安全運転のミットレ回顧録 2020.11.24

こんばんは! 石井一孝です。

「FM COCOLO 765 Midnight Treasures」。
この番組は ミュージカル俳優でシンガーソングライター、
そして レコードコレクターの 僕:石井一孝の選曲でお送りする1時間。

Midnight Blueな夜の帳があなたの心を優しく撫ぜるひととき・・・真夜中の宝箱 〜

ハローミッドナイト。
お元気ですか〜〜〜?
いやあ、この1ヶ月で総合格闘技にめちゃくちゃはまってしまいまして、
YouTubeでK-1、PRIDE、RIZINなど見まくっているイッシーでございます。
俺が一番好きなのはエメリヤーエンコ・ヒョードル。
「氷の皇帝」と呼ばれるロシアの天才格闘家で、クールでダンディで寡黙なんだよね。
もうヒョードルファンクラブに入りたい、そのくらい好きです。

さあ、番組を始めましょう(笑)。
まずは生野区の男子 コリアタウンのJ.BOY さんから。

「石井さん、ハローミッドナイト。いつもラジコで長距離運行中に聴いております!
これからもボケにボケまくって日本中の女子を虜にして下さい!
じつは自分も石井さんの虜になってます(笑笑)
がんばってくださいませ!」

俺のボケトークの虜になってくれて本当に嬉しいな。
じゃあ、俺がヒョードルのファンクラブに入ったら、コリアタウンのJ.BOY さんは
石井くんのFCに入会してくれますか?
ってどんな交換条件や。
強制はいけませんよ。

はい。めっちゃ嬉しいです。
日本中の長距離ドライバーさんに捧げます。
ちなみにうちの稼業は運送業でした。
毎日の運転、皆様ご苦労様でございます!

コリアタウンのJ.BOY さんのリクエスト、
Eaglesの「Life In The Fast Lane 」

1976年の人類の偉大なる財産「Hotel California」に収録されていますね。
Eaglesの「Life In The Fast Lane」。
たまんねえなあ、これ。
この疾走感と雄大さ。
運転する時にピッタリのグルーヴィーナンバーだよね。
長距離運転の方にも本当におすすめだと思いますね。
俺はねえ、イントロのギターフレーズがすごくフェイクリズムになっているんだよね。
え?変拍子なの?みたいに一瞬なるんだよね。
だけど実は4/4拍子なんだけど。
そこのトリッキーなところが好き。
ここだけリピートして10回以上聞きました。
かっこいいなあーと。
それからギターのジョー・ウオルシュの男くさい感じ。
いいね、ブルージーでね。
尊敬を新たにしていますね、Eagles。

ご機嫌なオープニングナンバー、いかがでしたか?
今日も飛ばしていくからね!
Wonderfulな曲しか流さない真夜中の宝箱「Midnight Treasures」、
まぶたにマッチ棒を挟んででも、
なんならまぶたにメンソレータムを塗ってでも最後までお聞きください。

 

CM

 

FM COCOLO 765 MIDNIGHT TREASURES 石井一孝がお送りしています。
石井一孝がお送りしています・・・

現在絶賛上演中の舞台『ハルシオン・デイズ』。
昨日が東京千秋楽だったんですけどね、いやー盛り上がりましたね。
世界中が大変なことになっている今年2020年、
つまり”今”を描き”今”を斬る!といった内容の作品です。
鴻上尚史さんが見事に今年のテーマで書き直しているんですよね。
もともと16年前の作品なんですけど、7割方作品を書き直しています。
本当に今を感じる作品ですね。
コロナ禍の人生を風刺した側面もあるんですけど、実はこれ暗い作品じゃないです。
とんでもないコメディーなんですよ。
これお笑い作品ですからね。
お笑いの要素の8割は俺が担っています。
ということで、尊敬する間寛平さんとか池乃めだかさんのフィールを1ミリでも皆さんに届けられたらと思って、わりと最近、吉本系のYouTubeを見まくってお笑いの芸人として生きています。めちゃくちゃ笑えますからね。

はい。是非とも、日頃のストレス発散だと思って、新喜劇に行く気分で大阪公演にお越しくださいね。12/5、6 の2 Daysです。
西梅田のサンケイホールブリーゼで待ってます!

さあ。今夜の2曲目。
伊丹市の男子 伊丹のミッキーさんからのリクエスト。
Asiaの「The Last To Know」

1983年の作品。
世界一ポップなプログレバンドAsiaの泣きのバラード「The Last To Know」お届けしました。
2ndアルバム「アルファ」の曲ですよね。
もう言葉がないよね。
こんなに美しい曲を人生に残してくれてありがとう。
もう感謝の気持ちでいっぱいです。
そのくらい完璧なバラードだと思いますね。
Aメロのマイナーキーから、サビで青空がパ〜っと開けるように
メジャーキーになるところがもうアートですね!
そして間奏がバッハみたいなバロック調のタペストリーになるところがヤバイな。
ジョン・ウェットンの刹那ヴォイスと天才 スティーヴ・ハウの知的なギターの絡み合い、
もうコブラツイストをかけられたくらいのGive Upですよね(あほ)。
もう口から出てくるワードが格闘技ワードなんだよ俺。
もうしょうがないよ、俺ヒョードルファンクラブだから(あほ)。

はい。それでは今夜はこの流れでこれしかないでしょ!
ヒョードルのような強い男として叫べこのコーナー!

 

<俺のAOR

 

ドカッバキッ
ドスッドスッドスッバスッ
ヒョ〜〜、ドルドルドルドルドルドル!

…俺はヒョードル。

名乗っちゃダメだろ(あほ)!
ヒョードルって名乗らずにヒョードルを表現しなきゃ演技じゃないだろ(ばか)!
っていうか擬音がヒョードルドルやったやないか〜い!

はい。真夜中なのにこんなにハイなDJ、いかがでしょうか?

AORとは、アダルト・オリエンテッド・ロックの略で、大人向けのロック、洗練されたロック。
そんな意味合いなんですが、
俺が大好きなAORを関西を中心に世界中に広めていこう…というコーナー。

今日の俺のAORはね、俺の超おすすめソングを2曲、ミットレリスナーにドカスカプレゼントしたいと思います。
どっちも狂おしいくらいの名曲ですね。
マヤ、心してお聞き!
って月影先生か(あほ)。

はい。まずはオランダのご機嫌なAORバンド、
Tristanの「Keep On」

「オランダのインコグニート」との異名を持つTristanの「Keep On」。
これは2014年の1st アルバム「Full Power」の1曲目なんだよね。
俺は初めて聴いた時、最初の5秒で落ちました。失神KOって感じですね。

それにしても、いつも言ってるように現在AORが一番熱い、熟成しているのは北欧、スウェーデン、ノルウェー、このあたりなんですけど、オランダ、デンマークもやはり凄いレヴェルなんだよね。
みんなヨーロッパの北側、みんな寒いところ。
何故ここでこんなにAORが今、花開いているんだろうね。
なんでだろ〜、なんでだろ〜?って感じなんですけどね。
ここに南から一矢報いるのは、南方顔のシンガーソングライター、ミュージカル界のMrバナナ園、石井一孝くんしかいないんじゃないでしょうか(笑)?
はい。といったところで、頑張ります!!

続いては隠しておきたかった名店みたいなとっておきのAORですね。
みんなにこっそり教えます。
カリーリョの「Emotions」

~~~~~~~~~~

渋かっこええー。
1979年の作品、カリーリョの「Emotions」お聞きいただきました。
この曲は知らない人も多いんじゃないかな?
ボーカル、ギターを担当するフランク・カリーリョって人がリーダーのバンドでね、
参加ミュージシャンが凄いんだよね。
ベースに名手 ジミーヘイスリップ。
SAXがあのマイケルブレッカーですよ、奥さん。
そしてバックボーカルに、あのマイケルボルトン。
なんか不思議な人脈ですよね。
これはカリーリョのセカンドアルバムなんですけど、AOR好きにはなかなかのコクのある名盤になっていますね。
チェックしてみて下さい。

さあ、ここで1分間のお知らせを挟みます。
お知らせ明けは爽やかなギターがあなたを包みます。
まぶたにマッチ棒でお待ちください。

 

CM

 

~~~~~~~~~~

11月のMonthly Kazutaka Tracks
石井一孝の「Heart & Soul Cafe」お送りしました。
私の1st CD 「Heart & Soul Cafe ~Reborn」のオープニングナンバーですね。

この曲にはリクエスト来てますねー。

福岡県のたまてばこさん。

「かずさん、こんばんは。
大好きなこの曲をリクエストします。イントロからドキドキ、ワクワクがたまりません。
かずさんのアルバム、一番最初に買って聴いたのがこの曲でした。
なんてオープンでかっこいいナンバーなのかと感動しました。コンサートでも聴きたいです。
ぜひオンエアしてくださいね。楽しみにしています」

いやー、嬉しいな。
みんなの心に残る曲を書きたくて日々俺は曲を書き続けておりますけどね、楽しんでもらえて、みんなの心に届く、そんな曲になっていて本当に嬉しいです。

 

お次は、京都市の男子 ファンク金魚さんからのお便りです。

「石井さん初めまして。毎回、愛の垂れ流し放送、楽しみに聴いてます。
料理の仕事をしてますので、そんな石井さんに、密かに敬意を持って嫉妬してます。
これからも、真夜中の爆笑と愛の溢れる番組を続けて下さい。スイートでセクシーな、
私の大好きなこの曲、お願いします。」

アハハハハハ。
俺が料理研究家リュウジさんとか、
無駄なしまかない道場の小田原のおっちゃんに惹かれて料理を作ってるってミットレで言ったから嫉妬してるってことでしょうかね?
何言ってるんすか、ファンク金魚さん!
料理を生業としているプロの方に足元にも及ばないですけどね。
素人に毛が生えたくらいのレベルですけど。
むしろ俺が料理教えてほしいですよ。

ファンク金魚さんのリクエストにお答えします。
マリーナショーの「You Taught Me How To Speak In Love 」

極上。芳醇。美味。これは真の名曲ですね。
本当に素晴らしい。
1974年の作品、マリーナショーの「You Taught Me How To Speak In Love」 。
まさにスウィート&Sexyなジャジーチューンですね。

この曲が入ってるアルバムが「Who Is This Bitch, Anyway?」っていう歴史的な名盤なんですよね。
もうブルーノートの10枚っていったらボーカルもので必ず入っちゃう。
そのぐらい有名な盤ですね。
内容は本当に最高なので、これ皆さん買いですよ。

今夜の夕食を肉じゃがから、じゃがりこポテトに変更してでもお買い上げください(笑)。

 

といったところで、次ね。
お、またも京都市の男子からですね。
サミュルティくんからのお便りですね。

「石井さん、ハローミッドナイト!
その節はギタリスト特集でリクエスト採用ありがとうございました。
石井さんに評価していただいたことで自信が持てました。
今回は『石井さんに聴いてもらいたい曲』というか、
勝手に『石井さんにカバーしてもらいたい曲』をリクエストします。
いつかの生歌で沢田研二さんの『勝手にしやがれ』を歌ってらっしゃったと思いますが、
すごい歌声がハマっていると感じました。

『灰とダイヤモンド』は子供の頃、父親が沢田さんのファンで、
車の中でこの曲が入っているベストをよく流してました。
なかでもこの曲が特に印象に残っています。
歳を重ねて改めて聴いたら歌詞も身に沁みました。
石井さんの力強い歌声で歌っていただいたら、勇気づけられる人達が沢山いると思います」

おおー、サミュルティくん、ありがとう。
覚えてるよ、俺。サミュルティくんのこと。
今回もリクエストありがとうね。
俺は沢田研二さんの歌声が本当に好きなんだよね。
時折、沢田さんの曲をカヴァーするんですけど、日本が世界に誇る歌声、そう思っていますね。
といったところで、オンエアいきますよ。俺も大好きな曲、
沢田研二さんの『灰とダイヤモンド』。

1985年のアルバム「架空のオペラ」収録曲、沢田研二さんの「灰とダイヤモンド」。
歌上手いわ。マジで上手いわ。本当に凄い方ですよね。
太くてコクがあって、そして哀愁と情緒がある、こんな素晴らしい声、こんな素晴らしいシンガー、そういないですよね。
世界中のどこにいるんですか?って感じ。
いやあ涙が出てくる素晴らしい歌声。
俺は沢田さんが大好きで、コメントとかインタビュー記事を色々読むんですけど、
我が道を貫かれているのが凄いと思うね。
その通りだ!と唸ることばかりで、世間に迎合しない強さとオリジナリティがあるんだよね。
真の天才ここにあり!そう思います。

灰とダイヤモンド、俺は歌ったことないんだけど遠からずコンサートで披露したいなーなんて思います。
世界に誇るバッタモンのケンジ沢田、ご期待ください(笑)。

 

さあ、楽しい時間も終わりに近づいてきました。
ラストは石井一孝の生歌でいきます。

千葉県のすずらんさんより。

「カズさん、ハローミッドナイト。女の子であれば、誰もが一度は必ず憧れる結婚。
カズさんの書き下ろしソングに結婚お祝いソングがあるじゃないですか!
コンサートでまだ一度も聴いた事がありませんが、隠れ名曲だと思います。
ぜひ生歌を聞いてみたいです。過去音源から探してください(笑)。オンエア、宜しくお願いします」

ということで、俺の「Bless You」という曲にリクエスト来てるんですけど、
この曲は友人の結婚式のために十何年前に書いた曲なんですけど、
2ndアルバム「Doors To Break Free」のリミックス盤に限定収録しています。

この曲にはnaokoさんからもリクエストいただいておりますね、ありがとう。
それではいきますよ。
パソコンから探し出した蔵出し音源、
石井一孝の弾き語りで「Bless You」

~~~~~~~~~~

 

CM

 

FM COCOLO 76.5 MIDNIGHT TREASURES
ヒョードルがお送りした真夜中の宝箱いかがでしたか?
って誰がヒョードルや。
はい。皆様を腕ひしぎ逆十字固めできていたら幸いです。
って痛いがな(笑)。腕もげるがな(あほ)。
はい。もう気が済みました。
ボケは終了でございます。

<番組ではリクエストを募集しています!>

■リクエスト①

*レッドツェッペリン特集、ヴァンヘイレン特集
*クリスマスの隠れた名曲
*番組きっかけで好きになった、あなたのアーティスト・曲
*石井さんに聞いてほしい曲・挑戦状
*好きなカバー曲
*人生で一番聴いたアルバム、曲
*ギタリスト特集、クイーン特集、アニメ特集、ハードロック特集、JAZZ特集
Beatles特集、ブラックミュージック特集、かっこいいイントロの曲、映画音楽の特集も引き続き!

■リクエスト② 「無茶振り リクエスト」

※その他、僕への質問、お悩み相談、番組への感想・・・なんでもOKです。
(とにかく僕と絡んでください〜)
番組ブログに詳細が載っていますので、ぜひチェックして送ってください。
FM COCOLOのホームページの番組サイト
「リクエスト プレゼント」ボタンからお願いします。

 

<告知>

★最新アルバム「In The Scent of LoveTop Note~」発売中!
岡幸二郎さん、濱田めぐみさん、シルビア・グラブさんが参加。

~「In The Scent of LoveTop Note~」ダイジェスト映像~

 

石井一孝原案、作曲、主演の一人ミュージカル「君からのBirthday Card」のDVD絶賛発売中。

~「君からのBirthday Card」ダイジェスト映像~

 

「アートにエールを!東京プロジェクト」に当選しました。「君からのBirthday Card」のスピンオフ『虹』掲載中!

東京都の専用サイト
https://cheerforart.jp/detail/6088

 

11/28()「石井一孝のミュージカル高座~ZOOM編~Vol.3」開催決定!

Web会議サービス「Zoom」を使い、オンラインでお届けする“ZOOM版”ミュージカル高座 第3弾!
ご自身のPCやスマホでZOOMをお使いいただける方なら、どなたでもご参加いただけます!
演技・脚本・照明・音響・オーケストラ・稽古場・劇場・楽屋・共演者の方々など、ミュージカルにまつわるギモン・質問をお寄せください。
石井一孝がたっぷり2時間語ります。

お申し込みはコチラ
https://kazutakaishii.com/zoom1128/

 

KOKAMI@network『ハルシオン・デイズ202012/56 いよいよ大阪公演!

125日・6日 大阪・サンケイホールブリーゼ

詳細はコチラ
http://www.thirdstage.com/knet/halcyondays2020/

 

12/12()刈谷市総合文化センター アイリスにて「No Musical,No Life

ミュージカルがなければ生きられない。すごいタイトルのコンサートです(笑)。冬の愛知県で熱いミュージカルショーを、それもフルオーケストラで奏でる魅惑の宴。どうぞお楽しみに!

岡幸二郎くん・林アキラさん・中井智彦くん・松原凛子さんと共に。

 

1227()「石井一孝 年忘れコンサート2020」@浜離宮朝日ホール 小ホール

【スペシャルゲスト】今 拓哉

 

★岡幸二郎&石井一孝が奏でる友情の音「La Noche Feliz」発売中!

 

★石井一孝LINEスタンプ絶賛発売中

 

番組ラストは<ミットレお別れ名言劇場 〜君の瞳に映る僕に乾杯〜>
あなたが好きなセリフ、言葉を、イッシーが感情を込めて読み上げます。
出典は 映画やミュージカル、漫画、アニメなどなんでもOK。
グッとくる言葉、面白い言葉・・教えてください。

ということで、今夜は・・・
埼玉県の音さんから。

ハルシオン・デイズの、僕が演じる橋本哲造の名言。

「相手の事を考える事が優しさだと思っている人は多いわ。
けれど、相手のことを考えるって事は相手の心の中に入っていく事。
私はそれを優しさだと思わない。
私の考える優しさは、そっとしておく事」

相手をそっとしておく優しさ、大切だよね。


5 thoughts on “安全運転のミットレ回顧録 2020.11.24

  1. Kaori

    教授、こんばんは!
    安全運転の回のミットレの感想です。
    12月のミットレも楽しみにしています♪

    ★Life in the Fast Lane / Eagles
    うわ。まさに長距離安全運転にピッタリなナンバーですね。
    ギターは、イントロはもちろん、ド素人な私でもグッとくる音が終始散りばめられていました。
    歌ならともかく、楽器でグッとくることはなかなかないですね。

    ★The Last to Know / Asia
    最初のEaglesの曲もEaglesっぽく感じなかったですが、こちらはAsiaの曲とは意外な驚きでした。こんな美しいバラードナンバーがあるとは。
    ふと気づいたら、私はAsiaのアルバムは1枚しか手元になかったので、これを気にチェックしてさらに入手しようと思います。

    ★Keep On / Tristan
    心地よいカッコよさ!これはたまりませんでした。リピートして聴いちゃいました。
    しっかりAORの音と雰囲気ですね。そして完璧で巧みな演奏ですね。
    DJさんの解説で北欧のAOR事情になるほどでしたが、オランダは特にへ~へ~ボタンでした。なぜ寒い地域で熱いAOR?かなり興味深いですね。

    ★Emotions / Carrillo
    ボーカル&魅惑の音色を奏でているギターを担当しているのがCarrillo?
    バックボーカルにマイケル・ボルトンということで、最初マイケル・ボルトンの声かと思ったけど、Carrilloさんの声なのかしら?どちらにしても、渋い!アダルト!
    ネットでチェックしたのですが、CarrilloもCDも見つからなかったです。この回顧録がヒットしちゃいました。

    ★Heart & Soul Cafe / 石井一孝
    今月のお便りでは、「最初に買ったアルバムでした。とても印象がよかったです。」という感想が多かったですね。
    最初の印象とても大事。これで石井一孝さんの作った曲や音楽活動に興味を持った人も多いかと思います。(私もです。)
    それにしても、今月毎週聴いていて、本当に心が晴れ晴れするいい曲だと思いました。
    元気と希望の源の音楽活動に、今後も期待しています!

    ★You Taught Me How To Speak In Love / Marlena Shaw
    うわ、すごいスイートでセクシーな曲ですね。
    そして癒されました。(´∀`*)
    柔らかさがある感じがとても好きです。名盤欲しいです!

    ★灰とダイヤモンド / 沢田研二
    !!男子リスナーさんから、沢田研二さんのリクエスト!!しかも以前の沢田研二さんの生歌の感想つきなんてスゴイなーと感動しました。
    男子リスナーからもモテモテですね。
    思わず動画を見てみたのですが、教授もこんな感じで次回ご披露いただけますでしょうか?
    私も本当にハマっていたと思います。期待しています。
    この曲、ジュリーの魅惑の歌唱とパフォーマンスはもちろん、ヴァイオリンが印象的でした。

    ★Bless You (Live) / 石井一孝
    パソコンから引き出して下さり、ありがとうございます。
    ほんと、名曲だと思います。
    人生の門出に祝福し、幸せの祈りを捧げる。
    想いが込められた歌詞に人間愛を感じます。

    <お別れ名言劇場>
    哲造さんの名言!
    説得力ありました。

  2. ちあき

    赤津崎先生

    こんばんは。ミットレ三昧しております(笑)赤津崎先生のヒョードルへのハマリ具合、好き好き度がひしひしと伝わってきて、微笑ましいです。

    ★好きなナンバー
    ◆Eagles/Life In The Fast Lane
    疾走感と爽快感、スピー度感と雄大さがドンピシャにマッチングして、いや~かっこいいです。ドライブの時に絶対かけたいナンバーです。

    ◆Asia/The Last To Know
    壮大なバラードですね。サビから大きく広がる世界観、そして最高に美しいハーモニー、どこをとっても言うことなしです。大好きな曲になりました。

    ◆Tristan/Keep On
    お洒落でファンキーで良いですね~すごく心地良いです。比較的新しい作品なんですね。モダンでスタイリッシュでとてもかっこいいです~これぞAORって感じです。

    ◆カリーリョ/Emotions
    こちらも素敵なナンバーですね。ちょっとけだるくてハスキーな歌声がなんともいえずかっこよくてセクシーですね。名曲のご紹介、ほんとにありがとうございます。

    ◆石井一孝/Heart & Soul Cafe
    赤津崎先生が大きく迎え入れてくれるような、あたたかさと優しさに溢れたナンバーですね。気持ちが一つになるし、今日ここで出会えたことが最高の幸せ、と思わせてくれる、勇気づけてくれる1曲です。ぜひまたコンサートでも歌ってくださいね。

    ◆石井一孝/Bless You
    弾き語りのBless You、とてもとても素敵です。深い優しさと幸せを感じるナンバーです。この曲を贈られたお友達は幸せですね。心のこもったあたたかい歌詞が胸に染みます。
    いろいろと不安がある昨今ですが、Bless Youを聴くと大きく包み込んでくれるようで、すごくほっこりした気持ちになります。ピアノとギターの演奏も歌声とよく合っていてほんとに良いですね~

    コンサート、舞台と赤津崎先生はお忙しい日々が続きますね。くれぐれも体調に気をつけて、日々お過ごしください。いつも応援しています!!次回のミットレも楽しみにしていますね!!

  3. ショコラ

    DJカズさん、こんにちは!
    前回、そして今回のオンエアは新しい息吹を感じるようなとても魅力的なミットレでした。
    それまでが魅力がなかったという意味では決してありませんが(汗)。
    次々に流れる素敵な曲に酔いしれた一時間でした。

    「Life In The Fast Lane」
    大好きな曲『Long Train Runnin’ 』にどこか似た香りがしました。
    この疾走感がたまらなく好きです。
    ホテル・カリフォルニアのアルバムは全曲は聴いたことがないのでチェックしてみます。

    「The Last To Know」
    静けさの中に重厚に響き渡るキーボードのリズムの音色がとても印象的です。
    サビのコーラスを聴いていると空へ羽ばたいていきたいような気持ちになります。
    この曲からコブラツイストのワードは全く連想しませんでした(笑)。

    「Keep On」
    ミッドナイトにぴったりなムーディーな曲ですね。
    ヴォーカルも少しハスキーで魅惑ヴォイスです。
    ジャパンのAORシンガー石井一孝氏、応援してます!

    「Emotions」
    二曲目はかなり渋いAOR。DJさんおすすめソング二曲どちらにもにハートを撃ち抜かれました。
    バッグボーカルがマイケル・ボルトンとのことでしたがこの声が?と普段とかなり違う声にビックリでした。

    「Bless You」
    この曲は幸せを祈っている男子って誰なのかが謎めいた曲(笑)として話題になりますね。
    誰であれ、花嫁を想う優しい気持ちは変わらないと思います。
    生歌では初めて聴きました。
    貴重な音源のオンエアをありがとうございました。

    今週末はいよいよハルシオンデイズ大阪公演が開幕ですね。
    たくさんの方々に笑いと涙を届けてください。

    次回のミットレも楽しみにしています♪

  4. ikuko

    ヒョードルにドハマりしてるカズさん こんばんは。
    男が惚れる男とはどんなものかとYoutubeでヒョードルの戦いぶりを見てみましたが、やっぱり格闘技系は苦手です。でもヒョードルのクールさと強さはわかりましたよ。
    男が惚れると言えば、DJさんは男性リスナーにも人気ありますね~。そのオタクっぷりとボケっぷりに魅了されてる男子がたくさんいるのでしょうね。
    今回はそんな男性リスナーのリクエストを中心としていて、しかも名曲揃いで耳福のひとときでした♪

    「Life In The Fast Lane 」は、ファンキーで渋くてワイルドな曲調に、ギターの様々な音色やリフがカッコ良かったです!うんうん、大自然の中のドライブにいいね!

    「The Last To Know」…解放感と透明感があって、壮大なバラードに感動です!間奏のピアノのアルペジオはクラシカルな響きの美しさもあってもう最高!

    「Keep On」…なんてお洒落で洗練されててムーディーなの!艶っぽいヴォーカルもホーンアレンジも、カッティングギターもジャジーなピアノもすべてが絶品!軽快だけどソウルフルに迫ってくるサウンドがたまらん!私も瞬殺されました。アシッドジャズのようでもあり、めっちゃ気に入りましたよ。オランダのAOR恐るべし!

    「Emotions」…こちらも良質な音像によろめきました!ストリングが効いてるしピアノも美しくて、そこにハスキーな歌声と渋いギターで味がありますね~。へぇ~マイケル・ボルトンがコーラスなんですね。
    DJさんの隠し球のAORに仰け反りました。

    今月は「Heart & Soul Cafe」で心がほっこり温かくなりましたよ。またライヴで歌ってくださいね♪

    「You Taught Me How To Speak In Love 」は、深みのある歌声とゆったりとしたメロディーに癒されました。ちょっと調べていたら、この曲はSASの「いとしのエリー」のモチーフになった曲なのではないか?と言われているそうですね。

    ジュリーといえば数年前の宿泊ツアーで歌ってくれましたし、姿月あさとさんの『昭和歌謡コンサート』でも「時の過ぎゆくままに」を聴かせてくれましたよね。カズさんとジュリーは歌声が似ているので痺れまくりでした。
    「灰とダイヤモンド」は、ジュリーが哀愁と色気を纏いながら粋に歌っててカッコいいし、軋むような弦の音色もドラマチックで、ジュリーが醸し出す世界観にどっぷり引き込まれました。
    動画を見たらめっちゃセクシー!もう悩殺されちゃったわよ!
    是非バッタもんの声でも聴きたいです(笑)

    「Bless You」は、教会の結婚式にピッタリの神聖で美しくて温かみのある曲でとっても素敵!ブリッジでマイナーコードになるところには神々しさを感じます。優しさに溢れたカズさんだからこそ生まれた名曲だと思いますよ。この曲聴いていたら娘の結婚式を思い出してホロッときちゃいました。

    今回はDJさんからのワンダフォーな名曲パンチでノックアウトされた気分!
    来週は羽交い締めにされることを期待してます!ってドMか!(笑)

    名言劇場の後にかかった小山田壮平さんの「OH MY GOD」もインパクトがあっていい曲ですよね♪

  5. naoko

    カズさん
    昨日もミットレ楽しく聴かせていただきました。時々哲造さんの笑顔が蘇りました。
    初めて聴く曲、ひさしぶりに聴く曲、、、
    毎週、どんな曲を聴かせもらえるのか楽しみです。

    『ハルシオンデイズ』の公演中で舞台でエレルギーをいっぱい使って、頑張ってくれて、ミットレも丁寧に素敵な番組にしてくれて、カズさんの優しさに感謝しています。

    『ハルシオンデイズ』が無事に開幕してくれて、感動と笑いの中で温かく千秋楽まで駆け抜けてくれた奇跡に胸がいっぱいです。
    大阪での大千秋楽まで、素晴らしい公演が続いてくれますように願っています。

    『ミットレ』来週は素敵なゲストが登場ですね。どんなお話が聴けるのか、とても楽しみにしています。

    お身体を大切に、お元気にお過ごしくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です