食物連鎖の回顧録 FM Cocolo『石井一孝のMidnight Treasures』 #66 (#144) <DJおすすめスペシャル> 2017.7.4 生歌は『Twilight Snow』

~Midnight Blueな夜の帳が…あなたの心をやさしく撫ぜるひととき…真夜中の宝箱~

 

ハロ~ミッドナイト。時は7月。もう文月ですよ、皆さん。2017年の半分が終わったって、自覚できてますか?俺?ホワイ?まったく認めておりません(笑)。ほんとに勝手に、月日の野郎はダッシュして走っていってるよね?俺たちに断りもなくさぁ。

はい。自覚のないままスタートした2017年の後半戦。最初のミットレは、自覚を持ってこの企画で攻めてみようと思います。

 

DJおすすめスペシャル!
   ~名曲こっそり教えます~

 

これ、一度やってみたかったんだよね。俺がこよなく愛するとっておきの曲をドカスカかける、そういう企画。無茶ぶりリクエスト以外は今夜は俺の独壇場で攻めていきます。こんな暴君…お好きですか(あほ)?

 

といったところで、福岡県の ちあきさんからの無茶ぶりリクエスト。

「かずさん、こんばんは。私が一日の中で一番嫌な時間・・・それは朝ぱっと起きた時に時計を見る瞬間です。だいたい目覚ましが鳴る前のことが多いのですが、寝坊しまくってる時もあります。あとどれくらい寝れるのか、あるいは1分たりとも余裕がないのか、目があいて時計を見る瞬間ほど怖いものはありません(笑)。
こんな私でも、落ち着いて動じたりせずに(笑)起きた瞬間に時計を見ることができる、そんな1曲をお願いします」

アハハハハハ。朝って緊張感あるよね。特に大切な仕事の日って、起きた瞬間の「もしかして寝過ごしてない…?」ってドキドキ感半端ないよね。時計を見たらまだ2時間しか寝てなくてガクッてなったり(笑)。しかしまだ寝れるなら寝る。寝過ごしてたら、開き直って深呼吸してサリーちゃんのパパの髪型で出勤する。
まあ、そういった気持ちでいたいよね。どんな状況であろうと、目を見開いて前を見据えて頑張るしかないよね。
といったことで、ちあきさんに捧げたいと思います。チープ・トリックのビッグアイズ!

 

★Big Eyes / Cheap Trick 「In Color」

https://youtu.be/n3C1ahv4CNs

 

ハッピーでセクシーなロックを奏でたら右に出る者なし チープ・トリックのビッグアイズ、お届けしました。
チープ・トリックは、2000本の変形ギターをコレクトする面白いおっちゃんギタリスト リック・ニールセンと、超美形ボーカル ロビン・ザンターを中心としたデコボコでヘンテコなグループ。

俺、もう20年くらい前にチープ・トリックのライブに行ったことあるんだけど、パフォーマンスが最高でした。今でも覚えてるのは、ギターのリック・ニールセンのマイクスタンドに、ピックが100個くらい右左に蛇の鱗のように貼り付けてあったこと。

曲の最中にピックをポイポイ客席に投げていくんだよ。なんだそれ、投げ過ぎだろ!(笑)。それでいて、ボーカルのロビン・ザンダーは甘いルックスでシャウトが凄まじい歌うまロックシンガーなんだよね。またそのギャップが萌え~って感じ(笑)。ポップでメロディアスなハードロックの宝庫。超オススメですから是非チェックしてみて下さい。

今夜は超美形キャラで行くのか?ピックポイポイキャラで行くのか?2択です。さあ、俺はどっちで行くポイポイ?

     CM

 

今夜は、ミットレDJおすすめスペシャル!
皆様に俺が今まで隠しておいた名曲の数々をこっそりお教えしたいと思います。

俺はここのところ、5日後に控えた「デビュー25周年記念ミュージカルコンサート」のリハに明け暮れてます。今回は演奏に天才 宮崎誠さんをお迎えしてるので、披露するミュージカルソングがひときわ豪華なんだよね。
マコちゃんはピアノ、エレクトーンの達人ですから歌ってても華やかなオーケストラ伴奏でね、やる気出ます。東京のホテルニューオータニで開催致します。美味しいお食事と共に、25年を辿る想い出の名曲をザクザク歌ってきたいと思います。

 

次も☆アンジュ☆さん からの無茶ぶり。

「カズさん、こんばんわ☆いつも男前な声に癒されながら聞くだけで楽しませて頂いてます☆
肩こり、腰痛、腱鞘炎に、50肩で腕が痛いわ..足は筋肉痛だわ..人体のあちこちガタガタです。それでも人手不足なんで仕事は休めない….。
『今日も元気にがんばりまっせ♪』と気合い注入できる曲をぜひぜひよろしくお願い致します。 かけて下さったら、嬉しくて嬉しくて、興奮して、血圧まであがりそう(笑)」

俺も肩痛いんだよね。これって50肩かなー?自覚しておりません(笑)。

はい、それでは頑張り屋のアンジュさんに、目が飛び出そうなスリルと即興演奏の感動を送ります。
1973年の名演奏。ダニー・ロングのオーレ。

 

★Ole / Danny Long 「Four Sides Of Love」

FOUR SIDES OF LOVE Mix
https://youtu.be/RYb9KvtAg7A

 

血がたぎるね…ブラジリアンなサンバのリズムに、凄まじいスピードの嵐のようなピアノのパッセージ、そして鬼のような音楽センス。開いた口がふさがらない名曲だと思うんですが、いかがでしたか?身体がちょっとくらいキツくても元気にダッシュしたくなると思いませんか?

ダニー・ロングはシカゴ出身のシンガーソングライターでピアノの超絶名手。
この曲が入ってるのは「Four Sides Of Love」ってアルバムなんですけど、ダニー・ロングのアルバムは音楽マニアの間ではレアグルーヴの垂涎の名盤と呼ばれてましてね、まさに同感です。おそろしく良い曲ばっかりでオススメだよ!是非チェックして下さい!

それでは、今夜はこれやろう?ダニー・ロングの超絶ピアノのように叫べこのコーナー!

 

    <俺のAOR>

…楽しい(笑)。こういう器楽的な曲にボーカルをつけると燃えますね。

DJオススメのAOR、第一弾は知る人ぞ知る 最高のユニット ボーイズバンド。皆さん、知ってますか?メンバーのバックボーンはかなりカントリー寄りなんですが、このアルバムはごっつうお洒落で洗練された味わいなんです。
聞いてください。1982年の作品。ボーイズバンドの「Think About It」。

 

★Think About It (Composed by Greg Guidry)  / Boys Band 「Boys Band」(1982 Joe Chemay Bnadがバックをつとめる名盤)

https://youtu.be/lVLNSBgI4eM

 

時代だよね~。カントリーのバンドがこんな上質なAORを奏でていたなんてねー。何度も言ってますが、AORは時代と密接な関係があってね、1978~82年に世界中を席巻した音楽ジャンルです。ブルースアーティストもハードロッカーも黒人シンガーも、誰も彼もがAORをやってたんですよ!すごい時代でしょ?そんな空気の中で生み出された奇跡の名盤がこのアルバム。

これは買いですよ奥様!今なら1200円!安い!
はい。ジャパネット石井大推薦でございました。

 

続いて、東京都板橋区のあばれ太鼓さん

「石井さん、こんばんは。私はつい先日風邪をひきました。喉が痛くて全身がだるくて、すぐに病院に行きました。処方された薬を飲んで寝たらすぐに治りました。悩みは・・・、私、風邪ひいてもどんなに体調が悪くても「食欲」だけは落ちないことです。

今回も病院の先生との会話がこんな感じでした。

「あばれ太鼓さん、かなりお熱がありますね」
「はい」
「これじゃ食欲もないでしょ?」
「ん~、ありますね。」
「あるの?」
「まずいですか?」
「いやいやまずくはないけど、アハハハハハ、じゃあ大丈夫だよ(笑)」。

石井さんをはじめ、世の男性たちは、こんな頑丈な女子はお嫌いですよね?か弱くなりたい、でもなれない、、。か弱くて守りたくなる女子になれる曲をお願いします。ちなみに学生時代からずっと皆勤賞です」

ブワッハッハッハッハッハ。あばれ太鼓さん、最高です。俺はね身体が頑丈な人、大好きだよ。だって人生で一番大切なのは健康でしょ。俺はあまり身体強くないから羨ましい。是非お医者さんをたじろがせるそのままのあなたでいて欲しい!
でも、か弱い女子になりたいとのことなので、曲を選びました。
エリック・ラッセルというシンガーソングライターのSong To Chloeという曲です。

「君しかいないんだ。君がいれば僕は生まれ変われる。僕の望みは君を愛することだけ」

ベッタベタな歌詞ですけれど、こんな直球な愛を囁かれる自分を想像して下さい。妄想でもいい。それでは、少食なクロエになってお聞きください。

 

★Song To Chloe / Eric Russell 「Personal」

https://youtu.be/Lby1rIhExfs

 

繊細な声と切なくなるような愛のメロディーがたまんないよね。伴奏がまたアコギメインのドラムレスサウンドっていうのが、淡い感じで歌心が溢れてくる。このエリック・ラッセルという人は、パリ出身のシンガーソングライターでそんなに有名じゃないんですが、すごく才能がある、いいアーティストだと思います。俺は昔からこの曲が大好きでね。ミットレリスナーにいつか紹介したかったんです。
あばれ太鼓さん、胸いっぱいで食欲わかないって気分になりましたでしょうか?え?腹ペコだって…?うーん。また作戦考えます(笑)。

DJ秘蔵のAOR、いかがでしたでしょうか?俺のAOR、来週もお楽しみに!

CMの後は、夏に相応しい爽やかで洗練されたサウンドをお届けしたいと思います。海辺とかが似合う曲だと思います。1分間でビキニに着替えてお待ちください(あほ)。

     CM

 

★In The Scent Of Love / 石井一孝 & シルビア・グラブ 「In The Scent Of Love」

 

 

作詞 松下展子
作曲 石井一孝
アレンジ 石井一孝&大島ミチル

石井一孝とシルビア・グラブのデュエットで In The Scent Of Love お聞きいただきました。

シルビア・グラブさんはミュージカル仲間で何度も共演して、夫婦役も演ったことがあります。高嶋お兄ちゃん(政宏さん)の奥さんですね。素晴らしいシンガーで、性格は陽気でキテレツ(笑)もう大好きです!
ひと月ごとに僕のオリジナルを紹介する「Monthly Kazutaka Tracks」7月の曲はこの曲です。

結愛さん、恋都さん、営業一課石井係さん、ポインコさん、雪に咲く繻子の花さん、波のカズちゃんだけ抱きしめてさんからリクエストが届いております。

この曲を作ったのは忘れもしない2004年の夏でしたね。とあるコテージみたいなところでサードCDに入れる新曲を書いていたんだよね。この曲が完成して、メロディー譜を書いて、FAXで大島ミチルさんの家に送ったことを覚えています。そしたらミチルさんが「カズちゃん、これは名曲ね」ってFAXで送り返してくれたんだよね。

俺は怒られた記憶はすぐに忘れるようにしてますが、褒められた記憶はフォーエバーだよ。是非今後は俺を褒めるように…皆様ひとつよろしくお願い致します(あほ)。

次はね、俺の思い出の一曲をプレゼントします。俺がまだチューもしたことないウブな中学時代、ラジオから流れてきたこの曲に恋をして、録音したカセットテープを何十回も再生した曲です。今聞いてもその味わい、感動は薄れない名曲だと思います。爽やかでポップでスイートなこれぞアメリカンロックの醍醐味です!1981年のスマッシュヒット シルバー・コンドルのYou Could Take My Heart Away

 

★You Could Take My Heart Away / Silver Condor

https://youtu.be/kZ4VQvazX8Y

 

かっこいいよねー。ジョー・セリサーノというヴォーカリストなんですが、ハスキーな高音が大好きなんだよね。いわゆる一発屋のヒット曲と言われていますが、いやあ曲がよく出来てると思わんか。王道のピアノの8部の連打が気持ちいいし、中間部の転調も含め、単純な曲なのに飽きない工夫が随所にされてるのがプロだと思います。いかがでしたか?

 

石川県の男子 加賀百万ドルの夜景さん

「熱血DJ石井さん、こんばんは。ソウルミュージックのファンです。ブラックの音はベースにコシがあって止められません。これはというソウルミュージックを教えてください」

いいねいいね、加賀百万ドルの夜景さん、俺は金沢に公演で何度も行ったことあるけど、素敵な街だよね。まさに百万ドルの夜景の街だと思います。

それでは、今俺がはまってるブラックレディーアーティストを紹介します。腰を抜かして下さい。アリス・クラークの1972年の名曲 Never Did I Stop Loving You

 

★Never Did I Stop Loving You / Alice Clark 「Alice Clark (1972)」 Bernard Purdie , Gordon Edwards , Cornell Dupree 参加

https://youtu.be/r4fMlKrBZQ8

 

なんじゃこりゃ?悶絶だろ、この素晴らしい歌力。
腰がうねるビートにハッピーなメロディー。いろんな面で完璧な一曲だと思う。このアリス・クラークって人は発売当時はまったく売れなかったとのこと。でもフリーソウルっていうソウルの再評価の波に乗っかって、1990年代に突如「アリス・クラークって凄いシンガーがいる」って噂になったんだよね。俺もそれで知ったんだけど、あまりの素晴らしさに悶絶して倒れましたね。どうでしたか?ミットレリスナーならこの価値をわかってくれると思いオンエア致しました!

俺はハードロックもAORも大好きだけど、ソウルミュージックもかなり好きです。たぶん数千枚持ってます。全国のソウルマニア!これも男子に多いんだ。隠れてるだろ男子ブラックミュージックファン!ソウルもガンガンかけるからリクエスト頂戴ね~。

ミットレ DJおすすめスペシャル。最終コーナー、残り2曲となりました。俺がこよなく愛するとっておきソング、少し時代の古いものも紹介します。これは特大ヒットした曲なので知ってる人も多いかもしれません。

でも俺は最近知ったんです。で、あまりの格好良さに金縛りになって、不勉強を海より深く反省して、ミットレで是非ともオンエアしなきゃと思い立ったわけ。
いきます。The Lovin’ SpoonfulのSummer In The City。

 

★Summer In The City / The Lovin’ Spoonful 「The Best Of The Lovin’ Spoonful」

https://youtu.be/N9vbu8sfaBM

 

1966年、俺が生まれる前の全米No1ヒット The Lovin’ SpoonfulのSummer In The City。ダメだこりゃ!好き過ぎる!いい曲すぎると思わんか!カッコいいマイナーキーで怪しい雰囲気で始まった曲のサビが、まさかのメジャーキーに転ずるところ。大胆だよね、素敵なアレンジだと思います。それにグループ名がスプーンにいっぱいの愛だよ、ロマンティック(笑)!

アメリカ屈指のメロディーメイカー ジョン・セバスチャンって人がいるんだけど、俺、このジョン・セバスチャンって人のアルバムは一枚持ってたんだよね。でもそのジョン・セバスチャンがLovin’ Spoonfulのバンドの人だってことまでは知らなかった。早速ベスト盤買って聴いたんですが、たまげたよ。ビートルズと同時代に、こんないい曲を作ってるバンドがあったんだって知らなくて、もっと勉強すべきだと思いました。

 

さあ。それでは今夜も石井一孝の生歌でクローズしましょう。むろん。この曲も俺のオススメ楽曲でございます。
pefkoさん、明日花さん、コロコロさん、サリーさんからのリクエスト。昨年3月のBLACK & BLUEコンサートの生歌音源で、

作詞 竜真知子
作曲 石井一孝

のトワイライトスノウ。

 

★Twilight Snow / 石井一孝 @ブラブルコン 2016.3.27

 

CM

<DJおすすめスペシャル>お楽しみいただけましたか?みんなのリクエスト曲を検索して聴いて辿り着く未知の曲が、僕を豊かにしてくれているなぁって。いろんな曲をめぐる旅が本当に面白くてね。この幸せだな~、楽しいな~と思っている気持ちをこうやってフィードバックする…食物連鎖みたいなスペシャルなんじゃないかなと思って、自分で悦に入っています。皆様も楽しんでいただけていたら幸いです。

<お別れ劇場 Beyond>

★東京都 渋谷区 タンタンさんから
「ドラえもんでお願いします!もちろん世代的に大山のぶ代さんの方で(笑)」

 

 

★石井一孝がDJをつとめるラジオ番組 『Midnight Treasures』(ミットレ)。真夜中の宝箱

↓ クリックすると番組ホームページに飛びます

Midnight Treasures バナー

★関西のラジオ局 FM Cocolo 765 (http://cocolo.jp)にて毎週火曜日24:00~25:00 絶賛オンエア中!。そのリピート放送が、時折ですが、日曜日26時~27時にございます。

★Radikoプレミアムに登録していただければ日本中どこからでもお聴きいただけます。沖縄からも北海道からも、もちろんお聴きいただけます。 radikoで「タイムフリーサービス」が開始になりました!ぜひご利用くださいね。 ★AOR・SOUL・ROCK・JAZZ・ミュージカル・石井のオリジナル曲まで「Cocoloを燃やし、Cocoloを癒し、Cocoloを虜にする」…Fabulousな曲しかプレイしません。「生歌コーナー」「ゲストコーナー」もあり。是非聴いてね。

 

【リクエストコーナー①】

「マンガ・アニメの曲」

「空 SKYの曲」

「恐怖 ホラーの曲」

「山 マウンテンの曲」(150回スペシャル)

お題に合わせてエピソードとリクエストを送って下さい。あ、でも曲目だけでもいいですよ。 お題を聞いて、アナタが「あ、この曲にぴったり!」と思う曲をエピソードと共に送って下さい。でも、エピソードが難しそうなら潔く(笑)曲だけでもいいですよ。例えば映画音楽のように、歌が入っていないインストルメンタルの曲でももちろん構いません。

【リクエストコーナー② 無茶ぶりリクエスト!】

これがサタトレの名物なので力を入れています!!リクエストを読まれる可能性が高いから狙い目っすよ(笑)。毎週かならず「無茶ぶりリクエスト」は選曲にからめています。 シチュエーションだけを決めて、選曲を番組DJ:石井一孝に託して下さい。 例えば…

「毎朝ランニングをしているのですが、挫けずに走れる曲をかけて下さい。」

「妻とケンカをしてしまったので、仲直りできるような曲をお願いします。」

…というように、こんな曲を選んで!というメッセージ(無茶ぶり)を送って下さい。 私が無茶な設定にもかかわらず最適な楽曲をオンエアしてみせます(自信満々)。

【③ ミットレお別れ劇場 ビヨンド】

番組の最後をしめくくるメニュー。石井一孝に何かキャラクターを与えて下さい。そのキャラでお別れの台詞を言います。

「Ladies and gentlemen!今夜も真夜中の宝箱 ミッドナイト・トレジャーズを一緒に開けてくれてありがとう。君と過ごす時間が何よりも宝物です。来週も眠かったら瞼にマッチ棒を挟んで聴いてね!おやすみ。」

【ミュージック寺子屋】

CDとLPを35000枚以上もコレクトする俺。洋楽にめっぽう強いんですが、よく知らないアーティストも勿論いますし、詳しくないジャンルもあります。そこで鋭敏なリスナーの皆様にそんな音楽を教えていただきたいというオネダリ感満載のコーナー!

「ローリング・ストーンズ」「ジミ・ヘンドリックス」「デヴィッド・ボウイ」「レッド・ツェッペリン」「ジェフ・ベック」「エリック・クラプトン」「エルヴィス・プレスリー」「キング・クリムゾン」「エルヴィス・コステロ」「ボブ・ディラン」「ジェイムス・ブラウン」「プリンス」「アレサ・フランクリン」「ブラック・サバス&オジー・オズボーン」「マーヴィン・ゲイ」と来ました。

第16回は、「YES」を特集致します。石井一孝(イッシ~)が気に入りそうな美しい楽曲・グルーヴィーな楽曲を教えて下さい。特に男子!立ち上がってくれ!熱いお便りをくれ~!

 

 

★石井一孝の20曲2枚組の渾身のニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』

swinginthemidnightbluejk

<収録曲>

★『CHESS』より You and I (reprise) with 安蘭けいさん

Where I Want To Be with AKANE LIVさん

★俺の書き下ろした渾身のアダルトAORデュエット『5センチの勇気』with 姿月あさとさん

★『天使にラブソングを』より、エディーの歌う切ない心「I Could Be That Guy」

★『ゾロ ザ・ミュージカル』よりホープ そして ラモンの子守唄。

ご覧のように…ミュージカルも豪華ゲスト様参加オリジナル曲もガッツリ収録しています。特に『ラモンの子守唄』を自分のアルバムでカヴァーしている俳優は、世界中で俺一人だと思います(笑)。 全体に大人っぽいアダルトな仕上がりになっていると思います。ジャズやソウルタッチの曲も多いです。是非是非聞いて下さいね。    

 

★LIVE DVD 「Swing in the Midnight Blue ~BLACK&BLUE~」絶賛発売中!

SIMB2016_DVD_500x130

石井一孝コンサートDVDダイジェスト映像もぜひご覧ください!我らがハカタニアン 井上芳雄くんとのデュエットが2曲も収録されています。

 

 

★8月6日「俺のライブ!!! in 大阪 Part.2」開催!

8/6に大阪でライブをやることが決まりました! その名も「俺のライブ in 大阪 パート2」。

2年3ヶ月ぶりの関西コンサート。遂にライブで大阪に帰って来るよ〜。楽しみにしてくれてた人!いるよな!いてくれ!いて下さい(笑)。

【日時】8/6(日)    13:30  /  17:00  の2回公演

【場所】Royal Horse (梅田のジャズクラブです)

【料金】6500円(全席指定・税込み・ドリンク&フード別途必要)

【演奏】小倉昌浩さん

【一般発売】チケットぴあにて発売中

夜の部終演後にトークショー&サイン会を開催致します。19:02 スタート予定。トークショーはミットレの公開録音をしてみたいと思います。おそらく8月末頃にオンエアの回の公開録音です。あなたの吐息やゲラゲラ声が放送されます(笑)。

 

 

※ミュージカルコンサート チケットの販売は終了いたしました。

【日時】 2017年7月9日(日)

受付開始 12:45~ お食事 13:00~ ステージ 14:15~(16:15頃 終演予定)

※終演後、ご参加の皆様をお見送りいたします。

【会場】 ホテルニューオータニ ザ・メイン宴会場階「鶴東の間」

〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4‐1 TEL. 03-3265-1111

【料金】 32,000円 (全席指定・食事・1ドリンク・税込)

【演奏】 宮崎誠さん

【スペシャルゲスト】 麻生かほ里さん

 


13 thoughts on “食物連鎖の回顧録 FM Cocolo『石井一孝のMidnight Treasures』 #66 (#144) <DJおすすめスペシャル> 2017.7.4 生歌は『Twilight Snow』

  1. ショコラ

    カズさん、こんにちは。‌
    <DJおすすめスペシャル>は心にガツンと響いてきた曲がいっぱいでした。‌
    文章を書くのが苦手なので(汗)、特に好きだった曲を数曲選んでコメントしていますが、いつもどの曲にするか毎回とても悩んでいます。今回は特に選ぶのが難しかったです。‌

     「Big Eyes」‌
    自分も朝が弱いので、お気持ちがとてもよくわかるリクエストでした。活を入れられて元気をもらえそうな曲です。‌
    ギターのピックを蛇腹のように並べて演奏するステージ、見たかった~。‌
    DJさんのギダー口演奏とポイポイのポイには爆笑。‌

     「Think About It」‌
    ボーイズバンドというグループ名から爽やかな高い声の曲をイメージしていましたが、ジャケット写真や声は以外とアダルトですね。‌
    一度聴いただけでサビのお洒落なメロディーがいつまでも心に残りました。‌

     「Song To Chloe」‌
    メロディー、声が何ともロマンティック!心を鷲掴みにされました。‌
    胸がいっぱいになりましたが、食欲減退はありません・・・(笑)。‌

     「Never Did I Stop Loving You」‌
    繊細だけれども、パワーがあって伸びのある素敵な声ですね~。‌
    ブラックレディーアーティストは大好きです。また、是非、紹介して下さい。‌

     「In The Scent Of Love」‌
    カズさんの数あるオリジナル曲の中でAORといったらこの曲ですね。‌
    シルビアさんと一緒に歌われたライブが初めての出会いでしたが、その時、一耳惚れだったのを覚えています。‌
    今月は毎週、オンエアで聴けるのが嬉しいです。‌

    リクエストを大切にしてくださるDJさんなので、リクエストを反映しての選曲となるとご自分の思い入れのある曲をなかなかオンエア出来ない時もあるのではないかと思います。‌
    是非、また<DJおすすめスペシャル>でそんな曲をドカスカとオンエアお願いします。‌
    明日のミットレも楽しみです♪

  2. ikam

    エリックラッセルって、芸名(?)なんですね。オリビエだかオリバーだか、本名は全然違いました。‌

    LA育ちのアメリカ人になりきって、どこまでみんなを騙せるか?なんてところから結成されたとか…?(・ω・)←あほ

  3. ikam

    おはようございます☀‌

    蝉が朝の合唱をしはじめました。そろそろ梅雨明けかな?‌

    お疲れ様です!‌

    台湾公演(☆ω☆)迫ってまいりましたね!‌

    何をいつどう回って食べようか。遠征される皆様の頭の中は、そんな計画でいっぱいだったりされるのでしょうか?(≧ω≦)いいな~いいな~ヾ(≧ω≦)ノ゛‌

    さてさて!‌

    DJおすすめスペシャル!‌
       ~名曲こっそり教えます~‌

    きゃーきゃー(≧∇≦)待ってました!‌

    とっておきの曲をドカスカかける「俺の独壇場」企画!こういうの、1度聴いてみたかったんです~(≧ω≦)どれほど楽しみだったか!‌

    ラジオもすっかり軌道に乗り、日頃からリスナーの皆様のリクエストを大切に大切にファイルで綴じて、反映されてきた今だからこそできる企画ですね!‌

    今後も開催できそうな感じでしたよ。是非是非お待ちしております!ネタがどのくらいあるのかわかりませんが…(・ω・;)‌

    チープ・トリック以外は全部お初でしたが、もう全部よかった!さすが「とっておき」だけのことはありました!‌

    もうあまりCDを増やしたくないのですが、今回のお気に入りをどうしても普段すぐに聴きたくて、いろんな形で(笑)音源を手にいれたものを書いてみますね。‌

    ★Ole / Danny Long ‌
    熱帯夜、連日の蒸し暑さでヘロヘロなはずなのに、なぜかダッシュしたくなりました((o(☆ω☆)o))‌

    動画、見つけられなかったので嬉しいです。これ、アルバムのダイジェストみたいになっていて、他のもあれこれ聴けるんですね!うわぁ、どれもいい曲だ~!これはいいですね!(☆ω☆)‌

    ピアノのアルバムは数枚ほどありますが、こんなアルバムはなかったので、ひとつ持っててもいいかも。いや欲しい。他のも丸々聴きたい。BGMにも良さそうだし。‌

    おや。韓国版なら1000円しないぞ?どうしようかなー?‌

    なんて考えながら、ブログの文章を読んでいると、「垂涎の名盤」「恐ろしく良い曲ばかり」という文字が!‌

    はい決定~~(`∇´)となりました。‌

    ★Think About It (Composed by Greg Guidry)  / Boys Band ‌
    フォークバンドとは思えない、クラクラするようなアダルトさ。アレンジもたまりませんね。とくにサビのアレンジがいいなぁ♪素敵なコーラスがウ~~~ワ~~~♪ときて、Think about it♪チャララン♪ピャ~ン♪ってとこ(笑)‌
    ギターとキーボードのナイスタッグが、めっちゃ印象的です!‌

    こちらは奇跡の名盤とな!(☆ω☆)‌

    しかし慎重にYouTubeで吟味した結果、ジャパネット石井さんには大変申し訳ないのですが、動画をアルバム収録順に並べて登録することで、1200円を浮かせてしまいました(ケチ)。すみません。‌

    はい、全曲揃っていたのでつい(≧ω≦)私にはこれでヘッドホンをつければ充分です。‌

    ★Song To Chloe / Eric Russell ‌
    で、浮いた分で、こっちのアルバムを購入してしまいました(笑)‌

    この曲がね、ラジオが終わってからも、ず~~っと後を引いてたんです。‌

    イントロから、なんて美しい曲なんだろうと思いました。心に沁みるメロディーや歌声もさることながら、演奏のあまりの美しさに胸が熱くなりました。毎回聴くたびに、なぜかこみ上げるものを感じるんです。‌

    ギターとストリングスと、幾重にも重なった旋律がたまらなく美しく、とくに後半に入ってくる中低音のストリングスとホルン的な音の旋律がグッとくるの。これは…キーボード?キーボードアレンジが素晴らしいの?‌

    別に凝ってるというわけでもなく、すぐ終わってしまうような曲なんですけど、静かな感動を呼ぶ本当にいい曲で、こんなに素敵な曲を教えて頂いたことに、思わず手を合わせてしまいました。スマホに向かって(笑)。神様仏様石井様。どうも有難うございました。‌

    アルバム収録曲、どれも良い曲でした。アレンジも良かった。やはりとくに凝ってます~って感じではなくて、パソコンでサラッと聴くと印象に残りにくい曲かもしれませんが、ヘッドホンをしたり、車の中で聴くと、いい曲だな~とジワジワくるというか、心地よく聴ける1枚なんです。‌

    あ、車の中って、ドラムの細かい音とか、意外なほどよくわかるんです。音響が良くなってるのかな?‌

    で、で、エリックラッセルはどこまでかかわっていたかというと、ボーカルと作詞担当でした。これが気になって仕方なかったのも手に入れた理由。‌

    クロエさんに宛てた、きゅーんとくるほど素敵なラブソング。‌

    フランス生まれのフランス育ちとは思えない楽曲ですが、ひとつだけ、フランス語の歌をYouTubeで見つけましたよ。‌

    このメロディーもなかなか良かったです。誰が参謀なんだかわかりませんが(笑)、エリックラッセルと彼を取り巻く人たちは、名前も知れない方々らしいですけど、なかなか素晴らしいですね。いいものはいい。ですね。‌

    でもやっぱりSong to Chloeはピカイチです~☆‌

    ★You Could Take My Heart Away / Silver Condor‌
    この曲、ほんっと良くできてますね~~(☆ω☆)ザッツAOR!‌

    ピアノひとつでワンコーラス歌ってからの、みんな揃ってツーコーラス目に入るというのも、カッコよくてテンションあがるし‌

    その後のブリッジのようなところ。「オ~ベ~イビ~」で毎回キュンキュンするですが、この「オ~ベ~イピ~」の前後も素晴らしいなぁ。‌

    しかもこれだけではなくて、転調してからのAメロのコード進行が違ったものになっていたり、そこからエンディングにかけてのコードづかいが変化に富んでいたり、ハッとするやらドキドキするやら、心揺さぶられてたまりませんでした。‌

    シルバーコンドルという名前や、必ずジャケットにコンドルの姿の一部が描かれているのも気に入りましたが、他の曲は予想外にロックンロール系。他のアルバムも少しハードさを増したロックでした。‌

    どうやらこのザッツAORな曲のヒットをきっかけに、メンバー内で音楽の方向性の違いが生まれ、大幅なメンバーチェンジがあったりしたようですが、こんなにもAORの才能があるのにもったいない…と思ってしまいました。もう少しAOR方面で頑張ってほしかったな。というのは私のワガママ。‌

    やはり時代に翻弄されてしまったのでしょうか。‌

    これはデジタルで単品購入できました~♪わ~い♪(^o^)‌

    ★Never Did I Stop Loving You / Alice Clark ‌
    素敵!こういうソウルな女性アーティストのソウルな歌って大好きです!こういうのがフリーソウルというんですか?なら私は、フリーソウルも好きかもしれません。‌

    パワフルな声ときいてすぐ思い浮かぶのは、マリリンスコット。大大大好き。アリスクラークも大変気に入りました。歌も素晴らしいですが、バックのミュージシャンがこれまた素晴らしすぎ!フリーソウルの手始めに、思わずCDを手に入れちゃいました♪めっちゃ嬉しい♪‌

    ★Summer In The City / The Lovin’ Spoonful ‌
    へーへー!このレトロなムードはビートルズ時代のものなんだ~( ゜o゜)‌

    AメロBメロがたまらなく渋くてカッコいいと思ったら、サビがメジャーで二度ビックリ。あれこれYouTubeで聴いてみました。でもこの曲がやっぱり一番カッコくて、YouTubeお気に入り登録~(≧ω≦)‌

    お気に入り登録って、登録した順番で自動的に次々と変わってくれるので、いいですね♪ええ、やっと使えるようになりました…( ̄▽ ̄;)←遅っ‌

    ところで。昔の石井さんはどんな風にラジオを聴かれていましたか?‌

    毎週せっせとリクエストや感想文を送られていましたか?(≧ω≦)‌

    大半は何か用事をしながら、車で移動しながら、お風呂に入りながら、はたまた就寝前にまったりと聴いて、ああ楽しかったなぁとか、素敵な音楽だったなぁとか思って、癒されて、また慌ただしい日常へ戻っていく…。そんな感じだと思います。‌

    番組にメールをくれる人やブログにコメントを書いてくれる人以外の人、とくに石井さんのファンというわけでもなく、いつもの時間に、なんとなく面白いから聴いてる…なんて人の方がたくさんいますよね、きっと。‌

    これからが夏本番で暑さも厳しくなりますが、そんな姿なきリスナーの皆様のためにも頑張ってくださいね(^o^)‌

    台湾も暑いだろうな~こりゃ( ̄▽ ̄;)‌

                 

  4. ikuko

    好きな曲をドカスカかける暴君のようなDJさん、好きですよ!‌
    もっともっと暴君になってアタシを攻撃してください!…ってドSか!(あほ)‌

    リスナーからのリクエストではなくDJさん秘蔵のオススメ名曲だけに、‌
    さすがにインパクトがあり、心に響くものばかりでした。‌

    ★Ole‌
    夏の夜に熱いサンバのリズムがピッタリですね♪‌
    弾け飛ぶようなピアノの即興演奏に引き込まれました。‌

    ★Think About It ‌
    AORど真ん中のサウンドですね。‌
    ギターのカッティングもカッコいいし、コーラスワークも爽やか!‌
    とてもカントリーバンドとは思えない、時代の音の解説も為になりました。‌

    ★Song To Chloe‌
    ドラムの音色がなくとても柔らかで神聖な雰囲気で、素敵な曲ですね〜。‌
    もう惚れ惚れしながら聴いてます♪‌

    ★In The Scent Of Love‌
    今月はこれでしたか♪‌
    爽やかでアダルトなテイストに溢れていて、‌
    オシャレな7月が過ごせそうです。‌
    感想を書いてリクエスト送っておきましたよ。‌

    ★You Could Take My Heart Away ‌
    今回めちゃくちゃ気に入った曲です!‌
    ポップでキャッチーなメロディーなのでスッと耳に入ってきて、ハスキーなヴォーカルが高らかに歌い上げてスゴく心地いいです!‌
    アレンジも爽快!‌
    何度も聴きたくなってパワーをもらえる曲です!‌
    中坊だったDJさんがこの曲に恋をしたのもわかります。‌
    こんなふうにお気に入りになる曲に出逢うと、スゴく幸せな気分になるんですよ!‌

    ★Summer In The City‌
    サイケデリックな60年代のサウンドの雰囲気ですね。‌
    渋くてカッコいいです。‌

    ★Twilight Snow ‌
    真夏のミッドナイトに聴くとよりクールに感じます。‌
    でも歌い方は熱い!‌
    ライヴバージョンいいですね!‌

    DJさんの幸せな気持ちをリスナーにフィードバックする食物連鎖…素敵な例えですね。‌
    また是非オススメの秘蔵名曲を教えてくださいね♪

  5. ikam

    怒ったり怒られたりって‌

    確かに、誰だってその時はショックだし、傷つくし、いつも楽しくいられる方がいいに決まってますけど‌

    だからといって、決して悪いことではないと、私は思うんです。‌

    人間、誰しも完璧じゃありませんから。‌

    私はこの世に生まれて半世紀たちますが、それでも自分の良いところや悪いところを、完全に把握できているとは思いません。‌

    何気なく発した言葉やとった行動で知らないうちに人を傷つけていたり、迷惑をかけたり、過ちを犯していることがあるもので‌

    叱られたり指摘されたりして、初めてそれに気がつくんですからね。‌

    そうやって気づいて、学んで、まだまだ成長している段階の私です。‌

    今日も久々に大失敗をしてしまい、娘に私のダメダメな点を叱られてしまいました。とほほ。いつになったら一人前になれるのやら。‌

    同じことで叱られぬよう、ダメダメな点をカバーする対策を考え、もう二度と繰り返さないぞ!と心に誓いました(T_T)o))グッ‌

    親が子どもの悪事を叱るのは、ひとりでも多くの人に愛される子になってほしいと願うから。‌

    それでなくても、だんだん歳をとっていくと、周りは基本的にいいことしか言ってくれなくなりますし、叱ってくれる人なんて、身内くらいなものですし。あ、私はね。上司とかいませんしね。‌

    叱られるって、実は有り難いことだったりするんです。‌

    常にお山の大将だったイングヴェイだって、人の下について指図されたり叱られたりという、屈辱的な行為に感謝できるようになったとあったじゃないですか。‌

    全否定されているわけではなし、むしろ真剣に向き合ってくれてるということなので、そんなに嫌がることないと思いますよ~。‌

    あ、でもファンとしては、怒られるのを嫌がる石井さんだから可愛いのかも。母性本能をくすぐられるのかも。きっとそうだ(☆ω☆)‌

    じゃあいいのか?(・ω・)

  6. GRIMM

    赤津崎教授、こんばんは。‌
    DJおすすめスペシャル、さすがの選曲で素敵でした\(^o^)/‌
    そして、曲の解説が面白くて、注目されるところがホントにマニアックですごく勉強になりました☆‌

    ★Big Eyes‌
    オープニングにぴったりな曲ですね。‌
    歌声がセクシーで甘いのに、パワフルでカッコいいです♪‌

    ★Ole‌
    サンバのリズムに、ピアノの音がお洒落です♪‌
    情熱的でスピード感たっぷり。めちゃめちゃ気に入りました☆‌

    ★Think About It‌
    この曲を聴いた時、何故かすごく懐かしい感じがしました。‌
    Boys Bandって聴いたことないと思うんですけど、この感じの曲は大好きですね♪‌
    ジャパネット石井さんの大推薦なのでゲットしたいと思います☆‌

    ★Song To Chloe‌
    美しい曲ですね。歌声もメロディーも切なくて心に沁みます。‌
    じっくり大切に聴きたい曲です♪‌

    ★In The Scent Of Love‌
    7月の「Monthly Kazutaka Tracks」にぴったりですね☆‌
    この曲はメロディーも歌声もとても爽やかで美しくてお洒落で大好きな曲です。‌
    毎週、たくさんの方に聴いてほしいですね♪‌

    ★You Could Take My Heart Away‌
    この曲凄く好きです!‌
    ハスキーな歌声もメロディーもとても心地良くて何度も聴きたい曲です♪‌

    ★Never Did I Stop Loving You‌
    すごくパワフル、でも儚さや素朴さもあるような歌声が素敵ですね。‌
    ハッピーでピュアな気持ちになれる曲です♪‌

    ★Summer In The City‌
    60年代な感じでカッコいいですね♪‌
    DJ石井さんの解説に大きく頷きながら聞いていました。面白くて素敵なアレンジが好きです。‌

    ★Twilight Snow‌
    蒸し暑い夏の夜に、ブラブルコンのTwilight Snowがオンエアされるとは思いませんでした\(^o^)/‌
    初めて行った石井さんのソロコンサートがブラブルコンなのでミットレで聴くとまた違う感動で胸がいっぱいになります。‌
    この曲を歌われている時のアダルトでカッコいい姿を想い出して嬉しかったです♪ありがとうございました(*^^*)‌


    食物連鎖みたいなスペシャル♪また是非とっておきの名曲を教えてくださいね。‌
    次回のミットレも楽しみにしています☆

  7. Kaori

    あ、私もまた<DJおすすめスペシャル!>があったら嬉しいなーと思っています!(^o^)‌
    では、今夜のミットレも楽しみにしています♬‌
    今夜はどんな曲が聴けるかな。

  8. Kaori

    教授、こんばんは!‌

    昨日は参加した私にとっても大きな想い出となった「デビュー25周年記念コンサート」でした。‌
    素敵なひと時をありがとうございました。‌
    25周年の重みと尊さ…そして素敵でキュートなお人柄をしかと受け止めました。‌
    益々のご活躍を期待&お祈りしているのはもちろん、ずっと応援し続けようと強く感じた1日でした。‌

    さて、2017年の半分が終わったって、もはやどーってことない!って思っている私は既に終わっていますか?‌
    そんな私ですが、2017年の後半戦とやっと自覚し始めたDJさんの<DJおすすめスペシャル!>は驚愕な選曲だ…と、自覚しながら拝聴しました。‌
    ちなみに、回顧録は週末から書いているので…時系列がおかしいのはそういうことです。‌

    ★Big Eyes / Cheap Trick‌
    Big EyesさんによるBig Eyesのアドバイス。ナイスな発想で素敵な選曲ですねー。‌
    いい声してるわ、エキサイティングなライブ動画わで、目も耳も口も(あほ)見開いて聴いちゃいました♪‌
    ピックポイポイキャラに萌え~って感じでしたので、そちらで行ってポイポイ‌
    (・o・)ノ■‌

    ★Ole / Danny Long‌
    天ラブ松本公演の悲劇に懲りず、25周年記念コンサートを目前に風邪を引いてしまいました…‌
    年々身体が弱くなってきていると痛感しています。でも、意外とこういう方が長生きしちゃうのかなーとおめでたく解釈しています。(あほ)‌
    そんな私も励まされたエネルギッシュで美しい1曲でした。ついでに指が器用になった気分。(あほ) ‌
    元気で自分なりに美しくいられるように心がけよう思えました♪‌

    <俺のAOR>‌
    ポカーン。(。・о・。) す、スゴイDeath!!さすがDeath!‌
    これはDJカズさんにしか出来ない技だと思いました。‌
    しかも、台詞がさり気なくオモシロイ。(ノ∀`)‌

    ★Think About It  / Boys Band‌
    ボーイズバンド、知りませんでした。たしかにお洒落~。ヽ(*´∀`)ノ‌
    さらに、とても心地よく、ダラダラ休日が、洗練されたお洒落な休日に格上げされました。‌
    ギター演奏が巧みで惹かれます。‌
    ジャパネット石井さん大推薦ですし、Boys Bandについてよく考えてみたいと思います。‌

    ★Song To Chloe / Eric Russell‌
    これまた今の私にもピッタリなお悩み!‌
    風邪は引いているわ、でも食欲はあるわ、高校時代から皆勤賞だわ、お医者さんには大丈夫ですよ!と言われるわ…‌
    冗談じゃない冗談はさておき、この曲、美し過ぎて、ロマンティックで、まるで夢の世界にいるようで、クラクラしちゃいました。(//∇//)‌
    あ、お腹空いてクラクラじゃないですよー。(あほ)‌
    いやはや、素敵過ぎて、まさに胸いっぱいです。お気に入りです♪‌

    ★In The Scent Of Love / 石井一孝 & シルビア・グラブ‌
    爽やかロマンティックソング。もう大好きです!‌
    お二人のハーモニーが壮大に華やかに伸びていく度に、ハッピー&ときめきモードも広がっていきます。‌
    今回改めて聴いて、最後のハーモニーが美しいなぁと感じました。‌
    動画の仕上がりは、愛と幸せに包まれた曲ならではで、一段とロマンティックで素敵ですね♡‌
    絶妙なタイミングに合わせて編集された数々のナイスフォト。‌
    澄んだ海辺、白の砂浜、満月、赤いバラ、ハートの形を描いたマーガレット、最後のバラの花束、そして美男美女のシンガーのお二人。最初から最後までうっとりです。‌

    ★You Could Take My Heart Away / Silver Condor‌
    今や黒い日々&黒ずくめのDJさんが、純白な少年だった頃に恋をした曲なのですね。‌
    それにしても、少年の頃からアダルトな曲がお好みだったのですね~。大人の中学生だわー。‌
    中学生だった頃の私にはさっぱりだと思います。(^_^;)‌
    でも、今の私はこの曲が好きですし、よさも分かります。あっ!曲がよく出来ているっていうのはよく分かりませんが。(あほ)‌
    爽やかで心地よくて、もちろん魅惑のハスキー声にそそられて、ずっと聴いていたくなる曲でした♪‌

    ★Never Did I Stop Loving You / Alice Clark‌
    リッチでパワフルだけどなぜか安心感ある(笑)歌声。ハッピー感いっぱいのメロディー。‌
    初めて聴いたけど、なんて惹かれる曲なんでしょー!ヽ(*´∀`)ノ‌
    すごい歌唱力ですねー。演奏の迫力でさらに胸に迫るものがありました。‌
    ブラックミュージック全然分からないですが、やはりすごーく魂に響きますね。‌
    是非また紹介して下さい!‌

    ★Summer In The City / The Lovin’ Spoonful‌
    私もこの曲知りませんでした。なんとオリジナリティ・緻密性・衝撃性・愛に溢れた曲なんでしょう!!‌
    …なーんて思いながら動画をみてさらにビックリ!皆さんほんわか楽しそうに演奏しながら歌われているのですねー。‌
    イメージと全然違った…が、逆に好感&興味UPです!ヽ(´▽`)/‌
    ちなみに、まさにDJさんがお好みの曲だと納得しました。(←最近分かるようになってきましたヨ。)‌
    音楽大好き&音楽才能抜群の人の作品って感じですね!‌
    うれしい出会いの1曲でした。(≧∇≦)‌

    ★Twilight Snow / 石井一孝 @ブラブルコン 2016.3.27‌
    通常は曲がよく出来ているっていうのがよく分からない私ですが、この曲に関しては真っ先にそう思いました!しかも、聴けば聴くほど、さらに強く感じます。‌
    切ない曲ではありますが、夕暮れどきの雪景色に佇む色男が浮かんできて、さらに歌が男らしくてグッとくるんですよねー。‌
    切ない美しさっていう感じですかね。くー!たまらん!素敵です!(あほ)‌
    巧みな演奏とムーディーなコーラスがドラマティック効果抜群です。‌
    そして、暑い盛りの涼しい生歌のオンエアありがとうございました。DJさんのこういう自由な選曲をするところが大好きです!‌

    <お別れ劇場 Beyond>‌
    わぉ!こちらも大好きなドラえもん!‌
    特徴つかんでいますね。似ていましたよ!あったかくて優しいドラえもん。‌
    しかし、マッチ棒が出てくるとは…。゚(゚ノ∀`゚)゚。 ‌
    オモシロ過ぎ!魔法のマッチ棒なら私も欲しいです!‌
    そうですよね。喉…痛くなりそう。大丈夫ですか?‌

    明日のミットレも楽しみにしてます♪ ヾ(*´∀`*)ノ

  9. ★kaoru★

    かずさん、こんばんは。‌

    ブログの更新と…回顧録のUP…‌
    ありがとぅございます♪♪‌

    『デビュー25周年記念 ミュージカルコンサート』開催…‌

    おめでとぅございます♪‌

    午後に何度か投稿したのですが…‌
    反映されていない…。 (p_q*)‌
    何か知らないうちに…禁止ワード使っちゃっているのかな…。‌
    ( 変態…っていうワードがダメなのかな?‌
    あ…また書いちゃった💦)‌

    もし投稿が重複してたら…ごめんなさい。‌

    回顧録に沿って…振り返りたいと思います♬‌


    ★Big Eyes ‌
    1曲目にふさわしいガンガンなロックですね。‌
    朝の目覚めにピッタリなタイトルに…ぴったりな無茶ぶりに感心しました。‌
    Cheap Tricはー。‌
    『Clock Strikes Ten』『I Want You To Want Me』『Mighty Wings』‌
    『One On One』を想い出します…。‌

    かずさんは中学ぐらいからCheap Trickを聴いていたのですね。 (*^_^*)‌
    私も…。‌
    いつからか聴き始めましたが…あまりにもたくさん曲がありすぎてタイトルを失念して…音楽を流しては…想い出す…って状況です。‌
    ELOを彷彿したり…いい曲がたくさんあるなぁ…って思います。‌
    グループ名の由来をお教え頂き驚いたこともありますが…。‌
    素晴らしいマジックのような音を奏でるグループですね。‌

    ギターのリック・ニールセンさんののライブでのエピソード…♪‌
    ピックをポイポイは知らなかったので笑っちゃいました。‌
    (かずさんのポイポイの話し方に笑っちゃいました。)‌
    でも…客席にポイポイ投げちゃうのは…‌
    ファンの方へのサービスなんでしょうね。素敵ですね。‌

    Big Eyesと言えば…。‌
    かずさんの大きな目を想い出します…‌
    (*´艸`*)エヘヘ‌
    え? 意味が違いますか?‌

    ★Ole ‌
    速弾きのよぅな…スピード感のあるピアノの弾き方がすごいですね。‌
    これは…ダニー・ロングさんが歌って…自らピアノを弾いてレコーディングされたのかな?‌
    ピアノってしっかり叩かないと音が鳴らないイメージだから…このスピードで1曲を弾くと…‌
    手がものすごい疲労感に陥ってしまいそうです。 ←素人的考え(笑)‌
    でも…めちゃくちゃ上手い!‌
    この曲を聴いていると…頑張ろぉ〜!!…って力がメラメラと湧いてきそうな感じです。‌
    こちらも…無茶ぶりにピ〜ッタリの選曲でした♪♪‌
    他に『FOUR』『THE CHARMER』を聴いてみましたが…それぞれの曲の雰囲気が違っていてダニー・ロングさん歌声も聴けて…ジャズ?メロウな感じを味わえて他にも聴きたくなりました。‌
    産地がアリゾナ産って書いてありました。(また新しい産地を発見!)‌
    かずさんは…ほんとうに… ◡̈⃝︎⋆︎*‌
    たくさんの音楽を愛して…いっぱいの名曲を知っているんだなぁ…。(*´艸`*) ‌

    ☆俺のAORの雄叫び…笑‌

    ♬〜パッパッパッ〜♪‌
    魅力溢れるお洒落なコードに煌めくメロディ〜 ‌
    パッパッパッ〜♪‌
    すべてのリクエストをファイルに束ねる変態DJ 俺のAOR〜!! 〜♬‌

    …あのォ…‌
    やっぱり…爆笑して…‌
    笑い転げました…。(〃゚艸゚)プッ‌
    もぅ…好きっ♪‌


    ★Think About It‌
    この曲…大好き!!!‌
    なんか…聴いたことあるなぁ…って思ったのだけど…。‌
    Albumを探してみても…他のAlbumが…あまり出て来ないんですよね。(p_q*)‌
    もしかしたら…そんなに長い期間…活動されてなかったのかなぁ。‌
    この曲は聴いたことがあったので…なんだか不思議な感じです。‌
    私はー。‌
    こぅいぅ…西海岸や海沿いに流れてきそうな…爽やかで美メロ好きです。‌
    バラードも好きなんですが、こぅいぅ曲いいですね。ずっと耳に残ります。‌
    カントリーのバンドなのですか?‌
    教えて頂くまで…カントリーのイメージよりも…海のイメージでした。‌
    他の曲も聴いてみたくなりました♪‌

    ★Song To Chloe‌
    エリック・ラッセルさんと言えば…『Never Be Mine』。‌
    この曲が以前に何処かで毎週流れていた記憶があるので…とってもいい曲だなぁって思ってAlbumを聴いた事があったのですが『Song To Chloe』も綺麗なバラードですね。‌
    歌詞の内容が…ベタベタの歌詞だったとは・・・!! (*^。^*)💕‌
    アコギの音色も心揺さぶる〜♪‌
    この曲も…大大大好き〜♪♪‌
    「Personal」のAlbum…かなりお薦めですよね。 (^_−)−☆‌

    ★In The Scent Of Love  ‌
    大好きな曲です。聴く度に大人なAORな感じのメロディーに酔いしれ…‌
    二人のハーモニー・音・すべてが大好きです。‌
    かずさんの英語の発音もビアさんの発音も綺麗ですよね。‌
    今月の『Monthly Kazutaka Tracks』の一曲…めっちゃ嬉しいです。‌

    ★You Could Take My Heart Away‌
    どこか…甘酸っぱいような…‌
    それでいて…懐かしいような…‌
    そんな感じのする曲だなぁ…。‌
    はじめて聴いたかもしれません。‌
    ピアノの8部の連打…いいですね。‌
    かずさんの説明が、すごくわかりやすい♬‌
    とってもいい曲♪♪‌
    なんだか…温かさと切なさが交差するような気持ちになりました。‌
    ジーンとしてしまう曲でした。‌

    ★Never Did I Stop Loving You ‌
    ソウルミュージック…好きです♬‌
    たくさんのトランペットの演奏が耳に残り…‌
    ベース・ギター…どの楽器もダイナミックですね。‌
    アリスクラークさんの…力強くもあり…時には儚い感じの声…。‌
    そして…高音の声も…たまりませんね。‌
    ハッピーなメロディーと、たくさんの楽器の演奏…‌
    すべての神経を注いで集中して聴いてしまいました。‌
    他の曲も聴いてみたくなりました。‌
    初めて聴いた曲です。(*^_^*)♬‌

    ★Summer In The City‌
    映画『ダイハード』で流れていた曲でしたね。‌
    (1だったか?2だったか?3だったか?記憶が曖昧です)‌
    全米で大ヒットした曲なのですか?‌
    怪しいマイナーキーから始まるけれど…疾走感があって、それでいて素敵なアレンジですね。‌
    ジョン・セバスチャンさんがAlice Clarkのメンバー?‌
    私は…一人一人がよくわからないので…‌
    こぅいぅ発見は…驚きですね♪‌
    また次に出逢う曲のキッカケになったりしますよね♪♪‌

    ★Twilight Snow ‌
    CDでは…何度と聴いている『Twilight Snow』‌
    ブラブルコンで歌った…この音源は…。‌
    いつもにも増して…‌
    とてもアダルティーでセクシーに感じました。(//∇//) ‌
    確かに…当日もアダルティーでセクシーでしたっ。‌


    かずさんが隠しておいた名曲の数々…♬♬‌
    たくさん〜♪たくさん〜♪♪‌
    お教え頂きありがとぅございます!!‌
    是非…是非…♬‌
    また『DJおすすめスペシャルVol.2』があったら嬉しいなぁ…。‌

    来週の…‌
    『Midnight Treasures』のON AIRも楽しみにしています。

  10. ちあき

    赤津崎先生‌
    こんばんは。25周年記念コンサート、おめでとうございます。‌
    これまでの赤津崎先生の人生をお仲間の皆様、そして客席の皆様と一緒に振り返る、そして今日からまた新しい日々へと続いていく、愛と笑顔と勇気に溢れた1日になったことと思います。‌
    DJお勧めミットレ、ほんとに良い曲ばかりで何度もリピートして楽しんでいます。‌

    ◆好きなナンバー‌
    ★Big Eyes / Cheap Trick ‌
    オープニングから私めの無茶ぶりリクエストを採用&素晴らしい曲を処方してくださり、ありがとうございます。びっくりしたのと同時に嬉しいです。‌
    Cheap Trick のかっこいい、迫力に満ちた歌声と演奏に元気をもらっています。最近、いろいろなことがあるのでこの曲を聴いてパワーを充電しています。タイムリーな処方です~。‌
    ピック100個を客席にポイポイ、想像しただけで面白いしファンにとってはほんとに嬉しいですよね。ステージからピックがとんでくる瞬間でテンション上がるし(笑)聴きやすいナンバーでとても気に入っています。しっかり前を向いて進んでいきたいと思います。‌

    ★Ole / Danny Long ‌
    超絶な迫力と流れるような歌うようなピアノの旋律。度胆を抜かれたって感じです。こんなにもすごい、お洒落なピアノ曲に出会えて幸せ!!ピアノの音って何よりまして魅力的。こんなピアノ曲があったのか~って感じです。パワフルでそして繊細で、問答無用の名曲だと思います。ご紹介ありがとうございます。‌

    ★Think About It / Boys Band ‌
    AORど真ん中、アダルトな爽快感、聴きやすさと心地良さにハマっています。カントリーバンドが奏でるAOR、すごく素敵なナンバーで大好きです。癒されます。‌

    ★Song To Chloe / Eric Russell ‌
    優しく愛しい歌詞と歌声、甘いメロディー、素敵なラブソングAORですね。心に染みてくるほんわかした旋律が魅力的。このナンバーでも心地良く聴きやすいです。‌

    ★In The Scent Of Love / 石井一孝 & シルビア・グラブ‌
    今からの季節にぴったりな爽やかでお洒落、私には最高のAORナンバーです。ロマンティックな海辺をイメージしながら聴いています。赤津崎先生とシルビアグラブさんの歌声が大好き。動画もみました。お洒落な夏の写真がいっぱいですね。お二人ご一緒の写真がムードがあって、大人っぽくて優しい雰囲気で大好きです。素敵な動画なのでたくさんの方に見ていただきたいです。‌

    ★Never Did I Stop Loving You / Alice Clark‌
    かっこいい~洗練されたブラックミュージックナンバー、聴いた瞬間大好きになりました。メロディー展開も凝っててお洒落ですね。そしてパワフルな歌声、気持ち持っていかれますね。しょんぼりすることがあっても立ち向かっていけるような元気が出るナンバー。幅広い音域と心をつかむ歌声、最高だと思います。‌

    ★Summer In The City / The Lovin’ Spoonful ‌
    この曲も大好き。ダンスにもぴったり。ジャズダンスのレッスンでこの曲にすごく似たかっこいい曲があったんですよ~そのナンバーの再来かと思いました。赤津崎先生がおっしゃるようにマイナー→メジャーへの転調、斬新ですね。メロディーに予測がつかないところが面白くて個性的。‌

    ★Twilight Snow / 石井一孝 ‌
    生歌の「Twilight Snow」すごく素敵。夏に聴く「雪」の曲も良いですね。生歌だとロマンティックな哀愁と切なさがより伝わってくる気がします。間奏の演奏がとてもお洒落で気に入っています。‌

    赤津崎先生のお勧め、好きな曲がいっぱいあったのでぜひまた第2弾をやってほしいです。‌

    あらためて25周年おめでとうございます。これからの赤津崎先生の音楽人生、舞台人生、芸人人生(笑)、そしてミットレ人生がますます素晴らしいものでありますように、心からの応援と祈りを込めて…。‌
    次回のミットレも楽しみにしています。

  11. r

    このDuo、好きなんですよー♪‌
    ★In The Scent Of Love / 石井一孝 & シルビア・グラブ

  12. あばれ太鼓

    石井さん、こんばんはです!‌

    私の無茶振りに答えて頂きありがとうございます!‌
    かなり前にリクエストをしていた事を忘れてました。。自分で考えたラジオネームからして女子らしくなくて泣きたいです。。‌
    でも『Song To Chloe』聞いたら、自分がしおらしい女子になった気がしました。‌
    今日もご機嫌な暑さでしたが、きっちり三食完食し、オヤツまでいただきました。‌

    こんな感じの私ですが、石井さんの事、ずっと応援してます!またリクエストします♪

コメントをどうぞ

キャプチャコードを記入のうえ送信ボタンを押してください。コメントはそのまま反映されます。

*