濱田めぐみさん、シルビア・グラブさんが参加。

~「In The Scent of LoveTop Note~」ダイジェスト映像~

 

石井一孝原案、作曲、主演の一人ミュージカル「君からのBirthday Card」のDVD絶賛発売中。

~「君からのBirthday Card」ダイジェスト映像~

 

「アートにエールを!東京プロジェクト」に当選しました。「君からのBirthday Card」のスピンオフ『虹』掲載中!

東京都の専用サイト
https://cheerforart.jp/detail/6088

 

1227()「石井一孝 年忘れコンサート2020」@浜離宮朝日ホール 小ホール

【スペシャルゲスト】今 拓哉

 

★春野寿美礼 2021春のライブ4th at Billboard Live ゲスト出演

2021/1/13(水)~14(木) ビルボードライブ大阪

2021/1/19(火)~21(木) ビルボードライブ東京

※石井一孝は大阪全公演・1/20、21出演予定

 

★2021年3月17日(月)~25日(木)舞台『サイドウェイ』出演決定!

 

★岡幸二郎&石井一孝が奏でる友情の音「La Noche Feliz」発売中!

 

★石井一孝LINEスタンプ絶賛発売中

番組ラストは<ミットレお別れ名言劇場 〜君の瞳に映る僕に乾杯〜>
あなたが好きなセリフ、言葉を、イッシーが感情を込めて読み上げます。
出典は 映画やミュージカル、漫画、アニメなどなんでもOK。
グッとくる言葉、面白い言葉・・教えてください。

ということで、今夜は・・・
私、自分で探してまいりましたエドワード・ヴァン・ヘイレンの名言。

「ジャズとロックンロールの唯一の違いはロックンロールの音の方がちょっと大きいってことさ。
何をやるにしても型は決まっていないし、どんなことをやってもいいんだ。ルールはないんだよ」


7 thoughts on “勇猛無比のミットレ回顧録 2020.12.15「ミットレ ヴァンヘイレンSP」

  1. Kaori

    教授、こんばんは!
    興奮のヴァンヘイレンスペシャルでした!

    ★Hot for Teacher / Van Halen
    DJさんがVan Halenの中で一番お好きな曲とのこと。
    さすが熱い!見事な演奏ですね。どうしたらこんな早打ち出来るのでしょうか?
    動画をみて思ったのですが、ロックがアメリカンドラマのような世界になっているところがユニークです。

    ★Mean Street / Van Halen
    まさに恐ろしくかっこいいギターリフに恐れ入りました。
    DJさんのバンドの解説を聴いて、演奏や歌に『なるほど~。』と感じながら楽しむことができました。特に、デイヴ・リー・ロスのチャラくない歌に納得です。

    <俺のAOR>
    あはは。ガールズが大好きそうな雰囲気ですね。(^-^)

    ★Dreams / Van Halen
    なるほど、AOR系はなかったのですね。
    しかし、硬派な2代目ヴォーカリストの洗練された歌声に聞き惚れました。
    超魅力的です。
    たしかに、ジャーニーっぽい感じですね。私もこの曲好きです。

    ★Girl Gone Bad / Van Halen
    本当にAOR系の曲がないですね。
    しかしながら、すべて純粋にVan Halen一色なところがグーです。
    こちらの曲は、ベースのインパクトが大きかったです。スゴイなー。

    ★Melodies For You / 曾我泰久&石井一孝
    年末癒しスペシャルのマンスリーだったのですね!ヽ(*´∀`)ノ
    毎週癒されています。音楽の力を実感しています。
    DJさんの優しさがひしひしと伝わってきます。
    本当に美しいナンバーです。

    ★Can’t Stop Lovin’ You / Van Halen
    Van Halenファンからの熱いお便りに胸が熱くなりました。
    清水の舞台から飛び降りる覚悟でのリクエスト!!感動的ですね!
    そして熱いタイトルの熱い歌唱映像に、サミーヘイガーへの想いが厚くなりました。

    ★Jump / Van Halen
    抜群の人気曲なのですね~。(◎o◎)
    DJさん青春時代の想い出の曲でもあったのですね。今や音楽作りのプロとして分析されているところがさすがです。
    壮大な空間が広がるイメージで心が開放できるナンバーです。
    間奏が特に好きです。

    ★Sueno Del Dia(白日夢) Live / 石井一孝
    ピアノ版Sueno Del Dia。これまた素敵でした。
    少し上品でお洒落な印象で新鮮で魅力的です。
    歌は雄々しくて、演奏とのこのバランスが何ともそそられました。
    生で聴きたかったなー。

    <お別れ名言劇場>
    エドワード・ヴァン・ヘイレンの名言がくるとはさすがDJさん!
    この名言にすごく理解が深まりました。

  2. ショコラ

    DJカズさん、こんにちは!
    今回のヴァン・ヘイレンスペシャルは、次々に魅力的な曲がオンエアされてワクワクの一時間でした。
    今まで聴く曲によって全く印象が変わると思っていたのは、メンバーの交代などの歴史があったからなんですね。
    DJさんの熱いトークにとっても引き込まれました~。

    「Mean Street」
    またまた男子リスナーさんからの熱いリクエストにウキウキなDJさん。
    こちらも幸せ気分をお裾分けしてもらいました。
    冒頭のギターイントロ、劇的なメロディーリフに心が掻き立てられます。

    「Dreams」
    タイトルのようにキラキラと揺らめくようなイントロが大好きな曲です。
    サミー・ヘイガーのハイトーンボイスは、今のモヤモヤ感いっぱいの日々を取り払ってくれるような気持ちになって心に爽快感をもたらしてくれます。

    「Can’t Stop Lovin’ You」
    またまたサミー・ヘイガーの登場、嬉しいです。
    一度聴いたら直ぐに口ずさめるようなキャッチーでポップな曲ですね。
    動画の映像も客席がノリノリな様子がわかります。
    またコンサート会場で思い切り一緒に盛り上がれる日が早く来てほしいです。

    「Sueno Del Dia」
    進藤さんのアレンジでまた違うテイストの響きが新鮮でした。
    熱いカズさんの歌声とピアノの音色がマッチしていますね~。
    博多コンは行かれなかったのでオンエア、感謝です!

    今日はクリスマスSPですね。
    と~~~っても楽しみです♪♪♪

  3. ちあき

    赤津崎先生
    こんにちは。ヴァンヘイレンスペシャルミットレ、楽しませていただきました。
    ヴァンヘイレンは殆ど聴いたことがなかったのですが、今回いろいろな曲が聴けてとても良かったです。

    ◆好きなナンバー
    ★「HOT FOR TEACHER」
    イントロからの超絶速弾きがすごいです。絶対にぶれない確実なビートと、自在にどんなフレーズでも歌いこなす素晴らしいvocal、そして間奏のギターソロのかっこよさ!!これぞハードロック!!って感じです。オープニングにもピッタリなナンバー、筆舌に尽くしがたいカッコよさでとても気に入っています。

    ★「Mean Street」
    何ともいえないヘンテコフレーズのイントロが気に入りました(笑) バンドメンバーの変遷も興味深いバンドですね。これまた超絶カッコいいギターソロ。とても個性的なナンバーですが、攻撃でもありどこか繊細な部分も感じ、
    ヴァンヘイレンというバンドの高テクニックが伺えます。

    ★「Dreams」
    心地よいポップな曲調で、同じヴァンヘイレンの曲、というのが意外です。サビは聴いたことありました~
    サミーヘイガーのハイトーンはすごい!!圧巻です。アダルトでスタイリッシュにまとまった名曲ですね。
    フレーズもとても綺麗です。

    ★「Girl Gone Bad 」
    めちゃくちゃ凝ったコード進行でかっこいい!!流石ヴァンヘイレン!!というナンバーですね。ほかにはない唯一無二のカラーを感じさせる1曲です。アダルトで猥雑、そしてお洒落。いろいろな魅力が感じられる1曲だと思います。

    ★「Melodies For You」石井一孝/曾我泰久
    優しくあたたかく、最高のバラード。わたしにとっては心の支えとなってくれる大切な曲です。お二人のハーモニーが大好き。歌詞の一つ一つが深く響きますね。お二人で膝突き合わせて紡がれた曲とのこと、心が感じられます。
    これからも大事に聴いていきたい曲です。

    ★「Can’t Stop Lovin’ You」
    サミーヘイガーの歌声はすごく心地よいです。素晴らしいシンガーだと思います。赤津崎先生がおっしゃるようにヴォーカリストによって、曲調が全然変わるんですね。カメレオンバンドのよう(笑)結果いろいろなジャンルが楽しめるので、改めてヴァンヘイレンってすごいグルーブだと思います。

    ★「JUMP」
    リクエスト送ってました。名前呼んでいただきありがとうございます!!イントロから大好きなんです。テンションあがりますね。C→C#→C感動の展開ですね。転調がスムーズかつお洒落!!key of Cとは思えない絢爛豪華なフレーズ、流石です!!言うまでもなくギターソロもかっこいいです!!

    ★「Sueno Del Dia」/石井一孝
    赤津崎先生の歌声が素敵にセクシーで、とても印象に残っています。コンサートであまり聴いたことがないナンバーだったので感動です。進藤さんのピアノ演奏もお洒落で素敵で大好きです。特に間奏部分が好き。ピアノがすごく似合う曲だと思いました。赤津崎先生の伸びやかな声が染みます。ぜひまた歌ってくださいね。

    ヴァンヘイレンスペシャル、マルチな知識をお持ちの赤津崎先生だからこその選曲、ヴァンヘイレンの変遷も含め、何も知識がないリスナーにも楽しめたミットレでした。

    年忘れコンも近づいてきましたね。暗いニュースが多いですが、赤津崎先生の歌とトークで、客席のお客様とあたたかく幸せなひとときが紡がれますように、願っています。

  4. すずらん

    こんばんは!
    こちらの回顧録で、復習しました。
    ヴァン・ヘイレンは音楽だけで無く、ヴィジュアルでも楽しませてくれるバンドなんですね。
    どの曲も良いのですが、Can’t Stop Loving Youがお気に入りの一曲になりました。
    JUMPを歌われているサミーヘイガーさん、どこか声がフレディ・マーキュリーに似ていませんか?
    後はどの曲も缶コーヒーのCMに使えそうですね。
    来週のクリスマスSP、楽しみにしております。

  5. ikuko

    DJさんが15時間もかけた渾身のヴァンヘイレンスペシャル、たっぷり堪能しました!
    ここまで意気込むDJは、世界広しと言えどもカズさんだけでしょうね。どの曲もエディの超絶技巧のギターは圧巻でしたが、それにも増してカズさんの舌好調で熱い解説がとっても勉強になったし、好きな音楽の話をするカズさんがホントに楽しそうで私もテンションアップでしたよ♪

    「Hot For Teacher」…ヘンテコ・変態が好きな私はこの曲大好きでござーます(笑)。
    ギターとドラムの激烈なプレイ、骨太で超高速で破天荒に火を吹くようなビートに悶絶Deth!
    オープニングからすでに満腹感あり!PVはユニークですね!

    ヴォーカルの変遷で音楽性も変わったという深い解説にへぇ~へぇ~ボタンです。
    あはっ!デイヴはチャラ男だったんですね(笑)

    「Mean Street」は、イントロのギュインギュインするギターも、重厚感のあるリフもカッコ良くて降参です。渋さもあって硬派な曲!

    「Dreams」…なるほど…この曲はポップで爽やかなのでAORコーナーに相応しいですね♪
    サミーのパワーのあるハイトーンヴォイスがめっちゃ爽快です!透明感のある音色のキーボードが際立っているけど、間奏ではヘヴィなギターソロが絡んでいて聴き応え満点!

    「Girl Gone Bad 」は、掴みどころのないようなスピード感のあるサウンドにクラクラしてきて、それがまた快感です!エディのギターが吠えまくってますね~!アレックスのドラムも神技だと思います。
    さすが超マニアックなDJさんの選曲に唸りました!

    灼けつくような熱気のナンバーも一旦小休止。このタイミングでの「Melodies For You」は、何だか別世界に来たように聴こえました。ふぅ~癒される~。

    「Can’t Stop Lovin’ You」はメロハーですね!ちょっとハスキーでパワフルなサミーの声が良く似合ってます。イントロからギターが爽やか!

    ゲイリーがヴォーカルになった解説は、素人にもわかりやすい例えでウケました(笑)。

    泣く子も黙らっしゃいの名曲「Jump」は、イントロのシンセサイザーのキャッチーなフレーズが全編に渡っていてインパクト絶大!間奏の超絶ギターとシンセも抜群!
    ほうほうキーが上がってまた戻ると…修行中の小僧の身には難しくて理解できまへん(笑)

    「Sueno Del Dia」渇いた広野を彷徨うようなスリリングな雰囲気がたまりません!
    進藤さんのラテンテイストのピアノもイントロからめっちゃカッコ良かったですね!CDバージョンと違ったアレンジで楽しめるのもライヴの醍醐味です。

    来週はいよいよクリスマスSP♪
    どんなサンタが登場するか楽しみです。

  6. かおり

    こんばんは。
    ミットレ ヴァンヘイレンスペシャル、仕事の行き帰りに聴きました。
    ヴァンヘイレンといえば「Jump」しか知らなかったけど、いやいや、どの曲もかっこいい!
    特にお気に入りは「Can’t Stop Lovin’ You」
    サミーヘイガーの声が好きだなぁと思った次第です。

    「Melodies For You」は、ほんとに癒やし。
    実は、カズさんとヤッチンの優しい歌声で、完全に寝落ちてました。

    ただいまコンの「Sueno Del Dia」は、進藤さんの痺れる演奏もあって、めーっちゃくちゃかっこよかったし、カズさんがめーっちゃくちゃセクシーでした。

    最近、ご新規の、それも男性のリスナーが増えてきて、嬉しいですね。
    もっともっと、たくさんの音楽ファンに知られる存在になりますように。

    来週はクリスマスSP。
    楽しみです♪

  7. naoko

    カズさん
    ミットレ、ヴァンヘイレン特集、楽しく聴かせていただきました。
    ヴァンヘイレンの曲をあまり知らない私には、初めて聴く曲が多くてとても新鮮でした。ミッドナイトに目がパッチリ覚めました(笑)

    マンスリーの温かい曲、生歌の大人っぽさと彩り豊かな1時間でした。
    カズさんが丁寧に心を込めて、楽しくユニークな音楽番組を創ってくれているのだなぁと毎週感謝しています。

    橋本哲造さんの優しい笑顔は大切に心のアルバムで永遠に輝いています。
    また新しい役に楽しく挑戦してくださいね応援しています。

    寒さが厳しくなってきましたので、暖かくしてお元気にお過ごしくださいね。
    コンサートを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です