明日24時〜ミットレのオンエアです。DJ界のファンシー大王がブラック界のセクシー大王マーヴィンゲイを斬る!生歌はBoys Need Mercy@24.9thコン。

おは〜。

今日は『チェス』の演出助手 伴 眞里子さんのユニットLa Chanko のライブ『Obachans』を見て来ました。伴ちゃんは役者達の超人気者。癒しの存在です。いやぁ抱腹絶倒。噂には聞いていたけど、昭和ネタ満載の爆笑コメディーでひたすら笑って帰ってきた(笑)。俺のコンサートでいつもコーラスをやってくれるキョンキョンこと池谷京子ちゃんも出演してるんだよ。
8分にも渡るアカペラメドレーが圧巻。6人の女性だけで8分は、あ〜た、ものすごいスキルと連体感がなければできませんよ!女子だけなのに親父ギャグ100連発。歌う曲も…プッ…言えないけど最高です(笑)。

こうやって舞台の仲間がオリジナルのショーを制作し、演出構成から集客まですべて手がける手作りな公演は本当に尊く素晴らしい。仲間の汗と笑顔に勇気をもらう。そして俺たちは生きてるって感じて泣きそうになる。
とにかくワンダフォー。実力ある役者達の底力をよかったら見に行ってね。大推薦。あと4日。21日までです。
La CHANCO Show Live2017『Obachans』

【日程】

4月17日(月) 19:30開演

4月18日(火) 14:00開演/19:30開演

4月19日(水) 14:00開演/19:30開演

4月20日(木) 19:30開演

4月21日(金) 14:00開演

※会場は開演の45分前。上演時間は約80分を予定。

 

【会場】

絵空箱

http://esorabako.com/access.html

東京メトロ有楽町線江戸川橋駅から徒歩約5分。東京メトロ東西線など神楽坂駅から徒歩約10分。

 

【料金】

3,700円(MC3,000円+1drink700円)

 

昭和の香り漂うShow Live、おばちゃんですが、親父ギャグ健在!
さあ、明日は「Midnight Treasures」のオンエアです。名曲のちゃんこ鍋。お腹いっぱい食べて下さいませ。とうとうマーヴィンゲイ特集を手がけました。マーヴィンのCDを10枚くらい買って合計150曲以上聞いて研究したので内容濃いっすよ!必聴。明日のキーワード。プロの職人の皆様、よろしくどうぞ(笑)。

火照った身体。玉に瑕。750。豪傑。一期一会。涙の10%。空き時間。なんば花月。〇〇番長。生き字引。毒舌。憂国。オペラ座の怪人。問題提起。


9 thoughts on “明日24時〜ミットレのオンエアです。DJ界のファンシー大王がブラック界のセクシー大王マーヴィンゲイを斬る!生歌はBoys Need Mercy@24.9thコン。

  1. こんばんは!‌
    圧巻の寺子屋マーヴィン・ゲイ特集、聴き入っちゃいました。‌
    彼の素晴らしさを教えていただいてありがとうございます。‌
    生歌「Boys Need Mercy」はなかなかライヴでも聴くことがなかったので、オンエアしていただいてうれしいです。‌
    バンドもめっちゃかっこいいし、シビレました♪‌
    通信障害で俺のAORあたりが聴けなかったので、後ほど聴き直しますね(^^ゞ

  2. ちあき

    赤津崎先生‌
    こんばんは。ミットレ楽しく聴いています。BILL CHAMPLINのAOR 2曲、とっても気に入りました。特に岩崎宏美さんとの「Both of us」は最高の名曲。心惹かれる歌声、最高のデュエットナンバーですね。この曲に出会えて嬉しく思っています。

  3. ★kaoru★

    皆様のキーワード小説が面白い〜💗‌

    『Midnight Treasures』始まりました♬(*^o^*)

  4. 赤津崎(石井一孝) Post author

    すすす凄い。今週のキーワード小説も息をのむ出来映え。ド天才の皆様、お忙しい中ありがとうね。くれぐれも無理のないようにね…。‌


    今夜は俺のオリジナル「Be Myself!」からスタートしました。聞いてくれていますか?マーヴィンゲイはかなり力入れたからね。たぶん選曲と構成に10時間くらいかかったと思います。お楽しみに!

  5. P子

    Boys Need Mercy‌


    略奪して走り続けたので、数男は汗だくだった。火照った身体をクールダウンさせるため、走るのをやめ、夜を徘徊する事にした。闇は暗いので、数男には格好の隠れ場所になる。4月なのに真夏日を記録した今日は、なかなか汗がひかない。スラッとした高身、堀が深く整った顔立ちの数男だが、すぐに汗だくになるのが玉に瑕。今日の数男は冴えていない。街は何だかがらんとしているし、いまいち気分が乗らないし、さっき略奪した財布の中には、750円しか入っていなかったし。まったく今日はついていない。‌

    時はミッドナイト。ブラブラ徘徊していると、闇の中にボーッと灯りが浮かんでいる所があったので、思わず近づいてみた。それはサテライトスタジオであった。数男は思わず釘付けになる。スタジオ内で、DJ界のファンシー大王が何やら楽しげに語っていたからだ。そうだ!今日は火曜日だった!曜日感覚すら今日の俺にはないのかと、数男は愕然とした。数男はファンシー大王の大ファンである。彼はファンシーだが豪傑でもある。大学の入学式に、なぜか、黄色の厚手のスキーウェアで参列したというファンシー大王のエピソードに勇気をもらった事を思い出した。度胸があって、一風変わっていて、まさに彼の様な人物を豪傑というのだと数男は思った。それにしても、ほぼ毎週欠かさず聴いている火曜日のファンシー大王のラジオをうっかり忘れていたと言うのに、何という出逢いであろうか。スタジオのガラス窓ギリギリに群がる女たちに混ざってしばしファンシー大王を見守る事にした。‌

    一期一会。数男の好きな言葉だ。街から街へ流れて暮らしている数男。それなりに仲間はいるが、明日をも知れぬstreet lifeゆえ、二度とない出逢いを大切にするタイプだ。どうやら今日は、ブラック界のセクシー大王マーヴィンゲイ特集らしい。何と言っても、悲しい涙の10%すらもオモシロで出来ているというファンシー大王のセレクションだ。間違いなく楽しいに違いない。今日のこの出逢いに感謝だ。やさぐれた生活を営んではいるが、数男は「感謝」だけは忘れないようにしている。死んだ親分の遺言でもある。数男は急に昨日の出逢いを思い出した。‌

    荒稼ぎと荒稼ぎの間の空き時間。昨日はまあまあ収穫があったので、上司格の通称ロべピを誘って、なんば花月へ赴いた。オカズコンビの舞台が目当てだった。「〇〇番長」というタイトルのコントが最高だった。そこで、浪花の生き字引というべき老人に数男は出逢った。なかなかに毒舌なその老人は、色々と毒を吐いた後、「この国はこのままやったら絶対にあかん!」と憂国の情を吐露していた。‌
    黒づくめで謎のマスクをつけている、まるでオペラ座の怪人のような出で立ちのその老人は、この界隈ではちょっと有名で、密かに「花月座の老人」とそれっぽく呼ばれている。「兄ちゃんたちも、まっとうに生きなあかんで!おてんと様は、ちゃんと見とるもんやで。がんばりや。」花月座の老人が数男たちの方を向いて急にそう言った。マスクの下の眼差しは、神々しいほどであった。雷が身体をビリビリと貫いたかの様に、赦しとか慈悲とか優しさとか愛とか、それまで自分に関係のなかったワードたちが頭の中を埋め尽くした。俺はこのままでいいのか。数男は自分自身に問題提起をした。今日はまだその問題の答えは出てはいない。‌

    気付けばファンシー大王の番組も終盤。今日の生歌は、「Boys Need Mercy」だ。‌
    Why can't you deny it?‌
    Who'll give them mercy?‌
    なんとなく聞き流していたその曲が、今日はやけに自分に語りかけて来る様に感じて、数男は思わず身震いした。迷ったら抜け出せやしないこの道を、自分を、そして自分以外のものも信じて、抜け出してみたい。。。ふとそんな事を思った。数男の中で、何かが動いた。‌
    お別れ劇場 Beyondは、大阪府吹田市の、ファンシー・モンキー・ベイベ さんからのリクエストで「オペラ座の怪人にとりつかれた大阪のオッチャン」。ファンシー大王は、この難題をこともなくさらりとかわしていた。数男はまた勇気をもらった。

  6. 大阪に転勤してすぐに彼氏ができた。老舗料理屋さんで何年も修行を積む職人である。「750円のランチでも、7500円の高級懐石でも、お客様との一期一会やねん。満足していただけるように誠実に作りたいねん」という。その実お笑いが好きすぎて、空き時間にはなんば花月へひとっとびしてくるという豪傑だ。「オレ、涙の10%は悲しい涙かも知れへんけど、90%はお笑いでできてんねん」と豪語し、吉本を語らせれば生き字引のごとき知識を披露してくれる。そんな典型的な大阪人らしい陽気さと熱さを併せ持った彼のおかげで、私の腹筋も笑いの効果だけで縦にラインが入り始めた気がする。彼との恋は癒しにも筋トレにもなる素晴らしい健康法だ。‌

    初めてのデートに行ったときのことが忘れられない。行先はやっぱりなんば花月。「大阪文化の基本のキやろ」とのこと。コントのタイトルはなんと、『オペラ座の怪人』ならぬ『オペラ座の外人』。はしゃぐ私に彼は「ミュージカル番長のお前が喜ぶかな~思て」と照れ臭そうに言ってくれた。あれを好き勝手に面白くしたらどうなるのだろうと私の胸は期待でいっぱいだったが、結果は予想以上だった。クリスティーヌが毒舌キャラに化けていた。斜に構えた彼女が怪人の身勝手な愛をぶった斬る。ラウルにはイケメンの若手が抜擢されたらしいが、ナルシストで頼りない憂国の志士に変身していた。たっぷり2時間笑い続けた私達。‌

    終演後、火照った身体を冷やそうと2人してビールを流し込んだ。‌
    「ちょっと問題提起してもええ?イケメンとか美女とかってどこまで中身が過小評価されてるか、女から見てどうなん?」‌
    鋭い質問だ。私は腕を組んで少し考えてしまった。するとニンマリ笑って目を覗き込んできた。‌
    「だって、俺ってイケメンやろ?斬新な刷新でfascinateな顔や思てんのやけど」‌
    そこで3秒固まったのがいけなかった。そこまではっきり言われてびっくりしてしまったのだ。さらに、実を言うとそれほどイケメンの部類に入るとは思えない。しっかり見つめることはできるけれど。果たして笑顔で「うん、心がイケメンだよ」なんて言うべきか、それとも顔に限定すべきか…と迷っていたら、間髪入れずに彼が突っ込んできた。‌
    「あんなあ。そこで止まって考えたらあかん。お笑いはリズムが命や。相手がボケたら、すかさずノリ突っ込み入れるのが礼儀や。だいたい大阪人は自分のことイケメンやなんて言わへん。お前、そこそこ可愛いのに真面目すぎなんが玉に瑕やなあ」‌
    「た…玉に瑕だなんて失礼しちゃう。それに、そこそこって何よ」‌
    「はいそれ!その速度やで。でも内容はイマイチやな。まあ、これからゆっくり教えたるわな」‌
    最初はどうしようかと思った恋だった。今は独特の調子にもすっかり慣れたが、ボケノリ突っ込みの3拍子を学ぶのは確かに難しく楽しい。ここではまっすぐにひたすらに、でもそれなりにbe myselfでいられる気がする。‌

    注:この物語はフィクションです。一部の都市や団体の名称を除き、登場人物やショーの題目はすべて架空であり、筆者に当てはまるエピソードや特定の人物をネタにしたものではありません(どあほ)‌
    お目汚し失礼いたしました。

  7. 執筆戦隊小説シスターズブルーNanako

    教授、こんにちわ。‌
    今日もどうせ暑いだろうと薄着で外出してしまい、ちょっとブルブルしています。‌

    ブルブルしつつも整いましたよー。‌

    Nanakoです。勝手に始めたキーワード小説29.‌

    空き時間には少しでもジムに顔を出す様にしている。ざっとマシーンをこなした後はプールの水が火照った身体に心地よい。ざっと750メートルほど一気に泳いだところで顔を上げる。そこかしこで常連たちが話に花を咲かせているが、俺は仕事の都合で一ヶ月ここに滞在しているだけ。彼ら、彼女たちとは所詮一期一会の間柄だ。‌
    それにしても俺は今まで日本全国、どれだけのジムに行ったのだろうか。ジムに関しては生き字引と言ってもいいだろう。このジムの前に通っていたのは確か、なんば花月の近くのジムだったな。設備などはいいのだが、そこはかとなく肉吸いの匂いが漂っているのは改めるべきだ、と最後に支配人に問題提起しておいたのだった。俺の端正な顔立ちはまるで憂国の思いにふけっている様に見えるかもしれないが実はそんな事を思い出したりしていた。‌
    と、突然。豪傑っぽいおばちゃんが俺の前に現れた。そしてよりにもよって 、オペラ座の怪人やレミゼやミスサイゴンに出演している俺に向かってこう聞いてきた。‌

    「あんた、どこのホストね?」‌

    ち、違う!髪の毛がロン毛で金髪なのは役柄の為だし、自分でも玉に瑕とは内心思っていたのだが、水着がピンクのハイビスカス柄なのはタイから直接こちらの土地にやってきたからだ 。そもそも水着を忘れてタイに行ってしまい、現地で調達したのだがこんな柄しかなかったのだ。‌
    それにしても。ミュージカル界の〇〇番長、毒舌大王と言われる私をホストと間違うとは。いつもより体から滴る水が多いのはショックの余り目から流れる涙の10%分が割り増しされているからかもしれない。‌

    えーと、あのー。‌
    すみませんっ!先日の毒舌大王様のビルボードライブのトークをちょいとパクりました。‌
    だって今日のキーワードにばっちり当てはまったんだもん。‌
    てへぺろ。しゅたたたたたた(逃げる音)

  8. Kaori

    キャー!Σ(゚▽゚✿ノ)ノ‌
    DJ界のファンシー大王が、ブラック界のセクシー大王マーヴィンゲイを斬る!ですって~?!‌
    もうドキドキですぅ~♡ (*´艸`*)‌
    あ…最近、とある病に侵されていますゆえに、大変失礼いたしました。(あほ)‌

    では、現実に戻って。教授、おばんです!‌
    『今日は可愛い甥っ子の誕生日♪』と、張り切っておめでとうコールしたところ…「ありがとー。でも今日じゃないんだけどねー。(;¬_¬)」と言われた、正真正銘の情けないおばちゃんです…(大バカ)‌

    つまらないおばちゃんギャグはこの位にして(笑)、今日は楽しいひと時を過ごされたようで何よりです。(^-^)‌
    すべて素敵なお仲間の手作り…かけがえのない作品ですね。‌
    この上ない刺激と感激と勇気を得たことと思います。親父ギャグ100連発を目の当たりにして芸にも磨きをかけ、歌う曲には音楽マニア心をくすぐられたことでしょう。‌
    そんな素晴らしい公演、今夜ポチッとする前に知って行きたかったです…(泣)‌

    気を取り直して、明日のミットレは今夜ポチッとした観劇後にダッシュで帰宅してリアルタイムで何の心配もなく拝聴します!(←自信満々)‌
    なぜなら…それはイケズなので秘密です。ミットレにすべてを捧げているイチズな乙女ということだけは言えるかなぁ。(あほ)‌
    あ、私は回顧録コメント専属でキーワードのプロ職人ではないゆえに、この辺にて失礼をばchan…

  9. 惠子〜♬

    赤津崎教授っ!‌
    『情熱マニア日記』の更新…‌
    ありがとうございます…☆…(*^^*)♪‌

    『Obachans』♪‌
    気になります…☆…(*^◯^*)♪‌

    親父ギャグ100連発…‌
    気になります…☆…(*^◯^*)♪‌

    明日の夜は…‌
    熱い…DJ石井さんの‌
    『Midnight Treasures』〜♬〜‌

    生歌〜♬〜‌
    『Boys Need Mercy』〜♬〜‌
    嬉しい〜♬〜(*^◯^*)/♪‌

    盛りだくさんな…‌
    ON AIR〜♬〜‌
    楽しみにしています…☆…‌

    このキーワード…‌
    気になる(笑)‌

    生き字引…毒舌…

Comments are closed.