犬猫寵愛の回顧録 FM Cocolo『石井一孝のMidnight Treasures』 #60 (#138) 2017.5.23 生歌は『For Tonight』@Xマスコン2016

<お願い!>

8/6に大阪で開催いたします『俺のライブ!!! in 大阪 Part.2』の「サブタイトル」を現在絶賛大募集中デス!かっこいい、もしくはボケたサブタイトルを送って下さい!下のURLをクリックして「リクエスト」の欄に書いて、サブタイトルを応募して下さい!

 

締め切りは 6月6日 のミットレ終了時刻 25時!!

 

https://cocolo.jp/service/homepage/index/2240

 

 

 

日時:8/6(日)    13:30  /   17:00  の2回公演

場所:Royal Horse (梅田のジャズクラブです)

料金:6500円(全席指定・税込み・ドリンク&フード別途必要)

演奏:小倉昌浩さん

 

 

夜の部終演後にトークショーを開催致します。19:02 スタート予定。ここでミットレの公開録音をしてみたいと思います。おそらく8月末頃にオンエアの回の公開録音です。あなたの吐息やゲラゲラ声が放送されます(笑)。

 

 

 

8/6に大阪でライブをやることが決まりました! その名も「俺のライブ in 大阪 パート2」。

2年3ヶ月ぶりの関西コンサート。遂にライブで大阪に帰って来るよ〜。楽しみにしてくれてた人!いるよな!いてくれ!いて下さい(笑)。

せっかくの関西ライブですから、ライブとミットレを少しでも連動させたいなと思っていまして、今回も番組でライブのサブタイトルを募集します。 よく「この映画は決して1人では見ないで下さい」みたいなのあるじゃない。ニョロ なんとかニョロ みたいなやつ(笑)。ね、待望の浪速ライブに相応しいサブタイトルを決めて下さい!

 

 

1  関西のFM局 FM CocoloのDJのライブであること

2  8/22に150回放送の金字塔(大げさ)!を打ち立てること。

3  今まできた全リクエストをすべてファイリングしてるマニアなDJだということ。

4  石井一孝の別名はイッシ〜さんだということ(あほ)。

5  関西のダシがたまらなく好きでもう関西に住みたいくらいだということ。住むなら喜連瓜破が第一希望だということ。

6  肉スイという絶品Mealを最近発見して狂喜乱舞したこと。最近家の近くのお店に「肉スイ」が売られてることを発見したこと(笑)。

7  2年半ぶりの関西ライブに胸をときめかせていること

 

7つのポイント(笑)を意識してナイスなサブタイトルをつけて下さ〜〜い。

 

 

 

まだ時間あるからいっぱいくると期待しています。 番組のリクエスト欄にサブタイトルを書いて送信して下さい。 俺が応募していただいた中から選びます。そして選ばれた人を楽屋に招待します!どうだ!この太っ腹企画(笑)。

楽屋で談笑してツーショット写真をなど撮りましょう。AORもオリジナルもガンガン歌うからね。歌って欲しい曲も募集します!一般発売は6月中旬を予定しています。決まり次第、石井一孝公式サイトやブログで発表します!絶対に来てね!

 

 

★デビュー25周年記念ミュージカルコンサート

 

 

日時:7/9(日)

場所:ホテルニューオータニ ザメイン宴会場階「鶴東の間」

料金:32000円

演奏:宮崎誠さん

ゲスト:麻生かほ里さん

 

 

7/9 デビュー25周年記念ニューオータニコンサートに、25年来の親友・僕の過去を知る危険人物(笑)・本物ジャスミンの麻生かほ里さんを迎えます。やはり25年を辿るコンサートで、デビュー当時の阿呆な過去を語ってくれるゲスト…もうかほ里しかいないでしょう!25年の歴史でも特に重要な「ホールニューワールド」をどうしても歌いたいんです。本物アラジンと本物ジャスミンのデュエット、皆さんも聴きたいですか?

 

一般発売:5/26〜キュービットクラブにて。チケットぴあは6/3〜の予定です。

 

 

「1992年のこどもの日に『ミスサイゴン』でデビューして25年。今日があるのは、改めて、皆様のおかげだと痛感しています。そこで応援して下さる皆様に心からの感謝と愛をこめて、デビュー25周年ミュージカルコンサートを開催いたします。会場もアニバーサリーに相応しい場所を用意いたしました。ランチタイムですが、ディナーショー形式で、美味しいお食事を召し上がっていただいた後に歌います。

基本的にホテルのディナーショーのコンサートは1時間と取り決めで決まっているのですが、そこは私、てんこ盛りに歌いたいので2時間のショーにしたいと交渉いたしました!つまり2本分!言ってみれば4幕物のミュージカルの如しです(笑)。演奏に音の魔術師 宮崎誠さんをお迎えして、四半世紀の思い出のミュージカル曲を美しく壮大なサウンドに乗せてお送りいたします。『ミス・サイゴン』『レ・ミゼラブル』『蜘蛛女のキス』『スカーレット・ピンパーネル』など胸に響く作品を多数取り揃えたミュージカルコンサート。是非楽しみにしていて下さいね」

 

 

 

 

 

~Midnight Blueな夜の帳が…あなたの心をやさしく撫ぜるひととき…真夜中の宝箱~

ハローミッドナイト!皐月の空の下、皆様お元気でお過ごしでしょうか?俺はいよいよミュージカル「デスノート」の稽古も始まり、死神リュークとしての人生が動き出しました。日に日に口が裂け始めています。って怖いわ!

冗談はともかく、早く俺の目指す死神にちかづけるように、演出の栗山民也さん、月役の浦井健治くん、柿澤勇人くん、レム役の濱田めぐみさんと相談して役作りを深めたいと思います。

それでは、一曲目に行きます!

サングリアさんからいただいたリクエスト。
ファンキーでハードなギターのリフがたまらない エアロスミスのWalk This Way!

 

★Walk This Way / Aerosmith

https://youtu.be/pL4uESRCnv8

 

1975年のビッグヒット。『踊る!さんま御殿!!』のエンディングテーマだったということで、知ってる人も多かったと思います。ガッツをもらうよね。この曲の邦題、みなさん知ってますか?お説教っていうんだって(笑)。時折日本タイトルってやらかしてくれるよね(笑)。

エアロスミスはヴォーカルのスティーブン・タイラーとギターのジョー・ペリーを中心としたモンスターロックバンド。一口に言うと、猥雑でセクシーな魅力が炸裂した大人のロックバンドだよね。『アルマゲドン』の名バラード I Don’t Want to Miss a Thing も最高だよね。是非チェックしてみてね。

ということで、今夜は君にお説教するテンションで進めてみたいと思います。って迷惑だろ(あほ)!

     CM

 

先週告知しましたけど、8/6に大阪でライブをやることが決まりました!その名も「俺のライブ in 大阪 パート2」。2015年5月に開催したパート1から2年3ヶ月ぶりのコンサート。やっとコンサートで浪速に帰って来られます。楽しみにしてくれてた人!いるよね?いて下さい(笑)。

せっかくの関西ライブですから、ライブとミットレを少しでも連動させたいなと思っていまして、今回も番組でライブのサブタイトルを募集しています。

俺、サブタイトルが大好きなんだよね。ニョロ なんとか みたいなやつ(笑)。ね、俺が大好きな浪速のライブということで、相応しいサブタイトルを皆様につけていただきたいと思います。めちゃ他力本願です(笑)。皆様の鋭敏な応募の中から、俺が選ばせていただいて、そして選ばれた人を楽屋に招待します!楽屋で談笑してツーショット写真をなど撮りましょう。

場所は梅田にあるロイヤルホースという老舗のライブハウス。AORもオリジナルもガンガン歌うからね。楽しみにしててください。発売などの詳細は、番組ブログ&石井一孝オフィシャルサイトを御覧ください。絶対に来てね!

さあ、次はミットレ名物クイーンスペシャルにいただいた膨大なリクエストから、この曲をおかけしたいと思います。70年代後半、エアロスミス・キッスと並んで三大ロックバンドと呼ばれたクイーンですが、本当にヘンテコなバンドなので、この曲はロックのロの字もありません。笑えます(笑)。

西宮市の女王蜂さん、福岡県久留米市の小山内優子さんからのリクエスト。

クイーンの大名盤「オペラ座の夜」より、Lazing On A Sunday Afternoon!

 

★Lazing On A Sunday Afternoon / Queen 「A Night At The Opera」

https://youtu.be/OU6EyXcFBxA

 

Lazing On A Sunday Afternoon。うつろな日曜日、お聞きいただきました。ボヘミアンラプソディーが収録されてる歴史的名盤「オペラ座の夜」のA面の二曲目の曲。

暗黒を切り裂くようなダークなハードロックの“Death On Two Legs”が終わやいなや…今の能天気なピアノが聴こえてきて、フレディーのとぼけた歌声が始まるんだよね。ふつうこの二曲は繋げないよね?って思います。
変わってるよね。なんかミュージカルの曲みたいでしょ?ロックじゃないでしょ?

このセンスこそがクイーンなんですよ!

はい、熱く語りましたが、そうです!6/13 来月2週目にクイーンスペシャル Vol 3 開催します!ヒュ~!クイーンの曲ばかりかけますからね!はっきり言って濃いよ。楽しいよ。クイーンマニアも初心者も楽しめるように、わたくし石井一孝、選曲・構成いたします。ご期待下さい!

それでは、今夜はミュージカルみたいに叫べこのコーナー!

 

    <俺のAOR>

はい。朗らかに歌ってみました(あほ)。

群馬県の踏み絵さんから「なんやそれ!」っていうユニークな無茶ぶりリクエストが届いています。

「カズさん、こんにちは。いつも楽しく聴いています。さて、私の近況ですが、先日、駅で「ずーしーほっきー」というゆるキャラと遭遇し、すっかり虜になってしまいました。目がイっちゃってる感じがたまりません(笑)。

来年のゆるキャラグランプリでは是非とも優勝してほしいです。ホッキ貝のお寿司からデザインされたという彼(?)の応援歌となるような一曲を選んでください。よろしくお願いします」

ブワッハッハッハッハッハ。ゆるキャラのテーマソングを選ぶ日が来ようとは(笑)。いいねいいね。変なリクエスト大好き。早速ずーしーほっきー 調べましたよ。 これが独特の出で立ちでね。体全体がホッキ貝を乗せたお寿司になってるの。それで、ずーしーほっきー。アハハハハハ。

狂気を感じる、怖い、キモイという評判は狙ったものらしいです(笑)。うん、たしかにキモカワイイ。

はい。わたくしバッチリ思いつくAORソング思いついちゃいました!

北海道の一番南側 函館市のお隣りにある北斗市の公式キャラクター。ずーしーほっきーの応援歌。ザチューブスのスシガール。

 

★Sushi Girl / The Tubes 「The Completion Backward Principle (1981)」

https://youtu.be/E_QGolK1oJQ

 

デビッドフォスター大先生のプロデュース作品 ザチューブスのスシガール。面白い曲でしょ?スーシースシ!っていうサビが、俺にはずーしーほっきーって聴こえます(笑)。

チューブスは超個性的なバンドで、ライブでは30cm以上の上げ底ブーツを履いたり、電気ドリルを持ちながら歌ったり、全裸スレスレの女性の集団が出てきたり、奇抜なロックミュージカル的なステージをすることで有名なんです。そのバンドのスシガール。

こんなネタ曲でもデビッドフォスターのアレンジはいつものように超冴えてるよね。そこが笑えるよね。踏み絵さん、いかがでしたか?

 

お次は一転して、奇抜さゼロ ホッコリ&ウットリなα波満点の癒しAORをお届けします。

三重県の男子 真夜中の宝塚くんからのお便り

「一孝さん、初めまして。この番組を聞いて、自分の好きな音楽がAORっていうんだと知った初心者です。毎週楽しみでなりません。この曲もAORですよね?好きなんです」とのこと。

嬉しいなあ。こうやってAORっていいなーって思ってくれる人が増えるのが、俺の最高の喜びです。もちろん、この曲はAORの代名詞みたいなもの。

オーライト。それではいきます。真夜中の宝塚くんからのリクエスト。

ステファン・ビショップのOn And On

 

★On And On / Stephen Bishop 「Careless」

https://youtu.be/3oByMiF4hPg

 

たまんないよね、この癒し感。ステファン・ビショップはソングライターとしてアートガーファンクルやフィルコリンズに曲を提供している天才アーティスト。天才ソングライター。また歌がめちゃうまで、高音が美しくてたゆたうように流れるような音色なんだよね。彼のアルバムは全部おすすめです。全部買ってもいいくらいです。特に今の曲が入ってる「ケアレス」は一押し。ヘソクリの一部を投入しても買うべきよ、奥さん(あほ)。

俺のAOR、いかがでしたか?皆様の心を癒せていたら幸いです。来週もお楽しみにー。

CMの後は、全国のペット好きの方に捧げる特集をお届けします。まずは猫好き のあなたに贈る曲。何が来るのかなぁ?猫の曲と言ったら、あれですよ…はい残念!猫ふんじゃったではありません。

    CM

 

★Year Of The Cat / Al Stewart 「Year Of The Cat」

https://youtu.be/cqZc7ZQURMs

 

京都府城陽市のミリオンジャックさんからのリクエストで、1976年の名曲 アルスチュワートのイヤーオブザキャット。

今年は酉年ですが、猫年の曲でございました。これね、歌詞を見ても、ミステリアスなレディのことを描いてるのはわかるんだけど、なんで猫年の歌なのかよくわからないんだよね。誰かおせーて下さい。
注目すべきはこのアルスチュワート。イギリスの有能なシンガーソングライターでね、良い曲が多いんだよね。ウィットにも富んでるし知性があるんだよね。このYear Of The Catってアルバムは、あのビートルズのアビーロードを手がけたエンジニア アランパーソンズのプロデュースですから特にオススメです。

さあ、次は犬派のための曲。猫好きのための曲だけだと、犬好きの人が嫉妬するでしょ。このDJ、ちゃんと考えてます(笑)

俺は猫も犬もどっちも好きだね。小さい頃は、犬を飼ってたんですよ。ベアーっていう、犬なのに熊っていう名前の犬だったんですが、俺の目の前でダンプカーに轢かれちゃったんだよね。それ以来、石井家ではペットを飼ったことがないんだよね。

だから飼ってみたい願望はあるかな。たとえば犬を飼うならチワワとかいいよね。ちっちゃくて可愛い。
大地真央さんが猫好きの方で、お宅にお邪魔すると可愛い猫がいるので、猫を見ると猫も可愛いなあ、飼いたいなあっていう気持ちになりますね。どっちも好きですね。

それでは犬派のための曲。アトランタリズムセクションのアルバム「ドッグデイズ」より クレージー!

 

★Crazy / Atlanta Rhythm Section 「Dog Days」

https://youtu.be/vveqN6LtJyY

 

骨太でうねるようなロックなグルーヴ。たまんなくないすか?アトランタリズムセクションで名曲クレージーお聞きいただきました。このドッグデイズってアルバムはジャケットにユニークな漫画の犬が書かれてて犬好きは頬が緩むこと請け合いです。アルバムの内容はミラクル!抜群です!

俺はアトランタリズムセクションが大好き。とにかく曲がいいんです。元々スタジオミュージシャンの集まりなので演奏もめちゃうま。聴き応えがある。男臭くて洗練されてて逞しくてスイート。

もうモテる男の要素全部乗せーって感じ(笑)。「素敵!」…ってオネエか(あほ)。もうオネエ出ちゃうくらいオススメのバンドです。是非チェックしてみてね。

香川県の 動かざること山姥の如し さん

ははは。風林火山武田信玄も山姥になりましたか(笑)。

「石井さん、ノラジョーンズが好きで、家事をしてても仕事をしててもずっと聴き続けていますがまったく飽きません。中毒でしょうか~?」

これはもはや中毒ですね。俺も音楽中毒で、朝から晩まで10時間聞いてても嫌じゃないから気持ちわかります。ノラジョーンズの声がα波出まくってるからね。心地いいよね。

ではいきます。動かざること山姥の如しさんのリクエストで、ノラジョーンズのDon’t Know Why.

 

★Don’t Know Why / Norah Jones 「Come Away With Me (2002)」

https://youtu.be/tO4dxvguQDk

 

2002年の名盤「Come Away With Me」に収録されています ノラジョーンズの大名曲ドンノウホワイ。作詞作曲はジェシーハリスです。

なんて心地いいんだー。声も曲もアレンジも空気感もすべてが風のようで、ジャジーでエバーグリーンな魅力に溢れてるよね。2003年のグラミー賞で、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞の3部門を受賞したのも当然だと思います!世紀の大名曲お届けいたしました。

次もジャジーなフィールの曲をお届けします。「マンスリーカズタカトラックスのコーナー」。石井一孝のオリジナルソングを1月単位で紹介しています。5月の曲は、最新CDのタイトルチューン『Swing in the Midnight Blue』。

 

★Swing in the Midnight Blue / 石井一孝 「Swing in the Midnight Blue (2016)」

 

作詞作曲歌 石井一孝で『Swing in the Midnight Blue』でございました。この曲を作ってる時、Bメロからサビに向かって転調する変なコード進行を思いついたんだよね。やった!と狂喜乱舞しました。そんなあたしは変態でしょうか?はい。変態です(笑)。この風変わりなDJに、この曲の感想のお便り下さいね~。

 

それでは番組ラストは恒例の生歌コーナー。

東京都の結愛さんからの嬉しいお便り

「昨年末のクリスマスコンサートで、石井さんが弾き語りされた『For Tonight』がとても印象的でした。石井さんのピアノを弾いている姿、いつも素敵で大好きです。

あのピアノの音色と歌声をもう一度聴きたいので…是非是非、ON AIRをお願いします…☆」

泣きたいくらい嬉しいなあ。俺はピアノはまったくの独学で習ったことないんだけど、歌の1つの表現方法として必ずステージで弾き語りをやるようにしています。

面白いのは、ピアノの弾き語りって、立って歌うのとはまったく違うんだよね。指先に神経を取られるから歌声を装飾する部分が減って、裸な声になる…そんな気がします。
立って歌う時よりも心が赤裸々にこぼれちゃうというか。
俺の知り合いのミュージシャンで、元スターダストレビューの光田健一さんという素晴らしいアーティストの方がいるんですけれども、光田さんとライブをした時に俺の曲を全部聴いて「石井くんのライブで僕が一番好きなのは立って歌ってる曲よりも弾き語りしてる曲だな」って言ってくれたことがあるんだよね。いつもとは違った化学反応、ミラクルを大事にしたいなと思って毎回弾き語りをしております。

結愛さんの他、マイメロメロディさん、プラム姫さん、胡桃さん、GRIMMさん、ステンドグラスさん、kazuさんからもリクエストが来ています。

作詞、作曲、ピアノ、歌 石井一孝で
For Tonight

 

★For Tonight / 石井一孝 「Xmasコン2016」

 

     CM

本日のミットレ、お楽しみいただけましたか?最後の「For Tonight」どうでしたか?感想を聞かせてくださいね。

  <ミットレお別れ劇場 ビヨンド>

寝屋川市 モテないボーダー女さん
「アニメ・マンガを熱く語るDJさんなら、これは楽勝でしょう!ルパン三世でお願いしま~す!(*^^*)」

 

 

★石井一孝がDJをつとめるラジオ番組 『Midnight Treasures』(ミットレ)。真夜中の宝箱

↓ クリックすると番組ホームページに飛びます

Midnight Treasures バナー

★関西のラジオ局 FM Cocolo 765 (http://cocolo.jp)にて毎週火曜日24:00~25:00 絶賛オンエア中!。そのリピート放送が、時折ですが、日曜日26時~27時にございます。

★Radikoプレミアムに登録していただければ日本中どこからでもお聴きいただけます。沖縄からも北海道からも、もちろんお聴きいただけます。 radikoで「タイムフリーサービス」が開始になりました!ぜひご利用くださいね。 ★AOR・SOUL・ROCK・JAZZ・ミュージカル・石井のオリジナル曲まで「Cocoloを燃やし、Cocoloを癒し、Cocoloを虜にする」…Fabulousな曲しかプレイしません。「生歌コーナー」「ゲストコーナー」もあり。是非聴いてね。

【リクエストコーナー①】

「ハードロック」 「BLACKの曲」 「マンガ・アニメの曲」 「空 SKYの曲」 お題に合わせてエピソードとリクエストを送って下さい。あ、でも曲目だけでもいいですよ。 お題を聞いて、アナタが「あ、この曲にぴったり!」と思う曲をエピソードと共に送って下さい。でも、エピソードが難しそうなら潔く(笑)曲だけでもいいですよ。例えば映画音楽のように、歌が入っていないインストルメンタルの曲でももちろん構いません。

【リクエストコーナー② 無茶ぶりリクエスト!】

これがサタトレの名物なので力を入れています!!リクエストを読まれる可能性が高いから狙い目っすよ(笑)。毎週かならず「無茶ぶりリクエスト」は選曲にからめています。 シチュエーションだけを決めて、選曲を番組DJ:石井一孝に託して下さい。 例えば… 「毎朝ランニングをしているのですが、挫けずに走れる曲をかけて下さい。」 「妻とケンカをしてしまったので、仲直りできるような曲をお願いします。」 …というように、こんな曲を選んで!というメッセージ(無茶ぶり)を送って下さい。 私が無茶な設定にもかかわらず最適な楽曲をオンエアしてみせます(自信満々)。

【③ ミットレお別れ劇場 ビヨンド】

番組の最後をしめくくるメニュー。石井一孝に何かキャラクターを与えて下さい。そのキャラでお別れの台詞を言います。 「Ladies and gentlemen!今夜も真夜中の宝箱 ミッドナイト・トレジャーズを一緒に開けてくれてありがとう。君と過ごす時間が何よりも宝物です。来週も眠かったら瞼にマッチ棒を挟んで聴いてね!おやすみ。」

【ミュージック寺子屋】

CDとLPを35000枚以上もコレクトする俺。洋楽にめっぽう強いんですが、よく知らないアーティストも勿論いますし、詳しくないジャンルもあります。そこで鋭敏なリスナーの皆様にそんな音楽を教えていただきたいというオネダリ感満載のコーナー!

「ローリング・ストーンズ」「ジミ・ヘンドリックス」「デヴィッド・ボウイ」「レッド・ツェッペリン」「ジェフ・ベック」「エリック・クラプトン」「エルヴィス・プレスリー」「キング・クリムゾン」「エルヴィス・コステロ」「ボブ・ディラン」「ジェイムス・ブラウン」「プリンス」「アレサ・フランクリン」「ブラック・サバス&オジー・オズボーン」「マーヴィン・ゲイ」と来ました。

第16回は、「YES」を特集致します。石井一孝(イッシ~)が気に入りそうな美しい楽曲・グルーヴィーな楽曲を教えて下さい。特に男子!立ち上がってくれ!熱いお便りをくれ~!

 

★石井一孝の20曲2枚組の渾身のニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』

swinginthemidnightbluejk

<収録曲>

★『CHESS』より You and I (reprise) with 安蘭けいさん
Where I Want To Be with AKANE LIVさん

★俺の書き下ろした渾身のアダルトAORデュエット『5センチの勇気』with 姿月あさとさん

★『天使にラブソングを』より、エディーの歌う切ない心「I Could Be That Guy」

★『ゾロ ザ・ミュージカル』よりホープ そして ラモンの子守唄。

ご覧のように…ミュージカルも豪華ゲスト様参加オリジナル曲もガッツリ収録しています。特に『ラモンの子守唄』を自分のアルバムでカヴァーしている俳優は、世界中で俺一人だと思います(笑)。 全体に大人っぽいアダルトな仕上がりになっていると思います。ジャズやソウルタッチの曲も多いです。是非是非聞いて下さいね。    

★LIVE DVD 「Swing in the Midnight Blue ~BLACK&BLUE~」絶賛発売中!

SIMB2016_DVD_500x130

石井一孝コンサートDVDダイジェスト映像もぜひご覧ください!我らがハカタニアン 井上芳雄くんとのデュエットが2曲も収録されています。


13 thoughts on “犬猫寵愛の回顧録 FM Cocolo『石井一孝のMidnight Treasures』 #60 (#138) 2017.5.23 生歌は『For Tonight』@Xマスコン2016

  1. こんにちは。やっとここまで来られました。‌
    今回はいつにも増して多彩な曲が満載だった印象です。ずーしーほっきーの姿がとにかく衝撃的でした。奈良市の「せんとくん」とどちらがキモカワイイでしょうか(笑)‌
    Sushi Girlなる曲が存在すること自体にも驚きでした。日本のお寿司、英語圏でもそれはそれは人気です。‌
    でも今日はやっぱりFor Tonight。弾き語りについてのお話がとても印象的でした。心が裸の声。そう思うと、より味わい深さを感じずにいられません。‌
    この生歌も、優しい包容力のある声が心を洗ってくれるようでした。‌
    いつも素敵な歌をありがとうございます。‌

    それでは、今週のブラック特集も楽しみにしています♪

  2. 愛実

    デスノートのお稽古、今日で2幕が終わりそうなんてびっくりです∑(゚Д゚)‌
    石井さんのリューク応援しております!‌

    ★Lazing On A Sunday Afternoon‌
    遊園地の室内アトラクションで流れていそうな楽しい曲ですね〜!楽器を持った熊とかが歌っていそうです。‌

    ★Year Of The Cat‌
    猫好きのための曲すごく好きになりました。イントロのピアノずーっと聴いていたいです。歌詞も物語があってミステリアスで素敵です。‌
    猫の年って何だろうと調べたら外国にはあるんですね。しかも私その猫年だったんです〜!犬も鹿もイルカも好きですが一緒に育った大好きな子が猫だったので猫年で嬉しいですにゃ✨‌
    賢く強い猫だったので犬ならクールな狼みたいな大型犬かなぁと思いながら犬好きのための曲も聴いていました∪・ω・∪‌
    石井さんの小さい頃のお辛い経験、涙ぐんじゃいました。大人でも苦しいのに小さい頃となれば悲しみも大きすぎたのではないでしょうか…その頃の石井さんに「君のポラリス」おくりたいです。私とてもこの曲に励まされたので…。‌

    ★Don’t Know Why‌
    どうしてこんなに癒しの歌声なんでしょう。生まれ持った声でこんなに人の心を癒せるなんて凄いですね(*´-`)‌
    あ、ショーヴランの君どこも、なんて歌声で歌ってくださるの…!いつもこうなの?こんなのみんな恋に落ちちゃうでしょ!って初めて聴いた時の衝撃は相当でした。‌

    ★For Tonight‌
    弾き語りの歌声はミラクルで生まれているのですね✨‌
    石井さんの弾き語りの歌声大好きなので見事にそのミラクルな魔力にやられてました(*'▽'*)‌
    透明でまっすぐで綺麗な歌声、大好きです〜!

  3. ショコラ

    カズさん、こんばんは。‌
    ペット好き必聴との予告に動物?それともトランペット?といろいろ想いをめぐらせたミッドナイトでした。 ‌

     「Walk This Way」‌
    『踊るさんま御殿』のエンディングテーマだったんですね。知りませんでした。‌
    エアロスミスの曲はファンの方からは怒られてしまうかもしれませんが(汗)、歌詞がドッキリなのでサラっと聴き流し てメロディーを楽しんでいることが多いかもです。 ‌
    大好きな Don't Want to Miss a Thing をデモ音源のような(笑)DJさんの声で聴けたのはレアでした!‌

     「Year Of The Cat」‌
    子供の頃はいつも犬や猫がいる家に育ちましたが、今は日中に家をあけることが多いので、留守番が可哀そうで飼っていません。‌
    人懐こいワンちゃんもたまらなく可愛いですが、猫の自由気まま、プライドも高くて気難しいところも魅力があります。‌
    この曲の妖しげな雰囲気にも惹かれました。‌

     「Don't Know Why」‌
    爽やかな今の季節にピッタリな曲ですね。‌
    ノラ・ジョーンズはあまり聴いたことがないので、これから他の曲もチェックしてみます。‌

     「For Tonight」‌
    今回のオンエアで一番、心に直球ストレートの曲でした。オリジナルの曲の中で再生回数がNo.1の大好きな曲です。‌
    小倉さんとのギターの熱いCDバージョンも好きですが、ピアノ一本の弾き語りの繊細な響きもまた、たまらなく好きです。‌
    また、コンサートで是非、聴かせてください!‌

    デスノートのお稽古にお忙しい毎日と思います。‌
    お体に気をつけて頑張ってください♪

  4. Kaori

    教授、こんばんワン!(U・x・U)‌

    遅くなりましたが、ニャン(=ΦエΦ=) とかコメントを仕上げました。‌
    半分以上は週末に書いたので、週末モードのコメントが混じっています。(^_^;)‌
    リアルタイムで聴いている時の脳の働きが著しくひどく、記憶が欠如していることが多いと最近(いまさら?) 気づいたのですが、この回は録音で聴き直してかなり曲の印象が違って感動しました。特に犬猫ソングがよかったです。‌

    ★Walk This Way / Aerosmith‌
    『踊る!さんま御殿!!』は見ていませんでしたが、この曲は知っていました。このリズム、この圧力、音楽オンチな私でも頭を上下に振りたくなりますね~。‌
    あっ!この曲に合わせてお説教してくれたら、頭を上下に振って分かった振り出来そうだわ~!(あほ)‌
    ライブ動画も熱いですね~。なぜかノリノリでナイスバディの美女なお客さんがよく映っていますね。美女ワンサカ。というか、エアロスミスの皆さんもカッコイイですね。‌
    Σヽ( ゚д゚)ノ ワッ!! サーカスみたいなことまで!背中でギター弾いているー!‌
    エアロスミスのライブ行ってみたくなりました~♡‌

    ★Lazing On A Sunday Afternoon / Queen‌
    まさにダラダラしているSunday Afternoonに聴きました~♬ ‌
    いいですね~。そろそろ家事しないとなぁ~どうしようかな~。と思っていましたが、このままミットレを聴き続けることにしました!(笑)‌
    唯一無二の個性的な曲。Queenならではです!素晴らしいです!‌

    <俺のAOR>‌
    もう今週の雄叫びは超~~☆ヽ(最´∀`高)ノ★でした!‌
    先日のズンドコ節で演歌もイケると思いましたが、こっち方面もかなりイケると思います!(≧∇≦)b っって、どっち方面ねん。‌
    今までの好きな雄叫びの中のベスト3に入るかも。(*´艸`*)‌

    ★Sushi Girl / The Tubes‌
    とてもオモシロイ無茶ぶりでした!変な無茶ぶり、リスナーの私も大好きです♪‌
    ずーしーほっきーは初めて知りました。ミットレは勉強になります。たしかに目の焦点が合ってないですね。こんなオモシロで難しそうな無茶ぶりに、こんなにナイスでピッタリなAORを選ぶとは…さすが音楽マニアのDJさんです!(脱帽)‌
    しかも、デビッドフォスター大先生のプロデュースとは…(@_@;)‌
    オリエンタルチックなノリノリ感に心弾みます。動画の超ヘンテコ・ネタ、大爆笑です! ‌

    ★On And On / Stephen Bishop‌
    パソコンから出てきたα波のシャワーを浴びました。素晴らしき癒しの曲でした。‌
    「Careless」しっかり持っていますが、こうしてDJさんの納得の解説があると、聴き方も効果(笑)も変わってきます。‌
    私もAOR初心者の頃にStephen Bishop買いましたよ~。とてもお気に入りです♪‌
    ライブ動画で「Stephen Bishop」と掲げられたライトの下で歌うStephen Bishopをみて、あったかい気持ちになりました。(#^.^#)‌

    ★Year Of The Cat / Al Stewart‌
    猫に心を救われたことのある身としては、猫はとても大切な存在です。‌
    とは言うものの、この曲のピアノのイントロは、まるで猫が気高く美しくやってくるかのようなイメージにぴったりで、思わずほくそ笑んでしまいました。‌
    所々、気まぐれに入る様々な演奏のパートと音色がとてもきれいで、かつ癒されます。‌
    すっかり猫の曲に思えてしまい、愛おしい1曲となりました。(ノ∀`*)‌

    ★Crazy / Atlanta Rhythm Section‌
    この曲自体は犬とは関係ないですが、こちらは大きな犬(オス)が堂々とやってくるかのイメージにぴったりで、またまたほくそ笑んでしまいました。今もニヤニヤしてこの曲を聴きながら書いています。はい。クレイジーです。動物を念頭において音楽を聴くのも楽しいですね。‌
    外国では巨大な犬が家や街にいたり、その散歩に付き合ったり…と、大人になってからなぜか巨大犬に縁がありますねー。これもまた可愛いんですよね。こちらも愛おしい1曲となりました。(ノ∀`*)‌

    ★Don’ t Know Why / Norah Jones‌
    男臭い曲の次は、フェミニンのアロマ・癒しの息吹たっぷりの曲でしたねー。‌
    イントロを聴いた瞬間から、癒しの部屋にお邪魔した気分でした。なんか音源が他の曲に比べてとてもクリアで演奏が飛び出てくるようでした。‌
    あ、α波が出てきているのですね。(*´∀`)‌

    ★Swing in the Midnight Blue / 石井一孝‌
    黒い恐怖感と色気が増してきているシンガーさん。ますますこの曲が馴染み、もはやアダルトソングの代表格ですね。‌
    8月のライブではもちろん、デスノートで教授と出逢う多くの人に聴いてもらいたいです!!‌
    AORと一緒にDJさんの大人の魅力を全国に広げて行きましょう!‌

    ★For Tonight / 石井一孝 「Xmasコン2016」‌
    弾き語りのお話を共感しながら聴きました。多くの方もそうだと思いますが、私も教授の弾き語りが格別に好きです。最初に聴いた時は本当にドキドキ・感動・じ~~~~んヽ(;▽;)ノでした。‌
    こうして音源だけで改めて聴くと、ピアノの音色の優しさとぬくもりがよく伝わってきます。‌
    歌もより情感が込められていて、艶々な美声がゆっくりとよく伸びていてロマンティックでドキッとします。‌
    ピアノを弾く時の表情も鮮明に思い浮かんできます。‌
    音楽と聞き手に愛を込めて弾き語りをしているんだなぁ~、と毎回しみじみと感じながら聴いています。‌
    愛してやまない名曲のオンエアありがとうございました。‌

    <ミットレお別れ劇場 ビヨンド>‌
    あはは。よく似ていますね。しかも2役!o(^▽^)o‌
    モノマネまでして楽しませてくれるDJさん、素敵です!゚+.゚(´▽`人)゚+.゚

  5. コロコロ

    石井さん、こんばんは。‌

    連日デスノートのお稽古お疲れさまです。‌
    Twitterでの迫力いっぱいのリュークにびっくりしました。‌
    初日まで1ヶ月切りましたね。めちゃくちゃ楽しみです。‌

    ★Walk This Way‌
    はい。この曲、知っていました。‌
    ギターがかっこよくて、ノリノリになりました。邦題にびっくりしました。‌

    ★Sushi Girl‌
    こんな曲があるんですね。‌
    曲より気になったのが「ずーじーほっきー」でした。私も、調べました(笑)‌

    ★On And On‌
    めちゃくちゃ癒されました。「Careless」以前にも紹介されたような…。いつの間にかアルバムの名前を覚えたみたいです(笑)‌

    ★Year Of The Cat‌
    ピアノの音がきれいで、歌声もステキですごく癒されました。‌
    回顧録限定の昔飼っていた犬のお話、切なくなりました。私も、飼っていた犬が亡くなってから、飼えなくなりました。‌
    未だに、飼うのは、ちょっとと思っしまいます。‌

    ★Don't Know Why‌
    またまた、癒されました。ミットレ中のCMによくかかっていたので、すっかりお気に入りの曲になっていました。‌

    ★For Tonight‌
    石井さんのお話を聞いてからだったので、いつも以上に愛しく感じました。‌
    コンサートでの弾き語り、毎回楽しみです。心に「じわ~」と、染み渡る感じがたまらなく好きです。‌

    ★お別れ劇場ビヨンド‌
    ルパン三世、めちゃくちゃ似ててびっくりしました。‌

    とっても癒された1時間でした。‌
    動物と過ごすといつの間にか癒されているので、まさにそんな癒しの時間でした。αいっぱいの選曲の数々、ありがとうございました。

  6. 惠子〜♬

    赤津崎教授っ!‌
    『情熱マニア日記』の更新…‌
    2017年に入り…益々…‌
    熱くなる…素敵な音楽…かっこいい音楽…‌
    そして…爆笑もいっぱいの…‌
    『Midnight Treasures』〜♬〜ON AIR〜と‌
    熱い回顧録執筆…‌
    ありがとうございます♪‌
    ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪‌

    犬猫寵愛の回顧録…#60(#138)‌

    今回のON AIR〜♬〜も‌
    オープニングからエンディングまで…‌
    とっても…美味しい…メニューでした♪‌

    オープニング〜♬〜‌
    『Walk This Way』‌
    かっこよかったあ…(*^◯^*)/‌

    ず〜し〜ほっき〜に爆笑し…‌
    『Sushi Girl』〜♬〜‌
    流石でございます♪‌

    毎週のON AIR〜♬〜される曲…‌
    赤津崎教授から…‌
    教えていただく曲達は…‌
    お気に入りが…たくさんです♪‌

    このON AIR〜♬〜で…‌
    特に、お気に入りは…‌

    Al Stewart‌
    『Year Of The Cat』〜♬〜‌

    Queen‌
    『Lazing On A Sunday Afternoon』〜♬〜‌

    この2曲が…とってもお気に入り曲♪‌

    Monthly Kazutaka Tracks‌
    『Swing In The Midnight Blue』〜♬〜‌

    素晴らしい曲を誕生させた‌
    赤津崎教授の才能に、‌
    驚かされた…‌
    とっても大好きな曲です…☆…(*^_^*)♪‌

    生歌…☆…〜♬〜‌
    Christmas☆Concert〜音源‌
    『For Tonight』〜♬〜弾き語り〜‌

    アルバムに収録されている…‌
    『For Tonight』〜♬〜の音も…歌声も…‌
    もちろん…大好きなのですが…‌

    赤津崎教授の…‌
    ピアノの音色と歌声で聴く…‌
    『For Tonight』〜♬〜は…‌
    赤津崎教授の別の彩りを感じます♪‌
    いつも…心のあるピアノの音色…‌
    指先からも心を感じる…‌
    赤津崎教授の音が…大好きです…(*^_^*)♪‌

    これからも…たくさんの弾き語りを‌
    聴かせてくださいね…☆…〜♬〜‌

    次回の…ON AIR〜♬〜も‌
    楽しみにしています…☆…(*^◯^*)/〜♬〜‌

    赤津崎教授っ!‌
    最近は…ON AIR〜♬〜の感想を‌
    書くのを…さぼったり…遅くなったりで…‌
    ごめんなさいm(._.)m

  7. GRIMM

    こんにちは。‌
    大阪ライブ、ミットレとの連動企画も発表されてますます楽しみになっています\(^o^)/‌
    素敵なライブになりますように☆‌

    ★Lazing On A Sunday Afternoon‌
    何ですかこの曲は!←大絶賛しています♪‌
    可愛くて楽しくて、昔のサイレント映画にも似合いそうなイメージです。‌
    まさにQueenの世界ですね。すごく好きです。‌
    6/13にはクイーンスペシャルが開催されるのですね!‌
    第三弾、楽しみにしています♪‌

    ★On And On‌
    優しい歌声とメロディーに癒されました。‌
    先日購入したAOR AGE Vol.7がちょうどStephen Bishop「Careless」特集だったので、ものすごく興味深く読んでいます。アルバムも全部欲しい勢いですが、まずは「Careless」をじっくり聴きたいと思います♪‌

    ★Year Of The Cat‌
    イントロからもう、ひと聞き惚れです☆‌
    歌声も好きですが、メロディーも音色も全ての音から感じる世界観にハマりました。‌
    素敵な曲をありがとうございました♪‌

    ★For Tonight‌
    かずさんの弾き語りが大好きなのですが、「For Tonight」は特別に好きです。‌
    弾き語りと立って歌う時との違い…改めてお話を伺うと感激度がまた増してきます。‌
    またコンサートで聴けるのを楽しみにしてますね。‌
    オンエア&素敵なお話をありがとうございました☆‌

    次回のミットレも楽しみにしてますね♪

  8. ちあき

    赤津崎先生‌
    おはようございます。ペット好き必聴ミットレ、家族に猫がいる私にはたまら~んナンバーで楽しく聴かせていただきました。‌

    ◆好きなナンバー‌
    ★Walk This Way / Aerosmith‌
    この曲はめちゃ知ってました。オープニングからテンション上がりました。ファンキーでダンサブルでご機嫌で大好き。邦題「お説教」は面白いですね。お説教どころか「ちょっと悪さしちゃおう」的な感じじゃないですか(笑)ギターフレーズもめちゃかっこいい!!‌
    エアロスミスはゴテゴテのロックばかりではなくて、ポップス的なメロディーも多くて親しみやすいイメージがあります。アルマゲドン「 I Don’t Want to Miss a Thing」も大好きです。‌

    ★Lazing On A Sunday Afternoon / Queen ‌
    クイーンとは思えない(笑)楽しくて可愛い、オモシロな曲で大好き。ギャクのようなナンバー(笑)途中の転調も好きです。クイーンのジャンルの幅広さにはほんとにびっくり。‌
    クイーンスペシャル第三弾、楽しみにしています。クイーンのいろんな曲、いっぱい聴きたいです。‌

    ★On And On / Stephen Bishop‌
    心がほっと慰められるような、爽やかで優しい清涼飲料水のような曲ですね。ほんわか包まれるようなあったかさが魅力のナンバーです。‌

    ★Year Of The Cat / Al Stewart ‌
    イントロのフレーズから大好き。ミステリアス、ポピュラー、爽快感、癒し、滑らかさ…いろんな要素が入ってすごく素敵な曲でとても気に入りました。猫にふさわしくフレーズの雰囲気がどんどん変わるので「気まぐれ、気まま」って感じもしますね(笑)先の予想がつかない曲展開もとても好きで。深く心に残る大好きなナンバーになりました。‌
    ご紹介ありがとうございます。‌

    ちなみに「猫年」について検索してみたら、日本には「猫年」はないですが、チベットやタイ、ベトナムには「猫年」があるようです。日本の「兎年」に代わる形で干支に入っています。‌

    ★Crazy / Atlanta Rhythm Section ‌
    がっちりしていて揺るぎなくて、どっしり感があってかっこいい!!グルーヴ良いですね~そしてとっても聴きやすいです。‌
    ジャケット写真見たかったので、アップいただきありがとうございます。ユニークで可愛い!!‌

    赤津崎先生は犬、猫、両方お好きなのですね。私は今までほぼネコと一緒に暮らしています。今飼っているネコも12年目になりました。迷いネコだったのですが、家にいてほしいがためにろくにしつけもせず、すっかり甘やかしてしまい(笑)内弁慶な猫です(笑)‌
    とても可愛いので、ずっと元気でいてほしいです。‌

    ★Swing in the Midnight Blue / 石井一孝‌
    ん~ムード満点、アダルトさ満点、お洒落とセクシー度満点で最高!!Bメロ→サビのコードもすごいし、イントロから与えるインパクト大ですよ~初めて「Swing in the Midnight Blue」を聴いた時には「こんなすごいジャズの曲があったんだ~」とひっくり返りそうでした。この曲を生み出してくださってありがとうございます。‌
    リスナーの皆さんには夜中に曲をヘッドフォンで聴くことをお勧めしたいです。歌と1つ1つの楽器の調和が素晴らしいです。‌

    ★For Tonight / 石井一孝‌
    弾き語りの「For Tonight」とても素敵です。弾き語りの醍醐味、ピアノならではのあたたかさと優しさ、この曲によく合っていると思います。歌声がより赤裸々に…弾き語りだからこそ伝わる心の響きかもしれないですね。‌
    歌詞もわかりやすくて情景がイメージしやすく、すごくロマンティックな世界が描かれていて、私には愛すべき夏の最高のバラードです。凝ったコードも曲に彩りを添えていますね。‌
    赤津崎先生の弾き語りは大好きです。これからも赤津崎先生の心をいっぱい感じたいので、弾き語り聴かせてくださいね。‌

    AORのコーナーは毎週とっても楽しみ。赤津崎先生に教えていただくまでAORというジャンルも言葉も知らなかったです。素敵な曲との出会いがたくさんあり、嬉しく思っています。‌

    個人的にはチューブスの個性的過ぎるライブパフォーマンスを一度見てみたい(あほ)と思いました(笑)‌

    ビヨンドのルパン、めちゃ似ていて拍手!!ウケました(笑)‌

    赤津崎先生が向き合うリュークとの日々、応援しています。‌
    お稽古頑張ってくださいね!!

  9. ikuko

    『デスノート』のお稽古も始まりリュークモードになりつつある中、‌
    大阪ライヴの告知や構想も盛り上がってきましたね。‌
    たくさんのミットレリスナーがライヴに参加してくれるといいですね。‌
    個人的には男性リスナーの野太い声援も聞きたいです(笑)。‌

    さて、今週の感想です♪‌

    ★Lazing On A Sunday Afternoon‌
    スキップするようなピアノのイントロから始まり、全くロック感のないキュートな曲調とフレディのとぼけた声でワンコーラス終わるやいなや、‌
    ギターのフレーズがめっちゃカッコいいじゃん!と思っていたらもう終わり?‌
    なんだか狐につままれたような感じですが、それゆえに短くてもインパクトのある曲です。‌
    歌詞もユニークですね。‌
    アルバムではハードな2曲の間に挟むという発想も大胆ですね。‌
    こういう遊び心満載の曲にフレディの独特のセンスを感じます。‌
    Queenスペシャル3待ってました!‌
    超QueenマニアなDJさんがたった2回のスペシャルで終わるはずない…終われるはずないと思ってましたから(笑)。‌

    ★Sushi Girl ‌
    今週の目玉でしょう!(笑)‌
    まさか海の向こうで日本の寿司がネタにされてる曲があるとは思いませんでした。‌
    しかもめちゃカッコいいし、デヴット・フォスター大先生のプロデュースなんて、‌
    先日博多で初めてゴマサバにお目にかかった時と同じくらいの生ものから受ける衝撃でした(あほ)。‌
    和テイストとテクノの雰囲気を取り入れて、サビは1度聴いたら忘れられないほどキャッチーでユニーク。‌
    動画のパフォーマンスもキテレツで破天荒ですね〜。‌
    そして何よりも無茶ぶりにドンピシャな曲を探してくるDJさんの膨大な知識とボケセンスに脱帽です。‌
    ずーしーほっきーもこんなカッチョええ応援歌に喜んでいるのでは?‌

    ★Year Of The Cat‌
    どちらかというと猫よりも犬派ですが、この曲は自分がメス猫になったような気分になりました(笑)。‌
    ピアノとアコギの繊細な音色がクールで妖艶で摩訶不思議な雰囲気を醸し出してますね。‌
    後半からは美しいストリングスが曲の世界観を盛り上げてますね。‌
    サックスも色気があって見事なアレンジ構成でお気に入りの1曲です。‌

    ★Crazy‌
    こちらは犬のような骨太なサウンドですね。‌
    「Year Of The Cat」と対比した曲調を持ってくる構成がいいですね。‌
    キーボードのリフのフレーズが印象的です。‌
    うんうん、男臭くて洗練されて逞しい理想の男性像のような曲です。‌
    あれ?昔飼っていた犬の話や大地真央さんのお宅の猫の話はオンエアになかったですよね。‌
    回顧録のみのサービスですか?(笑)‌

    ★For Tonight‌
    弾き語りの声は装飾されてないから素の歌声であるという深い話をありがとうございます。‌
    素の歌声ということは素の感情が届けられているということにもなりますね。‌
    素敵です!‌
    そういう意味でもこの曲は弾き語りにピッタリな曲ですね。‌
    更に素敵です!‌
    そんなことを踏まえてこの曲を改めて聴いてみると、「歌う」と「語る」の中間のような表現が心に沁みてきます。‌
    「夜の雲」も気持ちを赤裸々に語るという歌詞で弾き語りに相応しい曲ですよね。‌
    次回から弾き語りの曲を聴く時の気持ちがちょっと変わりそうです。‌
    クリスマスコンサートの時は季節は冬でしたので「冬花火」をイメージしながら聴いてました。‌
    いつ聴いてもあたたかさに包まれるような曲で大好きです。‌

    ルパンはソックリでしたよ〜!‌
    とっつぁんまで登場させてかなりノリノリでしたね。‌
    とっつぁんも激似でしたよ。‌
    不二子ちゃんや五右衛門も加えて「ひとりルパン三世」もできるんじゃな〜い?(笑)‌

    2週続けてタイムフリーで聴きましたが、来週はミッドナイトにお会いしたいと思います。‌
    楽しみにしてます。

  10. ★kaoru★

    かずさん、こんにちは。☀︎☁️‌
    ‌‌
    ブログの更新と…回顧録… ✐☡‌‌
    ありがとぅございます♪♪‌‌
    ‌‌
    今週の『Midnight Treasures』も…‌
    素敵な選曲と楽しいトークで…‌
    あっという間の1時間でした…。 (p_q*)‌

    繰り返し…聴きながら…。 (*´艸`*)‌
    回顧録に沿って…‌‌
    振り返ってみたいと思います。 ‌‌


    ★Walk This Way‌
    うぉ〜っ!!‌
    来たね♪来たね♪♪‌
    1曲目からエアロスミスだぁ…って思いながら聴いていました。 (^-^)♬‌
    この曲は…。‌
    そぅなんです…。‌
    これまでにも聴いていたけれど…‌
    『踊る!さんま御殿!!』のエンディングテーマで流れているので…今でも馴染みの曲ではあります。‌
    昔に比べて…すっかりテレビを見る機会は減ったけど…💦‌
    さんまさんのトークは面白いので…時々、今も見ることがあります。‌
    えっ?‌
    邦題は…『お説教』っていうのですか?‌
    お説教はつらいなぁ…💦‌

    ★Lazing On A Sunday Afternoon‌
    またまた…来たぁ…♬ o(≧▽≦)o ‌
    ちょっとレトロっぽいピアノの演奏から始まり…。‌
    なんだか…演劇的…。‌

    このフレディーの歌い方…♬‌
    録音の仕方…通常と違いますよね?‌
    多重コーラスとかは普通の感じなんだけど…。‌
    メインで歌っている声が…違う…って…。ずーーーっと聴く度に思ってました。‌
    そしたら…真実を知ってビックリ‼︎‌
    普通に歌った声をスピーカーの代わりにヘッドフォンで再生し、そして、そのヘッドフォンをブリキのバケツに入れ、その中で響く音をマイクで拾ったとか…⁈‌
    だから…少し籠ったよぅな…‌
    なんとも言えない聴こえ方になっているのですね。‌
    こぅいう凝ったアレンジ大好きでーーす!!!‌
    聴いていくうちにあっという間に曲が終わってしまうので…。‌
    色々と余韻が残ってしまう曲です…。‌
    「オペラ座の夜」のA面の二曲目の曲…って…すぐ出てくるところが…‌
    やっぱり…かずさんですね…。(*´艸`*) ♬‌

    6/13にクイーンスペシャル Vol3がON AIRされると聞いて…♬‌
    とっても…とっても…嬉しいで〜す♬♬‌
    今から楽しみです〜♪♪ ‌

    ★Sushi Girl ‌
    “俺のA〜O〜R”の雄叫びも…‌
    えぇ声でした…。 😍‌
    ゆるキャラのテーマソングまで…応えてしまう…かずさんの凄腕に驚いてしまいました。‌
    聴いてみたら…あら素敵…☆.。.:*・゜‌
    デビッドフォスター大先生のプロデュースでありながら…初めて聴いた曲でした。‌
    演奏も…チントンシャン〜♪と…‌
    『和』に聴こえる部分もあったり…‌
    (この表現…伝わるかなぁ?)‌
    彼達は日本びいきでもあったのかしらん?‌
    …と想像してしまいました。‌
    ライブではかなり過激な感じなのですね。‌

    “ずーしーほっきー”‌
    ON AIR中に…どんなゆるキャラなのか?‌
    …思わずググってしまいました…。‌
    目がイッちゃってて…可愛いかったです。‌

    ★On And On ‌
    以前にも…かずさんが『Careless(ケアレス)』…というアルバムがお薦めだと…‌
    言ってらしたので…ずっと聴いていたことを想い出しました…。‌
    本当に…このAlbum…全曲お薦めですね。‌
    最近…聴いてなかったので…💦‌
    また聴いてみよぅ…っていう気持ちになり…またまた聴いています…♪‌
    高音がほんとうに綺麗で…癒しの声ですね。‌

    ★Year Of The Cat‌
    少し…長めのイントロ…‌
    どんな曲が流れるのだろう…って思っていましたが…‌
    間奏の…ピアノの音色…🎹‌
    ストリングス…🎻‌
    アコギ…🎸‌
    ひとつひとつの楽器の音色が綺麗に…融合して素晴らしかったです!!‌
    この数日間…何度も聴いてしまいました…。‌
    そのぐらい…心に残ってしまいました。‌

    ★Crazy ‌
    アトランタリズムセクション…初めて知りました。‌
    確かに…聴こえてくるギターの音とか…。ギターテクニックが際立ってるなぁって感じました。‌
    もともとスタジオミュージシャンだったのですか!!‌
    そりゃ演奏も上手いわけですね。‌
    スタジオミュージシャンってことだと…。‌
    歌い手さんに合せて演奏したり演奏テクニックを磨いたり…様々な要求に応えないといけないから…音楽に常に触れて…‌
    音楽の世界の流行りや流れに敏感になりながら創りだすのかなぁ。‌
    かずさんが…以前に…おっしゃってたAORの産地別の録音についてお話されていたことがありますが…‌
    アトランタ…って名前からすると…南部?‌
    そもそも…ロック・バンドだから…この比較は間違っているかもしれませんね…💦‌
    職人魂いっぱいの演奏でした♪ 他にもっともっと聴いてみたいです。‌

    ★Don’t Know Why ‌
    Norah Jones…私も大好きです…。‌
    この曲は…何かのCMでも流れていたので…知っている方が多いかもですね。‌
    とにかく…歌声がいいですね…♬♪‌
    メロディーを聴いていると…なんだか切なくなってくる…。 😢‌
    英語の歌詞をみてみたら…。‌
    やっぱり切ない歌詞だった…(p_q*)‌
    2002年の名盤なのですね…。‌
    もっと昔の曲だと思っていました…。‌
    かずさんのアーティスト紹介のプロフィールをお聞きし…たくさんの賞を取った方なんだと初めて知りました。‌
    かずさんの解説が…。‌
    毎回…詳しくて…わかりやすくて…♪‌
    いつも…うんうんと頷きながら聞いています…。(^-^)♪‌

    ★Swing in the Midnight Blue‌
    この曲が誕生した秘話…エピソード…。‌
    何かの機会に…そぅいうお話が聴けるのは…とっても嬉しいです。 o(≧▽≦)o ‌

    Bメロからサビに向かって転調する変なコード進行を思いついた…‼︎‌

    Bメロだと…。‌

    ♪波打つ追憶…失った痛み纏って…。‌

    ここから曲調が変わるから…‌
    この部分がBメロ…かな…。 (*´艸`*) ‌
    ※もし間違っていたらごめんなさい。‌

    この部分…大好きです。‌
    どぅやって…突然…このメロディーが浮かぶのか…不思議…‼︎‌
    かずちゃん天才!! 😘‌

    Aメロから…この流れになるBメロ…‌

    “ 波打つ追憶…失った痛み… ”‌
    …までが…。‌
    ジャジーなリズムが少し…‌
    ややゆったりとした感じになり…。‌
    “ 纏って…♪ ”の…あとからドラムもストリングスもサビに向けて演奏が盛り上がる部分も好きです。‌
    2番の“ 囁き… ” …のあとの部分は…。‌
    よりゴージャスな演奏になっているところも好き♪‌
    この部分は際立つ楽器の演奏が全部違うところが凝っているなぁ…って思っています。‌
    このバンドスコアも…かずさんが考えたんですょね〜?‌
    そぅ思うと…ほんとうに一曲ずつ毎回聴いていると様々な発見があったり好き度が増してきます。‌
    この複雑なメロディーに乗せて…‌
    歌う…かずさんの歌声が…とってもお気にいりです。 (〃▽〃)‌

    ★For Tonight‌
    初めて聴いた時から…一耳惚れして…。‌
    ずーーーっとずーーーと大好きな曲です。‌
    コンサートでは…ピアノの弾き語りが大好きで…。‌
    ずっと弾いている姿と…歌声を聴いていたくなります…。 (ˊo̴̶̷̤⌄o̴̶̷̤ˋ) ‌
    元スターダストレビューの光田さんが仰ってらした言葉も…すごく共感出来ます。‌
    指先に神経を取られるから歌声を装飾する部分が減って…裸な声になる…。‌
    立って歌う時よりも心が赤裸々にこぼれちゃう…ほんとに…そう感じます。‌
    イントロのピアノのメロディーから…‌
    優しいメロディーで…‌
    全体的にも…優しさ溢れた包容力のあるメロディと歌声に…キュンとなってしまいます。‌
    ずっと…この曲を歌い続けて欲しいし…‌
    聴いていたいです…。‌

    ミットレ劇場 ビヨンド‌
    めちゃくちゃルパンと…とっつぁんが似ていて…大爆笑してしまいました。‌
    チュッ…💋の声…(音?)も…‌
    よかったです…。 (∗ᵕ̴᷄◡ᵕ̴᷅∗)՞ ‌

    次回の…☪︎⋆。˚✩‌‌
    ON AIRも楽しみにしています…♬♬

  11. ベーコンブルース

    あ、すいません。曲タイトル消えてました。‌
    Imaginary Lover と Do It or Die とで大歓喜した15の夏でした。なんちゅうJKや(笑)。‌
    この辺りもたまらんですよねー。

  12. ベーコンブルース

    今週もごちそうさまです(笑)。‌
    ナイ選の嵐の中、個人的には何と言ってもARSに尽きます!!!‌
    Japan Jam2@横浜スタジアムで、ARS観てます!高1の時です。‌
    この時点で既に変態マニア化してましたので類は友を呼び(笑)、ARSとカラパナ目当てで同好同級生達と行きまして、とで大歓喜しましたねー。‌
    この前年にはJapan Jam@江の島、翌年にはCalifornia Live@浜スタ、と「夢のような」なんて表現では語りつくせない来日陣での野外ライヴが、三年連続で開催されたのです。‌
    夏フェスなんて名称が存在しない時代のこと。‌
    ファイアフォールにハート、最愛のリンダ、そしてロニーを体験できたことは一生の宝物であり、自慢材料でもあります(笑)。‌

    最近のミットレには70-80s音楽マニアを驚愕させるアーティストや曲のフィーチュアが、以前にも増して多々あるんです(^^)‌
    周りの音楽仲間との話題にのぼることも、しばしばです。‌
    さすが、「持って」らっしゃいますねー!!‌
    どうか、これからも変態トップグレードDJとして重篤リスナーを楽しませてください!

  13. 視野の狭いうり坊

    回顧録アップありがとうございます!‌
    本題に入るまでの、大阪ライブの告知&サブタイトルリクエストおねだりがメッチャ長いですね~(笑)‌
    ごめんなさい。まだ、サブタイトル、神様からなーんも降って来なくて応募できていません。‌
    このままずっと降りてこなかったらどうしましょー💦‌

    ずーしーほっきーの画もわざわざ載せていただき、マメマメなDJさまに感服してます。‌

    今回のリクエストでは、冒頭のエアロスミス、『Year Of The Cat』&『クレージー』がインパクト大でした!‌
    ド素人の私に、上手い下手は、まだ分からないので、『あ、この曲、なんかいいかも』と思いながら聴いているレベルでなんすけど(笑)‌
    あとからDJさんの大絶賛コメントを聴いて、へーこういう視点で音楽って聴くんだーってものすごく勉強させてもらっています。‌

    『For Tonight』の弾き語り🎹ステキですね。‌
    弾き語りとフツーにマイクに向かっているときの声は違うんですね。‌
    その笑顔、僕が守ろうだなんて、面と向かって好きな男性から言われたら‥‥キャーですよね。‌

    お別れ劇場ビヨンドのルパン三世も、とっつあんも、大爆笑。‌
    特徴を的確に掴んでいらっしゃいますね。ホントに凄いです!‌
    来週の放送も楽しみにしています。‌
    デスノートのお稽古も頑張ってくださいね。

Comments are closed.