三寒四温のミットレ回顧録 2020.10.27

こんばんは! 石井一孝です。
「FM COCOLO 765 Midnight Treasures」。
この番組は ミュージカル俳優でシンガーソングライター、
そして レコードコレクターの 僕:石井一孝の選曲でお送りする1時間。

〜Midnight Blueな夜の帳が…あなたの心を優しく撫ぜるひととき・・・真夜中の宝箱 〜

ハローミッドナイト!
10月最後の「Midnight Treasures」。
皆様お元気ですかー?
俺は『ハルシオン・デイズ』開幕まであと4日、まな板の上の鯉ですね(笑)。
鴻上尚史監督と紡いできたこの作品、膨大な台詞との闘い、生きるというテーマへの寄り添い方。
仲間と作ってきたこの愛する舞台をみんなに届けられるのが幸せでなりません。頑張るからね!
12月には大阪公演もあるので楽しみにしててねー。

さあ今夜のオープニングは、俺からのプレゼントナンバー。
ジャズの超名曲がまったく違う曲に生まれ変わっています。
これ驚きのスーパーカバーですよ。

Lyn Collinsの「Fly Me To The Moon」。

ひゃー、火傷しそうな熱気。
大名曲じゃない?これ。仰反るよね。
1972年の作品、レディシンガー、Lyn Collinsの「Fly Me To The Moon」。

俺はこの曲をフリーソウルのコンピレーション盤で知ったんですが、
最初に聞いた時から鼻血出るくらい好きで虜なんだよね。
失神するほどファンキーな名カバーだと思います。
リンコリンズって方は、ミスターダイナマイトの異名を持つ、
偉大なブラックシンガー ジェイムス・ブラウンのファミリーなんですね。
ですからジェイムス・ブラウンに評価されていたということなんですよ。
高い実力を認められていたんですね。

シャウトをガッツリかますスタイル、まさにジェイムス・ブラウン譲りだよね。
俺からのプレゼント、喜んでいただけましたか?

今夜は『ハルシオン・デイズ』で原田雅之役を演じる柿澤勇人くんをトークゲストに迎えます。
まぶたにマッチ棒を挟んででも、最後までお楽しみください
「果報は寝ないで待て」

 

  CM

 

FM COCOLO 765 MIDNIGHT TREASURES 石井一孝がお送りしています。
石井一孝がお送りしています・・・

東京都のBlue Skyさんから微笑ましいお便りが届いていますね。

「かずさん、ハローミッドナイト。映画音楽のリクエストです。
あのトム・クルーズをスターにしたトップガンの挿入歌ラブソング
「Take My Breath Away」をリクエストします。
トム・クルーズとケリー・マクギルスとの甘いラブシーンとこの曲が素敵過ぎて、
当時19歳の乙女にはドキドキ、赤面、そしてうっとりでした。

トム・クルーズがかっこよすぎるのと、
迫力のある戦闘機のシーンが強烈だったことは今でも強烈に覚えていますが、
一体誰とこの映画をみたのか思い出せません笑笑
本当に誰だったっけ?」

ブワッハッハッハッハ。楽しい思い出話、ありがとう!
少なくともBlue Skyさんは好きな人と行ったんじゃないね。
トップガンは俺も大学時代に見た記憶あるんだよね。
途中のチューとかそういう方面のシーンあって、俺もドギマギした記憶があります。
ドギマギって今時使わないよね。
はい。照れ臭くて死語を使ってしまいました(笑)。

それでは大空に飛び立つような雄大なナンバー、オンエアしてみたいと思います。
Berlinの「Take My Breath Away 」

シンセベースのビヨーンって音が印象的な、1986年のビッグヒット。
Berlinの「Take My Breath Away 」お届しました。
色っぽいんだよね、とにかくこの曲。
そして本当にかっこいいよ。
ボーカルはテリー・ナンという可愛くてソウルフルなお姉さんですね。
ユニークなのは、この曲の作りが基本的にダラララ〜ってワンフレーズで出来てることですね。
大サビっていう部分は出てくるんですけど、基本的にこのワンフレーズの魅力だけで押し切ってる曲。
一発勝負みたいなアプローチがリスナーの記憶に残るんだよね。
結構大胆なプロデュースですよ。
この曲の作曲およびプロデュースは、大御所ジョルジオ・モロダー。
イタリアの歴史的な天才プロデューサーですね。
『トップガン』のみならず、あの『フラッシュダンス』も、『ネバーエンディング・ストーリー』も
『オーバー・ザ・トップ』も。
それと『ミッドナイト・エクスプレス』も全部ジョルジオ・モロダーですからね。
映画ファンが唸るような映画音楽をいくつも作ったジョルジオ。偉大です。
いかがでしたでしょうか?

 

つづいては大阪府和泉市の男子 おにこべオトンさんのお便り。

「石井さん、こんばんは!
毎週ニヤニヤしながら楽しく聴かせていただいてます。
アニメソングですが、ザンボット3の曲をリクエストします。
これは確か僕が中学生になったくらいの頃でして、
アニメの内容は全く記憶にないものの このエンディングだけは強烈に覚えてるんです。
遠足のバスの中とかでも、誰も知らないこの曲を一人で歌ってました。
当時テレビからカセットテープに録音したはずなんですが、
残念ながらどっか行ってしまいまして…是非とも聞かせてください!
『もう帰る~ことない~宇宙の~星よ~』が歌い出しですm(_ _)m」

アッハッハッハ。
1人で誰も知らない曲を歌うって、かなりのガッツがありますよね、おにこべオトンさん。
それだけ思い入れあったんですね。
おにこべオトンさんのために探しましたよ。この曲ではないですか?
それでは、みんなで一緒に聞いてみましょう。
ザンボット3のエンディングテーマ「宇宙の星よ永遠に」

ザンボット3のエンディングテーマ「宇宙の星よ永遠に」お聴きいただきました。
こりゃあいい曲だ。これは名曲だね。胸に残りますよね。
で、誰の曲だろうと思って調べましたところ、
アニメ界の偉人の方の曲だと判明しました。
その方の名前は渡辺岳夫さん。
奥さん、この方とんでもない方ですよ。
『巨人の星』、『アタックNo.1』、『天才バカボン』、『キューティーハニー』、
『アルプスの少女ハイジ』、『魔女っ子メグちゃん』、『フランダースの犬』、
『キャンディ・キャンディ』、『あらいぐまラスカル』、『機動戦士ガンダム』、
全部、渡辺さんの作品ですよ。もうハハーッとひざまずきたいですね。
アニメ漫画SPでまた色々アニメソングかけていきますけどね、今日はおにこべオトンさんのリクエスト、お応えしてみました。
渡辺さん作品もどんどんオンエアしていきたいので、詳しい人は俺に教えてたもれー。

さあ。今夜もご機嫌に叫んでみようこのコーナー

 

   <俺のAOR>

 

豪快に叫んでみました。
AORとは、アダルト・オリエンテッド・ロックの略で、大人向けのロック、洗練されたロック。
そんな意味合いなんですが、
俺が大好きなAORを大阪を中心に世界中に広めていこう…というコーナー。

大阪府豊能郡の AOR達人よしひろさん。
おお!すごいな。

「石井さん、初めまして。
中田利樹先生のクールサウンドから「Jolis & Simone」がCD化されると知り、
いても立ってもいられないAOR愛好者です。
これ、若い頃難波のレコ屋で安く売ってたから買ったLPですが、
内容が相当素晴らしく一時ターンテーブルによく乗せてました。
石井さんがライナーも書くんですってね。きー!わしにも書かせてくれー」

アハハハハ。自分で達人って言うくらいだから、かなりのマニアの方とお見受けいたしました。
私もマニアなんでね、シンパシーを感じます。
よしひろさん、俺のライナー楽しみにしててくださいね。
何度も書き直して一所懸命書きました。
AOR達人の方々にもオ〜って言ってもらえるようになっていたら幸いです。

では、3週連続でこのアルバムからお届けします。
CD化されたばかりのAOR名曲、聴いて下さい。
Jolis & Simoneの「I Love Makin’ Love To You 」

1979年の名作AOR。
Jolis & Simoneの「I Love Makin’ Love To You 」。
う〜ん、しびれるね。お洒落で尚且つホット、R&Bの影響をもろに受けたブルーアイドソウルですね。
クールなAメロと前のめりになるホットなサビの対比、これが秀逸ですね。
この曲はAOR界の個性派レディーシンガー Evie Sandsの書いた曲のカヴァーなんです。
原曲もかなりの出来なので、聴き比べてみても面白いですよ。
Jolis & Simone 大推薦でございます。現在絶賛発売中!

 

続いてはMonthly Kazutaka Tracks。10月の曲はこのバラードです。
石井一孝の「Lady Blue」

石井一孝 の1st アルバム 「Heart & Soul Cafe Reborn」に収録しています、
「Lady Blue」お聞きいただきました。

この曲にはリクエストが来ています。

尼崎市の かもさん。

「石井さん、ハローミッドナイト。「Lady Blue」をリクエストします。
この曲を聴くと、泣きたくなるのはなぜでしょう。
星に見立てた彼女は、優しく穏やかな人なのでしょうね。
なぜって、太陽に例える人ならノリで好きだよ!って言えそうな気がしますもの。
切ない思いを最初は抑えて、でも思いが溢れて力強くなっていく歌い方も好きです。
何より、前奏もなく、ピアノ伴奏だけというのが、他には何も要らない、
彼女への一途な愛を表して切なさを際立たせているようです。
間奏にギターが入っていますが、この音色も泣けるんです。
あー、こうしてリクエスト書いてるだけで涙が出そうです。
この曲は秋か冬の澄んだ夜空の季節に聴きたいです。」

嬉しいなー。

 

続いて東京都 アウルさん。

「カズさん、ハローミッドナイト!
ピアノ一本のアコースティックな響きが素敵なこの曲にリクエストします。
夜に輝く星空の風景が心の中に広がるロマンティックな曲ですね。
叶わぬ想いを熱く歌っているのがますます切なく響きます。
また、いつかライブでも弾き語りで聴かせてください。」

嬉しい。
他にも、GRIMMさん、このこねこのこさん、碧き星のマドモアゼルさん、
アーリーバードさんからもリクエスト頂いております。ありがとう。

この曲は俺が20代に書いた曲なんですけど、こうやって多くの皆様に愛してもらえて幸せでなりません。
自分の曲っていうのは我が子みたいなもんだからね。本当に嬉しいです。
この曲は最初からピアノ一本にしたいなと思って、間奏をアコギ一本にしたいなと。
それもみんなが良いなって言ってくれて最高に幸せです。
来月のMonthlyの曲は何になるんでしょうか?
楽しみに待っていてくださいね。

さあ、お待たせいたしました!
お知らせ明けに、『デスノート』で俺が死神リュークをやっていた時の夜神月、
そして『ハルシオン・デイズ』のマサ役 柿澤勇人くんをお迎えします。
1分間お待ちください。

 

  CM

 

――――――――――――――――――――――――――
【柿澤勇人くんとのトーク】
――――――――――――――――――――――――――

カッキーが稽古前や本番前、テンションを上げる時に聴くオススメ曲。
Linkin Parkの「Breaking The Habit」

カッキーは本当にナイスガイだし、熱いし、素晴らしい俳優だってことが分かったでしょ?
『ハルシオン・デイズ』で毎日目と目を合わせて、そして呼吸と呼吸を合わせて芝居をしていると勇気をもらうタイプの俳優かな。
すごく体内エネルギーがいっぱいある人で大好きな役者なんだよね。
みんな、俺のことも応援してほしいけど、カッキーのことも応援してね。
宜しくお願いします。

 

さあ、ラストナンバー。
面白い曲にリクエストが来ています。

宝塚市の ななりんさん。

「カズさん、ハローミッドナイト!
今年は例年に比べて観劇やライブに行く事がぐっと減った分、
一回一回の観劇やライブの思い出が心の中で宝物みたいにキラキラしてます。
一番キラキラしている思い出、7月の俺のジャズライブin大阪よりブルースセッション、
リクエストします。いつものカズさんと違って、、アダルトでかっこよかったです(笑)!
またジャズライブやって下さいね。」

いつもの俺はアダルトじゃないってことなのか?
はい、お子ちゃまでしたね(あほ)。
この時はギターの竹中俊二さんにまずブルースソロをしこたま弾いてもらって、
俺が着替えをして途中から参加してアドリブで適当なことを歌う。
そんな感じのコーナーなんです(笑)。
これにリクエストが来ると思わなかったな。
結構かっこいいギグになってるので、お聞きください。

ズーンちゃん、カブトエビさんからもブルースセッションにリクエストが来てるんですね。
いやーこれ面白い。
石井一孝&竹中俊二でブルースセッション@大阪ジャズライブ

~~~~~~~~~~

 

   CM

 

FM COCOLO 76.5 MIDNIGHT TREASURES
今夜も熱い選曲になってたんじゃないでしょうか?
柿澤勇人くんとのトークで、『ハルシオン・デイズ』への期待が高まってくれたんじゃないでしょうか?
俺も期待と緊張と充実感そして仲間との絆、この想いでドキがムネムネだよ(あほ)。

<番組ではリクエストを募集しています!>

■リクエスト①

*レッド・ツェッペリン特集やります!
*番組きっかけで好きになった、あなたのアーティスト・曲
*石井さんに聞いてほしい曲・挑戦状
*好きなカバー曲
*人生で一番聴いたアルバム、曲
*ギタリスト特集、クイーン特集、アニメ特集、ハードロック特集、JAZZ特集
Beatles特集、ブラックミュージック特集、かっこいいイントロの曲、映画音楽の特集も引き続き!

■リクエスト② 「無茶振り リクエスト」

※その他、僕への質問、お悩み相談、番組への感想・・・なんでもOKです。
(とにかく僕と絡んでください〜)
番組ブログに詳細が載っていますので、ぜひチェックして送ってください。
FM COCOLOのホームページの番組サイト
「リクエスト プレゼント」ボタンからお願いします。

 

   <告知>

★最新アルバム「In The Scent of LoveTop Note~」発売中!
岡幸二郎さん、濱田めぐみさん、シルビア・グラブさんが参加。

~「In The Scent of LoveTop Note~」ダイジェスト映像~

 

石井一孝原案、作曲、主演の一人ミュージカル「君からのBirthday Card」のDVD絶賛発売中。

~「君からのBirthday Card」ダイジェスト映像~

 

「アートにエールを!東京プロジェクト」に当選しました。「君からのBirthday Card」のスピンオフ『虹』掲載中!

東京都の専用サイト
https://cheerforart.jp/detail/6088

 

★KOKAMI@network『ハルシオン・デイズ2020』出演決定!

10月31日-11月23日 東京・紀伊國屋ホール
12月5日・6日 大阪・サンケイホールブリーゼ

詳細はコチラ
http://www.thirdstage.com/knet/halcyondays2020/

 

★12/12(土)刈谷市総合文化センター アイリスにて「No Musical,No Life」

ミュージカルがなければ生きられない。すごいタイトルのコンサートです(笑)。冬の愛知県で熱いミュージカルショーを、それもフルオーケストラで奏でる魅惑の宴。どうぞお楽しみに!

岡幸二郎くん・林アキラさん・中井智彦くん・松原凛子さんと共に。

 

★岡幸二郎&石井一孝が奏でる友情の音「La Noche Feliz」発売中!

★石井一孝LINEスタンプ絶賛発売中

番組ラストは<ミットレお別れ名言劇場 〜君の瞳に映る僕に乾杯〜>
あなたが好きなセリフ、言葉を、イッシーが感情を込めて読み上げます。
出典は 映画やミュージカル、漫画、アニメなどなんでもOK。
グッとくる言葉、面白い言葉・・教えてください。

ということで、今夜は・・・

群馬県 マダム・デュワーズさんから、
イギリスの75歳の女優ヘレン・ミレンの名言。

「オールドではなくゴールドよ、ダーリン」


7 thoughts on “三寒四温のミットレ回顧録 2020.10.27

  1. もう東京公演もゴールを迎えようというのに、この回はハルシオン・デイズ開幕直前のオンエアでしたね。
    当然、まだ哲造さんがあんなにオモシロだということも知らなかった頃でした(笑)。

    *FLY ME TO THE MOON
    めっちゃファンキー!それにしても、タイトルを知っていながら、全然認識できない難解ナンバーですね。
    彼女はJBファミリーなんですね。聴いていてJBっぽい〜と思っていたので、私の感性もカズさんのおかげで磨かれたかな?

    *TAKE MY BREATH AWAY
    この時代、青春系洋画のサントラはよく聴きました。
    その少し前までは映画のサントラ盤というと、インストゥルメンタルが多かったように思いますが、歌入りの曲がいっぱい入ってるのを聴くのは大人〜って感じでした(笑)。

    *宇宙の星よ永遠に(TVサイズver.)
    初めて聴きました。
    根拠は全くないのですが、岸さんが歌いそうなナンバーだなって思いました(笑)。

    *I LOVE MAKIN’ LOVE TO YOU
    JOLIS & SIMONEは、DJさんのおっしゃるとおり、どれをとっても心地良いキュンキュンナンバーですね。40年以上昔の曲とは思えないオシャレ感がありますね。

    *LADY BLUE
    ピアノ一本での勝負にも優位に立っている歌唱と歌詞の「ドラマ背負ってる感(笑)」が好きです。
    やはり聞きたい、彼に何があったのか…

    *カッキーとのトーク
    「4人が4人とも出ずっぱり」「責任感」「この緊張感は久しぶり」「頭から疲れる」「空きバッテリーなくなってる」
    こんなワードがお二人から出てきたトークでしたね。
    初日、実際に舞台を観て、改めて幕が上がるまでの苦労と苦悩、役者さんのスゴさが分かりました。

    *BREAKING THE HABIT
    LINKIN PARKの名前は知っていますが、もっとロン毛でオドロオドロしいバンドかと思っていました(笑)。
    曲をちゃんと聞いたのは初めてですが、このスピード感はテンション上がるかも♪

    カッキーのことも、もちろん応援していますよ!

    *ブルースセッション(LIVE)
    本当に流れましたね(笑)。
    おぐらさんサイコーのギグだと思います。

    やっぱりカズさんはブルースがよく似合いますよ~この熱さはブルースなんだ〜ってことを再確認させていただきました。

    声出しちゃいけないんだ~って素で言っちゃってましたね(笑)。
    そういうところがカズさんの魅力の一つです(笑)。

  2. ちあき

    赤津崎先生、こんばんは。遅ればせながら「ハルシオンデイズ」開幕、おめでとうございます!!
    赤津崎先生が全身全霊を込めて、キャストスタッフの皆様と創られた作品、多くの方に愛されますように。
    舞台の世界にも少しずつ光が見えてきて、嬉しい限りです。

    ★好きなナンバー
    ◆Lyn Collins「Fly Me To The Moon」
    あまりに変化にびっくりです。ジャズの名曲がこんなにも違う曲に生まれ変わるんですね!!アレンジってすごい。
    かっこいい迫力あるvocal、情熱的なフリーソウル、病みつきになりますね。元がジャズの曲だったとは思えない、あまりの魅力に拍手です。

    ◆Berlin「Take My Breath Away 」
    実はトップガンは見たことないです(笑)が、この曲はよく知っています。雄大で伸びやかで大きなスケールが感じられる曲調が好きです。大空に夢を抱いて飛び立っていく、勇気と強さも感じます。ワンフレーズの魅力というのも素晴らしいです。

    ◆Jolis & Simone「I Love Makin’ Love To You 」
    お洒落で爽やか、とっても良い曲ですね。赤津崎先生がライナーノーツを書かれている名盤、オンエアを毎週楽しみにしています。心地良さとクールなかっこよさ、サビで少し雰囲気が変わるところもすべてが気に入っています。

    ◆石井一孝「Lady Blue」
    赤津崎先生のオリジナルの中でもとびきりの切なさと哀愁の魅力に溢れた、大好きなナンバーです。私はピアノが大好き。ピアノにのって、歌詞が響きメロディーが心に深く染みわたります。サビの間奏もお洒落で気に入っています。転調もふんだんに、いろいろな手法が入った、赤津崎先生の素敵な曲ですね。
    プロモーションビデオもアダルトな雰囲気で大好きです。またコンサートでも歌ってくださいね。

    ◆石井一孝&竹中俊二「ブルースセッション@大阪ジャズライブ」
    大阪ジャズライブ、楽しみにしていたのですが、事情で行けなくなってしまい悲しい思いをしておりました。
    こうしてミットレで音源を聴かせていただけると、ほんとに嬉しいです。
    竹中さんのギター、めちゃくちゃかっこいいですね。赤津崎先生とのセッション、最高!!楽しいし元気でるし、
    臨場感あふれる音源がたまりません。お客様を前にしてのライブ、生のふれあいの幸せが伝わってきます。やっぱり生にまさるものはないですね。大阪ジャズライブ開催されて、ほんとに良かったと思います。
    オンエア、ありがとうございます。

    柿澤勇人くんとの対談を通して、ハルシオンデイズに真摯に向き合ってこられた、キャストスタッフの皆様の意気込みと熱意が伝わりました。体力的にも精神的にも大変だと思いますが、公演頑張ってくださいね。

    今夜のミットレも楽しみにしています。

  3. Kaori

    教授、こんばんは!
    10/27のミットレは元気になる名曲、元気になるゲストさんとのトークでした。
    『ハルシオン・デイズ2020』への期待もますます高まりました。

    ★Fly Me To The Moon / Lyn Collins
    スーパーカバーに、スーパー感動!
    生気あふれる熱い歌唱と粋な演奏に、しょっぱなから血が騒ぎました。
    ただ熱いだけでなくて、いい声で上手い!よく出来たアレンジだと思いました。
    素敵なプレゼントに喜びました。ありがとうございます。

    ★Take My Breath Away / Berlin
    あぁ、この曲聴いたことあります~。
    「トップガン」はみていないですが、ビックヒットソングだったのですね。
    音楽マニアのDJさんの解説でサビがないというのに『なるほど~』でしたが、乙女にはロマンティックなダラララ〜というワンフレーズでもいけますね。(あほ)

    ★宇宙の星よ永遠に(TVサイズver.) / 堀光一路
    スケールの大きい世界を歌った名バラードですね。
    アニメを見てない私でも世界観が充分伝わってきました。
    アニメを見た後のこの曲は、さらに沁みるだろうなぁと思いました。勇気と希望と愛という印象ですね。
    星が流れているような効果音に希望を感じます。

    <俺のAOR>
    豪快な雄叫びは最高ですね。

    ★I Love Makin’ Love To You / Jolis & Simone
    AOR愛好者の方のからお便りは興味深かったです。
    広めるだけでなく、愛好者の方にとっても充実のAORコーナーですね。
    Jolis & Simoneのハーモニーはやっぱり贅沢で美しい。
    毎週聴き続けているとますますそう思います。
    この曲は、全体的に演奏とくに間奏が好きですねー。
    リズミカルで抑揚が見事な展開に心弾みました。

    ★Lady Blue / 石井一孝
    最初からピアノ一本のプランだったのですね。
    そうか。今さらながら、ピアノとアコギの世界だからこそ、静寂で美しい世界が広がっていると理解。
    今回でマンスリー最後ですね。切ないです。でも、おかげさまで今までよりも深みを感じるようになってので、これからも聴き続けたいと思います。
    いつかどこかで生歌披露もよろしくお願いいたします。

    <柿澤勇人さんとの対談>
    お二人の『ハルシオン・デイズ2020』に対する想いや意気込みが深くて、とてもいいトークでした。
    チームワークの素晴らしさ、鴻上さんの演出家としての包容力がよく伝わってきました。
    皆さんの台詞の分量の多さとお稽古の大変さもよく伝わってきました。
    探究心が強いカッキーにとっても、新しい刺激・発見があるお稽古だったようですね。
    カッキーの「(チームには)愛があるかなー。」という言葉は新鮮で感動しました。(*゚▽゚*)
    座長として、役としてみんなを見守っているというのを聴いて、ますます楽しみ♪
    個人的には、新幹線の車窓や新橋付近でふと気づくとカッキー(看板)が見守ってくれているのに感謝していますしいつも癒されています。(あほ)
    最後の公演日まで心から応援しています!

    ★Breaking the Habit / Linkin Park
    カッキーがどういう音楽を聴くかも謎だったので、とてもいい機会でした。
    体内エネルギーがいっぱいあって洗練されたカッキーらしい選曲だと思いました。
    男らしくてエネルギッシュだけど上品さも持ち合わせた素敵な曲。とてもグーでした。
    ゲストさんから教えていただく音楽もいい出会いがありますね。

    ★ブルースセッション(LIVE) / 石井一孝
    あぁ、私も教授のブルースセッション大好きです。
    これ意外とやってくれるor出来るタイプのミュージカル俳優さん少ないのでは?
    めちゃめちゃカッコイイし、楽しいし、そのライブのふれあいを実感出来るし、何よりしびれます。(すごく褒めてしまった)
    もちろん、ギタリストの贅沢な演奏もたまりません。またライブでやって下さいね。
    あ、アダルトなMonSTARSの皆さまなら出来るのでは?是非ご検討よろしくお願いします。

    <お別れ名言劇場>
    私的にベスト3に入りそうな名言です!(笑)

  4. ショコラ

    DJカズさん、こんにちは。
    「ハルシオン・デイズ2020」開幕おめでとうございます!
    初日を控えた今週のミットレのゲスト柿澤勇人さんとのトーク、とても興味深く聞かせて頂きました。
    お芝居に真摯に向き合うお二人の話には胸が熱くなりました。
    舞台を観る前にお稽古の様子などが少しでも想像することが出来るとワクワク感、期待感が倍増です。
    劇場に行く日が待ち遠しいです!

    「Fly Me To The Moon」
    この曲はいろいろなアーティストの曲を聴いたことがありますが、曲名聞き間違えた?と思うくらい違うアプローチでの熱いファンキーなバージョンですね。
    身体中からエネルギーが湧き出ている印象でした。

    「Take My Breath Away」
    映画トップガンのサントラは素敵な曲満載ですね。
    冒頭に流れるメロディーを聴くと戦闘機が飛行場を走る姿、カッコいいトム・クルーズ(笑)の姿が目に浮かびます。
    12月にはトム・クルーズ主演の『トップガン マーヴェリック』が公開のようで楽しみです。

    「Lady Blue」
    前回のオンエアではDJさんが詳しくは言えない(笑)思い出があるお話をされていましたが、そんな想いがあったからこそこんなに淡く、切ない素敵な曲が生まれたんですね。
    若くてみずみずしいファーストアルバムの声もこの曲に合っていますが、年齢を重ねてきた今のカズさんが歌うのも歌詞に深味が出て心に響くのではないかと思います。
    是非、またコンサートの時に弾き語りで聴かせてください。

    「ブルースセッション@大阪ジャズライブ」
    ロイヤルホースでのライブならでの臨場感が伝わってきました。
    竹中さんの華麗なギターの指捌きも生で見たかったです。
    セッションではDJさんの声が小さい!には思わずクスッとしてしまいました。
    会場で声を出してのコールレスポンスが出来る日が早く来てくれることを心から願うばかりです。

    次回もハルシオンデイズで共演の南沢奈央さんがゲストなんですね。
    オンアエの日を楽しみにしています♪

  5. ikuko

    毎日痺れるほどのお稽古お疲れ様です。
    タイトルの三寒四温…四温をハルシオンと掛けているのかと思うほど、わたくし『ハルシオンデイズ』の幕開けを楽しみにしております。
    ゲストにカッキーの登場で、劇場に行く実感を湧かせつつミットレを楽しめました♪

    「Fly Me To The Moon」…あのお洒落なスタンダードナンバーが、ファンキーでパンチのある全く違った曲になってますね!ソウルフルなビートとヴォーカル、ご機嫌なホーンセクションで、オープニングから炸裂するパワーに唸りました。

    「トップガン」はビデオで見た記憶があります。チューでドギマギしたかどうかは忘れました(笑)。
    「Take My Breath Away 」は何度も繰り返されるフレーズで印象付けられる巧妙な曲。
    私がジョルジオ・モロダーの名前を初めて知ったのは、Queenの「Radio GaGa」のPVに出てくる映画『メトロポリス』でした。数々の名作映画音楽のプロデュース、素晴らしいです。

    ザンボット3…全く知りませんでした。リスナーの超マニアックなリクエストに応えるDJさん、さすがです!アニソンの巨匠渡辺岳夫さんの曲だったのですね。

    ブハハハハ~!またしてもジョリス&シモーンの登場ですね。もう~どんだけ好きなんや!(笑)。このアルバムをLPで所有しているマニアなリスナーがいて、DJさんとしては嬉しいでしょうね。
    「I Love Makin’ Love To You 」原曲と聴き比べてみましたよ~♪
    Evie Sandsのバージョンは、女性らしい甘いソウルだけど、ジョリス&シモーンの方は、アレンジも洗練されてて躍動感がありますね。ライナーノーツにもありましたが、カバー曲でも違和感なくアルバムに溶け込んでいるアレンジのセンスが素晴らしいです。

    「Lady Blue」…夜空の星は目に見えるのに手を伸ばしても届かない…切ない片想いの相手を星に例えたのが素敵です。
    深まる秋の景色とともに心に沁みました。

    「ハルシオンデイズ」は、膨大な台詞と出突っ張りなので役者さんにとってはかなり緊張感のある舞台みたいですね。でもお二人のトークから、この時代に芝居ができる喜びや、鴻上さんの脚本と演出によって「生きる力」を与える作品への抱負が感じられました。
    カズさんも仰ってましたが、カッキーの芝居はリアルだと私も思います。ストプレなのでそんなカッキーの演技力が際立つ作品なのではと期待してます。
    「Breaking The Habit」は、スリリングで闘志が湧いてくるような曲ですね。

    「ブルースセッション@大阪ジャズライヴ」…竹中さんのギターは、ロイヤルホースの雰囲気とも相まってヴィンテージな響きで渋くてカッコ良かったですね~!
    そこに乗っかってきたカズさんのアドリブがこれまたユニークでした!
    ジャズライヴならではのセッション、楽しかったです♪

  6. naoko

    カズさん
    今日もお稽古、楽しまれていますか。
    自分のコメントを読み返したら、ラストの
    『ミットレは素敵な番組ですね。』
    と書いたつもりが、『ら』が入ってしまいました。失礼いたしました。
    ごめんなさい。

    来週も、ミットレを楽しみにしています。
    『ハルシオンデイズ2020』の開幕も楽しみに待っていますね。

  7. naoko

    カズさん
    昨日のミットレは、お洒落な『Fly Me To The Moon 』でスタートして、アダルトな感じでしたね。

    カッキーさんとの熱いトークでは、お二人とも舞台が好きで好きでたまらない気持ちが、真夜中のラジオからも真っ直ぐに伝わってきました。
    カッキーさんもカズさんも作品への深い愛情が迸るように語られて、作品を観る前から感動してしまいました。
    お二人の熱く真摯なトークを伺っていたら『ハルシオンデイズ2020』のお稽古場の熱気と緊張感と楽しさが目に浮かぶようでした。

    コロナで舞台が中止になったり、先が見えない不安の中で、少しずつエンターテイメントの世界にも光が射してきて、また舞台を観に行かせてていただける日々が戻ってきてくれて、とても嬉しいです。
    カズさんを始め、出演者、スタッフの方々がまだまだいろいろな規制がある中で愛情を込めて創り上げてくださった作品の開幕を心から楽しみに待っています。

    あんまり無理をしないで、劇場でのお稽古を素晴らしいお仲間と楽しく過ごされますように願っています。
    『ハルシオンデイズ2020』の開幕を楽しみに待っています。

    ミットレは素敵なら番組ですね。
    来週も楽しみにしています♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です