笑門来福のミットレ回顧録 2021.3.23

こんばんは! 石井一孝です。
「FM COCOLO 765 Midnight Treasures」。
この番組は ミュージカル俳優でシンガーソングライター、
そして レコードコレクターの 僕:石井一孝の選曲でお送りする1時間。

〜Midnight Blueな夜の帳が…あなたの心を優しく撫ぜるひととき・・・真夜中の宝箱 〜

ハローミッドナイト
皆様いかがお過ごしでしょうか?

それでは今夜最初のリクエストいきますよ。

大阪府浪速区 はなよさん。

「石井さんハローミットナイト。初めてお便りします。
石井さんと同じ年なのでかかる曲がジャストフィットして、
この番組にハマってしまいました。本当にお詳しいですよね。
小学校時代、ザ・ベストテンを見ていないと、
翌日友達との話が合わなかったことを覚えています。
世良公則&ツイスト、八神純子さん、クリスタルキング、山口百恵さん、
ピンクレディー、すべてが青春です。そこでリクエストはザ・ベストテンのテーマです。
個人的にこのテーマ曲が大好きなのですが、石井さんはお好きですか?」

はなよさん、仰る通りですね。
ザ・ベストテンは俺を音楽の世界に導いてくれた名番組ですよね。
それではリクエストにお応えします。
服部克久大先生の一世一代の大名曲「ザ・ベストテンのテーマ」

服部克久さんの大名曲。
「ザ・ベストテンのテーマ」お聞きいただきました。
なんか涙出るね、これ。
筆舌に尽くしがたい名曲。
70年代のフィリー・ソウルの香りがするんだよね。
素晴らしいよね。
アレンジも完璧、コード進行もおしゃれ。

俺の中では黒柳徹子さんと久米宏さんが「今週のスポットライト!」とか言っている姿が鮮やかに蘇ります。
この曲を知らなかった人、初めて聞いた人、たまげたんじゃないですか?
日本の偉大なる音楽財産ですよ。
この曲で目が覚めた方も多いんじゃないでしょうか。
寝ないでね!

それでは今夜もWonderfulな曲しか流さない真夜中の宝箱、
まぶたにメンソレータムを塗ってでも、最後まで寝ないで聞くように。

 

  CM

 

FM COCOLO 765 MIDNIGHT TREASURES 石井一孝がお送りしています。

俺が長年の夢を叶えまして、ミュージカルを作ったこと、皆さん知ってますか?
原案、作曲、主演をつとめました「君からのBirthday Card」
オンラインヴァージョンというのが3/28(日)一般配信開始となります。

五島宏という垢抜けないオタクの青年、これが俺がやっている役なんだけど、
この青年が一条かれんというレディーに出会って、
恋して、結婚して、2人で人生を重ねていくというストーリーなんですが、
幸せなだけではなく、2人に大きな試練が、有り得ない嵐が訪れるんですよね。
愛と苦悩と感動のストーリー。
佐々木崇くんというめちゃくちゃイケメンの後輩もゲストでお招きしていまして、
彼はすごいオモシロ芝居とめちゃくちゃ最高のダンスをこの作品の中で奏でてくれています。
ぜひともご視聴いただけたらなと思うんですが、
税込み1500円!というめっちゃお求めやすい値段ですよね。
ジャパネット石井さんもそう言ってますからね(笑)。
詳細は石井一孝公式サイトおよびミットレのブログをチェックしてください。

 

それでは2通目のリクエスト。

京都市の男子 タツノコ君。

「石井さん初めまして!
石井さんがクイーンが好きということで、この曲をリクエストします!
Panic At The Discoというアーティストがカバーした
このボヘミアンラプソディーが、フレディとは違った意味で
名曲に仕上がっています。ぜひオンエアしてください!」

タツノコくん、これすごいバンドを教えてくれてありがとうね。
知らなかったんですけど、しびれました。
ボヘミアンラプソディのカバーは世界に数ありますけれども、ここまでの完成度はまずないよね。
それではみんなで聞いてみましょう。
Panic! At The Disco「Bohemian Rhapsody」

2016年の作品。Queenの泣く子も黙る名曲のカバーですね。
Panic! At The Disco「Bohemian Rhapsody」。

何じゃこりゃ?って感じでしょ、この完成度。
ラスベガスで結成されたバンドということですけど、
ボーカルのブレンドン・ユーリー君、歌ウマすぎでしょ?
中間部のオペラセクションも完コピ、最初から最後までほぼ完コピですよね。

Queenの曲って完成度高すぎて、完コピって恐れ多いというか怖くてできないのよね、誰も。
それをやった彼らが凄い。

QueenのライブでもQueen自身がこのオペラセクション部分、カセットテープで流しますからね。
これやってませんから、ライブで。
彼らはライブでもやってるのかな?
完コピしてるのかな?

いやーすごいよね。
これある種の快挙。
そしてある種の暴挙ですよ。
そしてすごいポテンシャル。
俺、このバンド気に入りましたので、アルバムを是非買ってみようかなと思っています。
いやーイッシーたまげました。
タツノコ君、教えてくれてありがとう。

それではミットレ名物のこのコーナー
みんなで叫んでみるぞ!

 

   <俺のAOR>

 

「俺のAOR〜。Oh Yeah~」

これずーっと6年半叫び続けてるんですけど、DJ界の帝王マーキーさんが
「石井君っていつも叫んでる人だよね」と言ってくれたのを今でも覚えていますね。
叫び男を通したいと思います。

AORとは、アダルト・オリエンテッド・ロックの略で、大人向けのロック、洗練されたロック。
そんな意味合いなんですが、
俺が大好きなAORを関西を中心に世界中に広めていきたい…というコーナー。

大阪市中央区の男子 ボサノバさんからのおたよりです。

「こんばんは。Fm cocolo リスナーのアラ還じいさんです。
1月のオンエアでcliff richard の懐かし~曲がかかって涙。
それから、椎名林檎さんの素敵な曲が聴けたし、
止めは”パトちゃん” こと patrice rushen 。
一晩で世界一周したような気分でした。ありがとう!
石井さんはバート・バカラックと交流がおありとか?もうすごいです。
こういう曲も AOR っぽいかなと思いリクエストします。
これからも楽しませていただきます。」

ボサノバさん、初めてリクエストですね。ありがとうございます。
俺の選曲を気に入ってくれたんですね。最高に嬉しいです。
バカラックの件ですけどね、知り合いのプロデューサーに楽屋に入れてもらって、
日本公演で来ていたバカラックと2ショット撮ったことがあるんですよ。
これ俺の人生の自慢ですよ。
それではボサノバさんのリクエストまいります。
Dan Fogelberg「Let Her Go」

1984年の作品。Dan Fogelberg「Let Her Go」。
かっこいいね。沁みるね。
Dan Fogelbergといったら、「LONGER」をはじめとした卒倒するぐらい美しいメロディーと鉄壁のコーラスワーク。
そしてあたたかいボーカルが魅力なんですけど、
AORって呼べるかどうか微妙な絶妙なラインのアーティストですね。
でもアルバムによって、曲によってはきっちりとアレンジされた緻密な空気になっている。
そういうタイプのはAORだなと思っています。
この曲もAOR的だなと思っています。
個人的にはDan Fogelbergめちゃくちゃ推しですよ。
是非ともチェックしてくださいね。

 

続いてはMonthly Kazutaka Tracks

東京都 キミカゲさんより。

「2006年に上演された音楽劇『花嫁付き添い人の秘密』より「メグのテーマ」をリクエストします。
公演期間が短くて行ける日が一日しか無く一度しか観れなかったのですが、
「メグのテーマ」を歌う樹里咲穂さんを観て泣いてしまったのを思い出します。
全てのキャストのテーマ曲がそれぞれにピッタリだったから、
余計に感情移入してしまったのだと思います。」

ありがとう。

 

つづいて羽曳野市 めぐみさん。

「メグのテーマ、私の中で癒しの曲です〜
石井さんの歌声が優しくまっすぐで、この曲に流れる空気も澄んだ空のようで…
ワタシ的には、石井さんの歌と歌の間のブレスが好きです。
特に最後のmarry me you’re the one (ここ!)for me♪のブレスは何度聞いても
ため息ものの色気です。こんな私は変わっていますか?」

まずキミカゲさん、15年前の俺の初作曲家作品を見てくれたんだね。
樹里ちゃんの歌はホントに泣けるよね。
めちゃくちゃ歌が上手いし、心がある方で俺も樹里ちゃん大好きですね。

そしてめぐみさん、コアな感想ありがとう。
ブレスのポイントが好きなのね。
俺はちょっと変わった人が好きなんで、そんなあなたが大好きです。
それではみんなで聞いてください。
石井一孝の「メグのテーマ」

~~~~~~~~~

作詞、三輪えり花、作曲、石井一孝で、
花嫁付き添い人の秘密より「メグのテーマ」お聞きいただきました。

この曲は俺の4枚目のアルバム「同じ傘の下で」に収録しています。
泣く子も黙らせるバラードを書いてくれという演出家の三輪えり花さんの依頼のもと作曲したのですが、
気に入っていただけましたでしょうか。
俺は大好きな曲です。

この曲には、星子さん、鷹ガールさん、西・郷どん(せ・ごどん)さん、
名古屋嬢さん、胡桃さん、ハーブティーさんからもリクエストを頂いております。

みんなどうもありがとう。

さてここでお知らせにまいります。
1分間まんじりともせずにお待ちください。

 

  CM

 

さあ、今週もここからは趣向を変えて、40000枚のCDとLPに埋もれる俺の自宅からお届けしたいと思います。
え〜、俺の家の間取りですが、玄関入って右サイドがベッドルームです。
想像してみなさい!って変態のススメかーい(あほ)。

はい。今日は俺のこよなく愛する名曲の「聞き比べ企画」行ってみたいと思います。

メロディーのあまりのセンス良さと、あまりの転調の斬新さにのけぞっていただきたい。
曲自体はスタンダード化してるので、知ってる人も多いと思いますよ。

その曲とは「Dream A Little Dream Of Me」

まずは The Mamas & The Papas のヴァージョン。
続いてStarshipのボーカル ミッキートーマスのヴァージョン。
全くアレンジが違うので、2曲続けてお楽しみください。

魅惑のスタンダード「Dream A Little Dream Of Me」。
The Mamas & The Papas versionと、
Mickey Thomas version 2つのヴァージョン聞き比べ企画やってみました。
いかがでしたか?

泣きたくなるような美メロだよね。そして恐るべき転調。
かっこいい。
最初のヴァージョンはリズムがスイングでしょ。
次が8ビートロックだよね。
アレンジで全然印象が変わるでしょ?
でもいい曲だなって印象は変わらないんだよね。
これが、名曲はアレンジを選ばないといわれるやつですね。

元々はかなり古い曲です。
1931年に書かれオジーネルソンにカヴァーされたのが最初とのこと。
世界大恐慌の直後ですよね。世界大恐慌1929年ですから。
それ以来90年間に、この曲の素晴らしさにぶっ飛んだ何十人ものシンガーが何十ヴァージョンでカヴァーしています。

有名なのはElla FitzgeraldとLouis Armstrongのデュエットかなあ。
息も止まる名デュエットですよね。
そしてドリスデイやダイナショアーの女性ボーカルのクールで甘いヴァージョンも素晴らしいし、
Nat King ColeやDean Martin、AORで言ったらシカゴ、バリーマニロウ、マイケルブーブレも吹き込んでますね。

今聞いてもらった最初のヴァージョンは、ママス&パパスのテイクで歴代一番ヒットしたやつです。
1968年ですね。ママス&パパスは夢のカリフォルニアで歴史に残るコーラスグループね。

歌詞がまた泣かせるんだよね。
「君の夢の中に誰がいようとも、僕の夢を見てね、少しは僕の夢を…」。
悲恋か…。片思いか…。
レミゼラブルで言ったらエポニーヌな気持ちか(笑)。

「詳細解説付きの聞き比べ企画」いかがでしたでしょうか?
これはもはやミットレ名物ですね。
お楽しみいただけたら幸いです。

 

続いて京都府の男子 Solitudeくんのお便り。

「石井兄貴、ハローミッドナイト!
雪が降ろうが、夜勤明けだろうが、かかさず聴いています。
私が1年かけてやっと新宿でみつけたのが、このアーティストのオリジナルレコードです。
この1枚しか出していない、幻のアメリカオリジナル。
ハープから始まるソウルなんて聴いたことありません。ソウルの神様です。
シルクのようなメロウさと温もり、言葉では表現できませんね」

うわー、俺もこのアーティストのアルバム、LPで持ってないです。
すごいな。
みんなで聞いてみましょう。
Bobby Glenn「Sounds Like a Love Song」

いい曲。Solitudeくんの熱いお便り通りの幻の名作ですね。
Bobby Glenn「Sounds Like a Love Song」お聞きいただきました。

泣けるね。素晴らしい楽曲とため息が出る歌のうまさ。
ダニーハサウェイに似た艶やかで伸びやかな声。
最高だね。プロデュースがEW&Fのラルフジョンソンですよ。
フィリップベイリーやアルマッケイ、ラリーダンというEW&Fの黄金時代のメンバーもこぞって参加という夢のようアルバム。「Shout it out!」というアルバムです。
これはマジで全曲最高。買って損なし。
CDで今は出ていますよ。大推薦盤です。

 

それではラストナンバーに参ります。

和歌山市 フライナイトさんより。

「かずさん ハローミッドナイト♪
かずさんとミットレリスナーの皆さんで作詞作曲した、「Saturday Night Treasures」をリクエストします。
コンサートでは輪唱のところをかずさんと一緒に歌えるのがすごく楽しいです♪
歌詞もとても可愛くて(^^)いつもキュンキュンしながら歌っています!」

 

尼崎市 かもさん。

「石井さん、ハローミッドナイト!
いつも石井さんが、おっしゃる「みんなは一人じゃないよ」という呪文の言葉を歌で表されたのかなと思い、ジーンときます。
最後の♪宝の地図握りしめて〜の部分は客席との掛け合いになりますが、今の時代は残念ながら歌えません。
でも、心の中では、石井さんからいただいた歌の宝石を抱きしめて歌っていますよ。」

 

東京都 アウルさんからも来ていますね。

「この曲を聴いているとたくさんの星が煌めく夜空、飛行機の窓から見下ろす街の夜景、
キラリと光るエンゲージリングとロマンティックな風景が心の中に広がって幸せな気持ちなります。」

そうなんだよね。この曲は、うちの番組が「Saturday Night Treasures」という番組名の頃に、
リスナーのみんなに歌詞を書いてもらって、俺が曲をかいて作った大切な思い出の曲ですね。
俺にとって一生忘れることのできない曲です。

この曲には、アーリーバードさん、きょんさん、みゅーさん、ヒミツのウメ子ちゃん、結愛さん、
ティンカーベルさん、アップルティーさん、視野の狭いうり坊さん、シャンシャンさん、サングリアさん、
瞳さん、オタク座の愛人さん、かもさん、GRIMMさん、JUNOさん、サリーさんほか多くの方からリクエスト来ていますね。

それではお聞きください。
9月の博多ただいまコンサートPART5の生歌音源です。
「Saturday Night Treasures」

~~~~~~~~~~

 

   CM

 

FM COCOLO 76.5 MIDNIGHT TREASURES

皆様、今夜のミットレお楽しみいただけましたでしょうか。

ここで大事なお知らせがあります。
2014年10月4日に始まりました、この「Midnight Treasures」。
来週が最終回となります。
いま胸が一杯で言葉がうまくでないのですが、みんなへの感謝の思いでいっぱいです。
来週のオンエアには我が友、岡幸二郎を招いてお届けしますので、
絶対に聞いてほしいなと思います。

今、俺が胸に去来する思いは、みんなと出会えてよかった。
みんなとともに同じ時間を過ごせてよかった。
それだけです。

とにかく来週の最終回、絶対に聞いてね。

 

   <告知>

★最新アルバム「In The Scent of LoveTop Note~」発売中!
岡幸二郎さん、濱田めぐみさん、シルビア・グラブさんが参加。

~「In The Scent of LoveTop Note~」ダイジェスト映像~

 

石井一孝原案、作曲、主演の一人ミュージカル「君からのBirthday Card」のDVD絶賛発売中。

~「君からのBirthday Card」ダイジェスト映像~

 

「アートにエールを!東京プロジェクト」に当選しました。「君からのBirthday Card」のスピンオフ『虹』掲載中!

東京都の専用サイト
https://cheerforart.jp/detail/6088

 

★君からのBirthday Card オンラインversion 現在配信中!

感動の一人芝居ミュージカルをご自宅で!
3コース(¥1,500/¥4,000/¥8,000)からお選びいただきます。

詳細はコチラ
https://kazutakaishii.com/2021/03/28/news_20200328/

 

★5月1日(土)「石井一孝 ミュージカル高座 in 名古屋 2021」開催決定

【スペシャルゲスト】原田優一

詳細はコチラ
https://kazutakaishii.com/2021/02/05/news_20210205/

 

★東京公演5月21日(金)~6月13日(日)・大阪公演7月3日(土)~11日(日)ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』今回はロレンス神父役にて出演いたします!

 

★8月26日(木)~9月11日(土)ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』オリン役にて出演いたします!

 

★岡幸二郎&石井一孝が奏でる友情の音「La Noche Feliz」発売中!

 

★石井一孝LINEスタンプ絶賛発売中

 

番組ラストは<ミットレお別れ名言劇場 〜君の瞳に映る僕に乾杯〜>
あなたが好きなセリフ、言葉を、イッシーが感情を込めて読み上げます。
出典は 映画やミュージカル、漫画、アニメなどなんでもOK。
ということで、今夜は・・・

大阪府北区 ヒゲダンスさん
志村けんさんの言葉

『嫌なことあっても 思いきり笑えば忘れられる。
笑うことは人間にしかできないことだから』


4 thoughts on “笑門来福のミットレ回顧録 2021.3.23

  1. いっち

    カズ先生!返信ありがとうございました!!
    リンク先を見たら販売されているのはCDだけで配信はされていないようで・・・道理で配信サイトで見当たらないわけですね(笑)。
    さっそく購入を検討しようと思いますw

  2. 赤津崎(石井一孝) Post author

    皆様、ミットレを聴いてくださりありがとうございます。6年半、本当に刺激的でした。コメントが来ると嬉しいなあ。

    いっちさん、ザ・ベストテンのテーマ、素晴らしいですよね。服部克久先生は偉大なるレジェンド作曲家。たまらなく好きです。

    僕が選曲をして、オンエア音源のセレクトはディレクターさんに任せていますが、おそらくこのCDの音源だと思います。

    https://www.amazon.co.jp/ザ・ベストテン-歌謡曲編-1978-85-オムニバス/dp/B001S5KZNS/ref=mp_s_a_1_1?dchild=1&keywords=ザ・ベストテン+歌謡曲&qid=1618112667&sr=8-1

  3. いっち

    石井さん、こんばんは。
    この日はリアタイできなくてradikoのタイムフリーであとから聞いたのですが、まさかミットレで『ザ・ベストテンのテーマ』が聴けるとは思いもよりませんでした(笑)。
    あまりに懐かしすぎて『ザ・ベストテンのテーマ』だけを何度もリピってしまいましたがw、ここで1つ質問させてください。
    ミットレで流れた『ザ・ベストテンのテーマ』は曲の冒頭に黒柳徹子さんと久米宏さんの「ザ・ベストテン!」というコールが入っていましたが、あれはどこからの音源なのでしょうか?
    iTunesとかを見てもカバーはあっても原曲はないんですよ。
    ぜひ教えてくださいm(_ _)m!

  4. naoko

    カズさん、笑門来福ですね!!!

    ラストのコメントを聴いた時には、聴き間違いだといいなぁとなかなか受け止められませんでした。

    笑門来福、涙を笑いに変えて、小休止を受け止めて、バージョンアップした番組を楽しみに待ちますね。

    『ロミオ&ジュリエット』のお稽古、お元気に楽しくお過ごしくださいね。

    回顧録を読ませていただけて、とても嬉しいです。ありがとう♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です