出魂寝昼の回顧録 FM Cocolo『石井一孝のMidnight Treasures』 #118 (#196) 2018.7.3 生歌は『幕が上がれば』ソロヴァージョン@水面浮上コンサート

ハローミッドナイト。皆様、お元気ですか?
いよいよ7月でございます。七夕に盆踊り大会に夏休み。イベントザクザクですからね。ナイトクラブ「Midnight Treasures」でも今月の新人をご紹介いたします。7月担当のあなた!自己紹介して頂戴!

「皆々様、わたくしJuly担当のふづきと申します。文月と書いてふづき です。お仕事のお忙しい中、わたくしどものお店にお運びくださり誠にありがとうございます。至らないところばかりのわたくしではございますが、愛と癒しとほんの少しの笑いをお渡しできるよう努めてまいります。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます」

なんてしおらしい娘なんだ!こんな真っ当な子がこの店にいたのか?DJは変な子しかいないと思っとったわ(笑)。はい、7月のミットレ ふづきちゃんと共に進めてまいります。

 

まずは、いまいひろこさんからのお便り。

「カズさん、ハローミッドナイト。西城秀樹さんの突然の訃報。本当に残念です。ブルースカイへ旅立って行ったのですね。私達に勇気を与えてくれた永遠の歌ウマアイドルであり、ロッカーでもあるヒデキ、安らかに…」

…うん。言葉が出ないんだよね。俺は2004年にNHKのドラマ「ホシに願いを」で共演させていただいたんですよね、秀樹さんと。秀樹さんは本当に優しくて、俺もテレビに慣れてないから、いろいろ適切なアドバイスもいただいたんだよね。心から尊敬していました。心に大きな穴が空いたような思いです。

そんな大好きな兄貴 西城秀樹さんの永遠の歌声をお聞きいただきたいと思います。
西城秀樹さんで、ヤングマン。

 

★YOUNG MAN / 西城秀樹

https://youtu.be/C4xGwZsHGmQ

 

1979年の未曾有の大ヒット 西城秀樹さんのヤングマン お聴きいただきました。

何というパッション、生命力漲る驚異的な歌唱力。この歌声を聴いてるだけで、悩みも恐れも忘れて元気になれる。西城秀樹さんの声にはそんな魂を感じます。俺が言うまでもありませんが、偉大な偉大なシンガーですよね。

小学校の時、「ザ・ベストテン」で史上最高得点9999点を取ったヤングマン。あの日の放送を覚えてます。元々は元祖コスプレグループ ヴィレッジ・ピープルの曲のカバーですが、まさにディスコの時代の一番良いエッセンスが凝縮されてるよね。ドラムもベースも生き生きとしてて、特にブラスのアレンジが秀逸だと思います。アッピビートなのに何故か物凄く感動する強いパワーをもった大名曲!

ブルースカイに旅立った秀樹さんに見習って、俺も生命力に溢れた歌を歌っていけるよう頑張ります。

さあ、今夜は番組後半に『シークレット・ガーデン』ディコン役の 松田凌くんをトークゲストにお迎え致します。お楽しみに!

 

CM

先月、シークレットスペシャル、ガーデンスペシャルを開催して秘密の曲 ガーデンの曲を色々おかけしてきたんですが、リクエストをいただいたのに採用できなかった曲が山のようにあるんだよね。みんなリクエストありがとう。今夜はそれをいくつか返り咲かせたいと思います。

オーストラリアの伝説のデュオ サヴェージ・ガーデンは皆さんご存知ですか?ポップなメロディーと美しい声がたまらんのよね。

健康青汁茶さん、長崎県のはるちゃんさん、sweet mosesさんからリクエストが来てますね。
バンド名が「野蛮な庭」。サヴェージ・ガーデンのI Knew I Loved You

 

★I Knew I Loved You / Savage Garden 「Affirmation (2nd 1999)」

https://youtu.be/jjnmICxvoVY

 

1999年 の全米ナンバー1ヒット サヴェージ・ガーデンのI Knew I Loved You。大名盤の誉れ高きセカンドアルバム「Affirmation」収録曲ですね。もう、野蛮な庭っていうグループ名とは裏腹で、品のいい庭って感じだよね(笑)。ダレン・ヘイズの甘いファルセットが心を癒してくれるとは思わんか?いい声だねー。このユニットはとにかく曲が良くてポップ。そしてダレンはめっちゃ歌上手いので、良質なポップスを探してる人にはどストライクですよ!是非チェックしてたもれー。

さあ今夜は秘密なトーンで叫べこのコーナー!

 

<俺のAOR>

オレのAOR … AORが素晴らしいことを世の中が知ったらみんなぶったまげるだろうな。フフフ。これはまだ…俺たちの秘密だ。

何でやねん(あほ)!どんどん大声でAOR宣伝して下さい!

はい。山口県のガーデン花子さんからの無茶ぶりリクエスト

「石井さん、初めまして。私は最近ガーデニングにハマってるんですが、うまくいかないんです。大事にしていたペチュニアとクレマチスが枯れてしまい、次々とトラブルが。。肥料がいけなかったのか?水をあげ過ぎたのか?もう一度明るくお庭に向き合える曲を教えてください」

おおー、せっかく頑張ってるガーデニングなのにお花が枯れちゃうなんてツライねー。そうか。俺は梅と桜の違いもイマイチわからない駄目な男なんで、具体的なアドバイスはできないけど、カッコいいガーデンソングは教えてあげられるので、早速プレゼントしたいと思います。

ブライアン・ダンカンのEverything in the Garden

 

★Everything in the Garden / Bryan Duncan 「Joyride」

https://youtu.be/2n12hHy_xrM (5曲目です)

 

AORシンガーの中でもとびきり上手いご機嫌なアーティスト ブライアン・ダンカンのEverything in the Garden。どうなの、このスティーリー・ダンみたいな洗練されたシャッフルナンバー。余裕綽々で歌ってるのでグルーヴが自由。

ミットレでは何度もプッシュしてるこのブライアン・ダンカン。CCMというジャンルのアーティストなんですね。コンテンポラリークリスチャンミュージックというキリスト教の布教のための音楽なんだよね。普通に聞いてるとまったくリリジャスな感じがしないけどね。

ブライアンはもう20枚くらいアルバムを出してる大ベテランで、明るくて人懐っこいキャラと黒人シンガーのようなフェイクを操る凄腕。とにかく一も二もなくオススメです。ベスト盤も出てるので是非聞いてみてくださいね。

俺のAOR 来週もお楽しみにー!

 

秘密の曲にリクエストが届いています。京都府のGRIMMさん

「私がジャズを聴き始めたころ、この方のピアノを聴いてジャズの魅力にハマりました。ピアノを弾くスピードも、繊細さも華麗さも素敵ですが、独特のスイング感がとても心地良くて魅力的だと思います」

うわー、GRIMMさん、表現上手いね。まさにその通り。その繊細で流麗でオンリーワンのピアノタッチ。皆様にご堪能いただきたいと思います。

オスカー・ピーターソンのシークレット・ラブ。

 

★Secret Love / Oscar Peterson 「Terry’s Tune (1974)」

https://youtu.be/WwX0yyqYkU8

 

チョエー、なんじゃこりゃ?っていうハッピーな躍動感。Oscar Petersonのシークレットラブ。
オスカー・ピーターソンには神戸市の男子 蓮宮さんからも数年前にリクエストが来ておりました。今になってしまってスミマセン。

指からセンスが零れ落ちてるよね。人生を楽しんでるって思いが聞こえてくるよう。俺はジャズに詳しいわけじゃないけど、この曲大好き。ジャズはとにかくアドリブの音楽で書き譜の音楽じゃないからニュアンスがいっぱいあって楽しい。弾く人によって同じ曲が全く別の曲になるっていうのが最高!

オスカー・ピーターソンはカナダ出身の黒人名ピアニスト。ジャズ界きっての超絶技巧を誇り、鍵盤の一番上から一番下まで使いこなすダイナミックな演奏と流麗なアドリブから、「鍵盤の皇帝」の異名を取る人。演奏中にフンフンと唸ることでも有名とのこと。なんかインストなのに声入ってたでしょ?これはオスカーの唸り声だったんですよ。ユニーク!キース・ジャレットもそのタイプとのことなんですけども。ジャズに詳しい人、いろいろ教えてくださいね。

 

さあ!それでは今月のMonthly KAZUTAKA Tracksに行きたいと思います。今月はガッツのあるナンバーをリコメンドしたいと思います。さぁ何が来るのかな?

ヒント
3人組。誰もがボケたがるのでトークが大変。地球人ではない設定。日本一の他力本願アーティスト。

1分間、押入れを片付けながらお待ちください(笑)。

CM

 

★The Theme Of MonStars モンスターズのテーマ / MonSTARS「Lights and Shadows」

 

橋本さとし 岸祐二 石井一孝の組むユニットモンスターズのナンバー モンスターズのテーマ お聴きいただきました!作詞は俺たち3人。作曲アレンジは俺が手がけました。聞いておわかりいただいたように、ハードロック好きな俺達の好みダダ漏れの攻撃的なチューンになってると思います。橋本さとしリーダーの「10万光年の彼方」というワードを入れたいという希望から、えっ?俺達 異星人設定なの?というまさかの展開に(笑)。

地球のレディを救いにやってきて連れ去って帰るというアニメのような内容と相成りました(笑)。誰か企画倒れにならないように、俺たちにさらわれてください!

はい。「Lights and Shadows」という俺達のデビューアルバムに収録しております。9/2に行うコンサート「石井一孝のミュージカル高座」では、モンスターズイエロー岸祐二くんをゲストに迎えて歌い倒したいと思います。そして終演後には2人でサイン会も開催します。そこでこのCDをご購入いただくと、漏れなく俺達にさらわれちゃう…そんな感じです(笑)。なんなら男子も攫っちゃいます。よろしくお願いします。

 

お待たせしました!『シークレット・ガーデン』が初めてのミュージカルだという松田凌くんとの対談音源をお聴きください!芝居のセンス抜群で謙虚で礼儀正しいイケメンですよ。彼を好きにならない理由があるのでしょうか(力説)?

 

<松田凌くんとの対談>

 

★I Can t Stand the Rain  /   Ann Peebles 

https://youtu.be/A09GZeORYlo

 

松田凌くんのリコメンドソングでAnn PeeblesのI Can t Stand the Rainお届けいたしました。1973年の作品でございます。渋いし、グッとくるし、めっちゃ歌うまいし、こういう曲を好きな凌のセンスが素敵だよね。
アン・ピーブルスはミズーリ州出身のサザン・ソウルシンガー。アメリカの南部から生まれたディープなソウルですね。ゴスペル的なアプローチのソウルっていうことかな。俺はこのサザン・ソウルも大好きなんだよね。有名なサム・クックとかオーティス・レディングがサザン・ソウルの代表ですけれども、とにかく魂がこぼれちゃってるんだよね。これが好きですね。たまらん。
アン・ピーブルス詳しい方、この曲聴くべき!という曲があったら、どんどん教えてたもれー。

 

さあ、番組ラストは生歌音源ですね。
静岡県の赤毛のニャニャンさんから

「カズさん、こんばんは。4月の水面浮上コンサートでカズさんが歌われた「幕が上がれば」サイコーでした!私的に今まで聴いてきた中で 一番でした。

本当に胸にしみてきて、感情も舞台にかける意気込みも喜びも不安も 伝わってきて、感動しました。今もカズさんのラストの万感の表情が思い浮かびます。。
ロックな演奏と雄大なメロディラインが絶妙に似合っていて、そこにもしびれて 感動しました。是非ライブ音源をオンエアして下さい」

嬉しいなぁ。俺の最新CD「Treasures in my life 1.5」に収録している俺の新曲「幕が上がれば」。この曲は元々、朋友の岡幸二郎との男性デュエットとして書いた曲ですが、歌手として俳優としての決意と新年を描いたバラードです。壮大な世界をドラマティックに描いたメロディーが気に入ってます。

摂津市の豹柄好きを隠してる子猫の妄想さん、りんご飴さん、ななりんさん、由紀さん、ビートルさん、青い薔薇さん、視野の狭いうり坊さん、猫の鈴さん、すずらんさん、オタク座の愛人さん、Junoさん、なべぞこおこげさん、Nanakoさん他めっちゃ多くの方からリクエストが届いております。

作詞 竜真知子
作曲 石井一孝

今回は俺のソロバージョンです。

 

★幕が上がれば  / 石井一孝「水面浮上コン」

 

CM

【Ending】

今日はシークレットスペシャル、ガーデンスペシャルで惜しくも溢れてしまったリクエストをおかけしました。何かワクワクするよね。みんなから俺の知らないリクエスト曲がくると、それを聞いてオンエアする喜び、これDJ冥利に尽きるよね。俺とみんなで一緒に作ってる番組になってるんじゃないかな。
ゲストの松田凌くんとの対談、どうだったかなぁ?本当に凌は性格がいいよね。人から愛されるって大事だよね。「アイツいい奴だな」とか「アイツのために何かしてやりたい」とか、そういう人が大成するんじゃないかな。だから、凌はもっともっとビッグネームになりますよ。皆さん、凌のことをよろしくお願いしますね!

<ミットレお別れ名言劇場 ~君の瞳にうつる僕に乾杯~>

愛媛県松山市 ボンボンさんより

ジョン・レノンの名言

ぼくが5歳の時、母はこう言っていた。
「幸せこそ人生に必要なこと」。

学校へ行くと、将来の夢を尋ねられる。
ぼくは「Happy」と書いた。
みんなはちゃんと質問の意味を理解しろという。
だから、彼らに教えてあげたんだ。

「君たちは人生をわかってない」

 

★石井一孝がDJをつとめるラジオ番組『Midnight Treasures』(ミットレ)。真夜中の宝箱

↓ クリックすると番組ホームページに飛びます

★関西のラジオ局 FM Cocolo 765 (http://cocolo.jp)にて毎週火曜日24:00~25:00 絶賛オンエア中!
※リピート放送は毎週 土曜深夜 28時~29時♪

★Radikoプレミアムに登録していただければ日本中どこからでもお聴きいただけます。沖縄からも北海道からも、もちろんお聴きいただけます。 radikoで「タイムフリーサービス」が開始になりました!ぜひご利用くださいね。

★AOR・SOUL・ROCK・JAZZ・ミュージカル・石井のオリジナル曲まで「Cocoloを燃やし、Cocoloを癒し、Cocoloを虜にする」…Fabulousな曲しかプレイしません。「生歌コーナー」「ゲストコーナー」もあり。是非聴いてね。

【リクエストコーナー①】

*お医者さん、ドクター、医療系の曲

*放送200回に向けて… お祝いの曲

*夏が来るので・・
 夏を満喫できる曲、Cooooooolな曲など

お題に合わせてエピソードとリクエストを送って下さい。あ、でも曲目だけでもいいですよ。 お題を聞いて、アナタが「あ、この曲にぴったり!」と思う曲をエピソードと共に送って下さい。でも、エピソードが難しそうなら潔く(笑)曲だけでもいいですよ。例えば映画音楽のように、歌が入っていないインストルメンタルの曲でももちろん構いません。

また、QUEEN特集、ハードロック特集、アニメ・漫画特集は  定期的にやっていきたいと思っていますので、随時募集しています!

【リクエストコーナー② 無茶ぶりリクエスト!】

これがサタトレの名物なので力を入れています!!リクエストを読まれる可能性が高いから狙い目っすよ(笑)。毎週かならず「無茶ぶりリクエスト」は選曲にからめています。 シチュエーションだけを決めて、選曲を番組DJ:石井一孝に託して下さい。 例えば…

「毎朝ランニングをしているのですが、挫けずに走れる曲をかけて下さい。」

「妻とケンカをしてしまったので、仲直りできるような曲をお願いします。」

…というように、こんな曲を選んで!というメッセージ(無茶ぶり)を送って下さい。 私が無茶な設定にもかかわらず最適な楽曲をオンエアしてみせます(自信満々)。

【リクエスト③ 新企画 ミットレ名盤喫茶】

アルバムを聴いた感想、アルバムの魅力、あなたの好きな曲ベスト3、エピソードなど、ぜひ送ってください。


第2回 マイケル・ジャクソン「スリラー」


第3回 エアプレイ「ロマンティック」

こちらのアルバムの感想、好きな曲も募集中!

【ミットレお別れ名言劇場 ~君の瞳にうつる僕に乾杯~ 】

番組ラストを飾る新企画。
あなたの好きな「セリフ」「名言」を石井一孝が心を込めてアナウンスします。
ミュージカルや映画、漫画、アニメ、小説・・など出典はなんでもOK。
グッとくる言葉、面白い言葉・・教えてください。
(※長すぎない、2~3行目安の言葉でお願いします!)

【新コーナー募集中!】

番組も7月末で通算200回を越えます。新しくこんなコーナーやって欲しい!等、あなたのアイディアを送ってください!

 

★石井一孝ミュージカルコンサート『ミュージカル高座2018』開催!

石井一孝ミュージカルコンサート
『ミュージカル高座2018~イエローとブルーの密会~』

【日時】2018年9月2日(日)
・・・・1st.14:00開演 / 2nd.17:30開演(開場は各公演 開演30分前)
・・・・※2nd公演終了後、サイン会あり

【会場】 浜離宮朝日ホール 小ホール(東京)

【料金】 7,500円 (全席指定・税込)

【スペシャルゲスト】 岸 祐二さん

岸祐二さん

※石井一孝オフィシャルサイト・チケットぴあにて発売中!


7 thoughts on “出魂寝昼の回顧録 FM Cocolo『石井一孝のMidnight Treasures』 #118 (#196) 2018.7.3 生歌は『幕が上がれば』ソロヴァージョン@水面浮上コンサート

  1. ショコラ

    DJカズさん、こんばんは。‌
    いつの間にかナイトクラブ「Midnight Treasures」がオープンしてたんですね。‌
    やはりおネエさまがいっぱい、いらっしゃるクラブなんでしょうか。‌
    行ってみたいなあ~(笑)。‌

     「Young Man」‌
    西城秀樹さんの訃報を聞いた時、子供の頃から憧れのお兄さん的存在だったので絶句でした。‌
    病に立ち向かう勇気は自分にもいろいろなことを考えさせてもらいました。‌
    星になってしまっても、秀樹さんはこれからもず~っと自分の心に生き続けてくれます。‌

     「I Knew I Loved You」‌
    甘~い声にノックアウトでした。‌
    野蛮な庭とはどんな庭なんでしょうか。荒れ果てた庭!?‌
    全くそのイメージとかけ離れた爽やかな曲でした。‌

     「Everything in the Garden」‌
    ミットレではお馴染みのブライアン・ダンカンでしたが、この曲はいつもと少し違う印象でした。‌
    素敵な声ですね~。‌

     「I Can't Stand The Rain」‌
    曲の始まりが神秘的でアフリカの壮大なイメージが湧いてきたのですが、曲が進んで行くとまた景色が変わって何とも‌
    言えない不思議な世界観の曲でした。‌

     「幕が上がれば」‌
    今、公演の真っ最中にこの曲を聴くと言葉の一つ一つがより一層心に響いてきます。‌
    舞台は一期一会の出会いですね。‌
    観る側も役者さんの想いを大切に受け止めたいです。‌

    連日の猛暑の中、シークレット・ガーデン厚木公演お疲れさまです。‌
    今回は大きな劇場での公演ですね。‌
    明日がと~~~っても楽しみです!!!

  2. ikuko

    まずは「出魂寝昼」とはお見事な当て字です!‌
    このオモシロで知的なセンスに、脱毛しちゃいたいくらい脱帽です(笑)。‌

    東京公演も残り僅かとなってもまだまだガーシクの世界に浸っていたいところへ、シークレット・ガーデン返り咲きの名曲のラインナップ、楽しませてもらいました♪‌

    今月担当の文月ちゃんは、まぁ〜しおらしいこと。‌
    こんな真面目な子が何ゆえナイトクラブに?‌
    家庭の事情でしょうか?(笑)‌
    では感想をどうぞ!‌

    ★YOUNG MAN‌
    子供の頃テレビをつけると西城秀樹さんの歌がいつも流れていたので、今になってどれほど偉大なシンガーだったことかを改めて感じました。‌
    何かの記事で読んだのですが、秀樹さんはジャンルで言えば歌謡曲だったけど、歌い方はロッカーだったとありました。‌
    私たちを魅了してきたあの熱唱型の歌声は永遠ですね。‌

    ★Everything in the Garden‌
    軽快に跳ねるビートと巧妙なヴォーカルのグルーヴ感がたまりません。‌
    オシャレなCCMも素敵!‌

    ★Secret Love‌
    「Secret Love」という曲は知っていましたが、オスカー・ピーターソンの手にかかるとまるで別の曲のようにアレンジされていることに驚きました。‌
    しかも鍵盤の上で飛び跳ねているような独特のスイングで超絶技巧にもビックリ!‌
    フフン〜の鼻歌もユニークで名曲ですね。‌

    ★The Theme Of MonStars ‌
    ヒントでモンスターズだとすぐわかっちゃいましたよ(笑)。‌
    イントロはホラーのようにスリリングだからヒンヤリ感もあって、その後はギンギンのロックで汗だくになって夏にピッタリでいいですね〜!‌
    ナイスなマンスリーの選曲だと思います。‌

    松田凌くんは素朴でピュアに感じるけど、役者としての熱意と信念をしっかり持ってる俳優さんですね。‌
    ディコンの役はホントによく似合っていると思います。‌

    ★I Can t Stand the Rain‌
    ブルージーだけどちょっと泥臭さも感じて渋いですね〜。‌
    弦をはじく音が雨だれのように聞こえます。‌
    センスのいい曲ですね。‌
    ほうほう…サザンソウルというカテゴリーに入るんですね。勉強になります。‌

    ★幕が上がれば‌
    艶やかでパワフルな歌声に乗って感情が伝わってきて最高でした!‌
    敏腕バンドの音色をバックに壮大な景色が見えるようで、聴いていても胸がスッとして感動的で爽快な歌声です。‌
    永久保存版にしますね♪‌
    いつかソロでもCD化してくださいね。

  3. Kaori

    教授、こんばんは!‌
    クリエでの「シークレット・ガーデン」も残りわずか。‌
    明日はしっかり休んで英国紳士の英気を養って下さいね。‌
    #118 (#196)は、ガーデンSPの返り咲き、松田凌さんとの対談、と「シークレット・ガーデン」気分を再び堪能できました✿‌

    ★YOUNG MAN / 西城秀樹‌
    秀樹さんの訃報は本当に驚き、残念な気持ちでいっぱいにでした。‌
    しかしながら、リアルタイムでもコメントを書いている今も、この曲を聴きいていたらたちまち元気とハッピー感UP。‌
    ♫Y~M~C~A~♫の所は思わず踊りたくなりました。ヽ(´▽`)/‌
    秀樹さんは旅立ってしまいましたが、秀樹さんの歌は確実に多くの人を元気づけ、胸の中には秀樹さんの笑顔と歌声が永遠に残ると確信したひと時でした。‌

    ★I Knew I Loved You / Savage Garden‌
    あれ?オンエアの時気づきませんでしたが、この曲聴いたことありますね。‌
    美声が癒しと安らぎを届けてくれました。野蛮な庭どころか、安らぎの庭にいる気分にでした。(*゚▽゚*)‌
    他の曲もチェックしてみたいと思います♪‌

    <俺のAOR>‌
    AORの素晴らしさを秘密にせず、ラジオで宣伝して下さったDJさんに感謝です~。‌
    今さら秘密にしても…というか、電波で小声で言っても…充分広まっていると思います。(;^_^A‌

    ★Everything in the Garden / Bryan Duncan‌
    庭の中というタイトルとはかけ離れた雰囲気がとても斬新でした。‌
    どちらかというと、こちらがSavage Gardenというタイトルがあっているかも。‌
    タイトルはさておき、粋な歌声とダイナミックなリズム。生命力あふれる植物がどんどん育っていくような気がしました。これぞ命の芯。‌
    よく考えたら、庭とは本来生命の集合体なので、エネルギー満ち溢れているものですね。歌も上手くてパワーいっぱいいただきました。贅沢な動画にご機嫌です。‌

    ★Secret Love / Oscar Peterson‌
    キレキレの演奏、スピード感、細やかな構成、ドラマティックな展開…完璧ですね。‌
    どうしたらこんな演奏が出来るのでしょうか?ピアノだけでこの世界観。脱帽です。‌
    秘密の努力の積み重ねを実感したナンバーでした。‌
    ワーキングの後に、こんなお洒落な曲がかかっているジャズバーに行ってみたい☆‌

    ★The Theme Of MonStars / MonSTARS‌
    わ、夏にぴったり、これぞモンスターズ参上のナンバーですね!‌
    アルバム「Lights and Shadows」は、本当に大好きでよく聴いています。‌
    とりわけ、この曲は3人のパワーと男の魅力満点。‌
    正義の味方のヒーロー達に、誰もがさらわれた~い♡という気になってしまう魔性曲ですね☆☆☆‌
    でもやっぱり生で聴くのが一番ですね。どうかまた碧き地球に舞い降りて下さ~い!‌

    <松田凌さんとの対談>‌
    伯母(叔母)さんがきっかけで演劇少年に?!わぉ。(*゜д゜*)‌
    「シークレット・ガーデン」では、植物や小鳥達と会話が出来て、子供達の心を開いていくピュアなディコン。‌
    様々な点で興味深く微笑ましく、また松田凌さんの今後の活動に期待満点なトークでした。‌
    しかも、ツウなリコメンド曲をセレクトし、音楽マニアのDJさんに「只者ではありません!」とまで言われた抜群の音楽センス☆‌
    素敵な曲を教えて下さりありがとうございました!ヽ(*´∀`)ノ‌
    舞台では、長い棒を振り回し、ヨークシャー弁で自然界を自由自在に渡り歩くディコンが本当に眩しいです。(*゚▽゚*)‌

    ★I Can’t Stand the Rain / Ann Peebles‌
    ソウルミュージックたるものを知らしめされた魂の曲でした。‌
    渋い渋い上手い上手い。しかし、動画をみてビックリ。なんて若くて美しい女性!‌
    こんな麗しい女性がこんなにも渋く深く歌うとは…。‌
    心の深いところから癒されていく曲。そんな印象でした。‌
    何度でも聴いていたい、他の曲も聴いてみたい。Ann Peeblesの魅力に興味津津です。‌

    ★幕が上がれば  / 石井一孝「水面浮上コン」‌
    これを書いている今、「シークレット・ガーデン」を観に行く前に聴いています。‌
    今日幕が上がる前に、こんな想いを胸にネヴィルを一日生きられるのかな…と感慨深くなりました。(T▽T)‌
    公演中のこの曲は格別ですね。今日の観劇も大切に拝見したいと思います。‌

    <ミットレお別れ名言劇場 ~君の瞳にうつる僕に乾杯~>‌
    5歳にして人生を悟ったジョン・レノン!?‌
    すごっ!(*゜д゜*)‌
    「幸せこそ人生に必要なこと」…心に刻んておきます。(#^.^#)‌
    次回のミットレも楽しみにしています♪ ヾ(*´∀`*)ノ

  4. 視野の狭いうり坊

    出魂寝昼??‌
    ……10秒ほど沈黙‌
    🤣‌
    わ、わかりました!!‌
    てっきり昼寝と読んでしまいましたか(あほ)‌
    お上品な文月ちゃん、いいですね~。‌
    ぜひぜひ、ご贔屓にさせていただきますね。‌
    細かい曲の感想はまたあらためて。‌

    ガーシク東京公演もあと1週間!‌
    寂しいような気持ちになってきてませんか?‌
    最後まで走り抜けて頑張ってくださいね。

  5. r

    お疲れさまです!‌

    松田凌さん、初ミュージカルですか?とてもそうは見えませんでしたよ~。歌も演技も素晴らしかったですし、詳しく書けないですけれど。これからのご活躍が楽しみですね!‌

    ★Everything in the Garden / Bryan Duncan 「Joyride」‌
    曲調が好みでしたー☆‌

    ★Secret Love / Oscar Peterson 「Terry’s Tune (1974)」‌
    私は歌アリより、こちらのテンポとかノリがカッコ良くて好きです!

  6. naoko

    カズさん、『シークレット・ガーデン』も第四コーナーがスタートして、連日の公演の中、回顧録のアップ、ありがとうございます。‌
    あまりの暑さで、少し体力が落ちている時に、ミットレでカズさんの明るく元気なトークと、自分ではなかなか聴くチャンスのない曲を聴かせていただいて、元気になりました。ありがとうございます。‌
    『シークレット・ガーデン』からも毎週素敵なゲストが来てくださって、舞台を観せていただく時に親しみを感じます。‌
    『シークレット・ガーデン』を初めて拝見した時には、驚きが大きく、登場人物の事を理解するまでに時間がかかりました。‌
    何回か観せていただくうちに、登場人物それぞれの苦悩や孤独感が伝わってきて、今まで観ていたミュージカルでは味わったことのない、不思議な清涼感で胸がいっぱいになりました。‌
    これからご覧になる方もいらっしゃいますので、カズさんのネヴィルの感想は、こちらでは控えますね。‌
    ミットレリスナーのたくさんの方々が『シークレット・ガーデン』を観てくださいますように願っています。‌
    暑さに負けないで、お元気に、時々笑いながら、楽しくネヴィルを演じてくださいますように♡♡♡‌
    愛と感謝を込めて♡♡♡

  7. P子

    そして!‌
    七夕の夜に、ついに伺わせて頂きます♪‌
    ガーシク便りを楽しみつつせっせと頭に全部詰め込み(ちょっと嘘)、準備万端。‌
    ミットレのシークレットなゲストの皆々様とのトークも、いつも全方位から楽しませて頂いております!‌
    秘密花園競馬場報告、最高です(爆笑)!‌

    先週は、わけあってクリエのお向かいの劇場に(笑)。終演後、帝国ホテル2階でとある宴席に参加していたのですが、窓の外にクリエから出ていらしたカズさんのお姿をキャッチ。階段をかけ降りて行きたい衝動に駆られましたが(アホ)、大人なので、麗しく着席していました。‌

    土曜日はあいにくの雨的な気配ですが、楽しみに伺わせて頂きます♪‌
    連日激暑ですが、お身体ご自愛下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です