小草生月のミットレ回顧録 2021.2.23

こんばんは! 石井一孝です。
「FM COCOLO 765 Midnight Treasures」。
この番組は ミュージカル俳優でシンガーソングライター、
そして レコードコレクターの 私:石井一孝の選曲でお送りする1時間。

〜Midnight Blueな夜の帳が…あなたの心を優しく撫ぜるひととき・・・真夜中の宝箱 〜

ハローミッドナイト!
皆さんお元気ですか?
俺はサイドウェイの稽古真っ最中です。
アカデミー賞を獲得した名作映画の舞台化ということで、
身が引き締まる思いなんですけれども、
俺は生粋のオナゴ好きの「おいおい君、そんなことしていいのか?」みたいな、そんな人なんですよね。
なので、毎日ストレスがない。
ないんかーい!みたいな感じですけどね。
まあタガが外れると人間生きやすくなりますね。
俺を止めるものない!って感じです。
はい、ボケはこの辺にして、まずは最初のお便り読んでみたいと思います。
最近男子リクエスト率が高いんだよね。いいね。

阿倍野区の男子 Pyoさんからのおたより。

「石井 兄 殿
ギターマガジンのThe Guitar Of BN-LAという
2枚組2000円のコンピレーションCDはご存知ですか?
ブルーノートレーベルからピックアップされた選曲・・・
知らない僕には入門CDと思いきやなんとR&B?ディスコ?スゲーなぁ
まぁチャカポコギターが大好きな僕には最高!
そして何よりも敬愛するデビットTウォーカーさん。
さすがでござんす!座布団10枚。
美味しい!おいしい!デンジャラスです。」

相変わらずPyoさんの文章って奇天烈感あっていいよね。
アッハッハッハ。
ハイテンションで素敵な文章だと思いますよ。

 

続いて奈良県奈良市の男子 Nobuさんのおたより。

「石井さん、挑戦状。
先日のオンエアで、マイゼル兄弟のことを語ってましたね。
遂に来たかと思いました。
マイゼル兄弟といえば、Donald Byrd、Donald Byrdを
知らないDJさんはモグリですよね。ふふっ。」

アッハッハッハ。
Nobuさんはいつも挑発的な文章を送ってくるんだよね。
その挑む感じ好き好き。
やっぱりマニアなんでコアなところで勝負してくれる方、大好物でございます。
血が燃えたぎりマス。

マイゼルブラザーズのことは後で語るとして、
この2つのリクエストから浮かび上がってくる楽曲、
二人のリクエストを総括して紹介します。
Donald Byrd「Love’s So Far Away」

1973年のナンバー、Donald Byrd「Love’s So Far Away」お届けしました。
この疾走感なんなんだ。
このおしゃれさ、このコードのかっこよさ、そしてうねるようなグルーブ。
これを名曲と呼ばずして何を名曲と呼ぶのでしょうか。
Donald Byrdはアメリカのジャズトランペット奏者です。
かなりの枚数を残してる方で、後にBlack Byrdという、ファンキーソウルバンドを組んだり、
大学で教鞭をとったり活動は多岐に渡ってますね。
この曲は、先程Pyoさんが言っていた、The Guitar Of BN-LAコンピレーション版に収録されているんです。

この曲のプロデュースをしたのがマイゼルブラザーズなんですけど、
フォンスマイゼルとラリーマイゼルの年子の兄弟ですね。NY出身です。
ブルーノートレーベルとモータウンレーベルで輝かしい成績を残しているプロデューサーチーム。
ぜひともチェックしてたもれ!

さあ今夜は、尊敬する演出家で、作詞家、脚本家の菅野こうめいさんをトークゲストにお迎えします。
まぶたにマッチ棒を挟んででも、最後までお楽しみください。

 

  CM

 

FM COCOLO 765 MIDNIGHT TREASURES 石井一孝がお送りしています。

伊丹市のマリンスヌーピーさんからのおたより読みますよ。

「初めまして、石井さんのトークが面白くて ファンになっちゃいました〜」

来たね!
歌じゃなくてトークに魅せられてファンになったという。
まあ俺は歌よりもトークが本職だからね。
それでいいのかーーーい!?
いいんです。職業的には俳優でありシンガーソングライターと言っていますけどね。
まあ芸人でもありますからね。
隠れ職業ね。
どこを切り口で気に入ってもらえても嬉しいです。
それではマリンスヌーピーさんの、トークが好きで俺のファンになってくれた方のリクエストをおかけします。
Wilson Phillips「Hold On」

1990年の全米NO.1ソング。Wilson Phillips「Hold On」
このWilson Phillipsというグループは、夢のカリフォルニアで有名なママス&パパスの方のお嬢さんなんですよね。
それから、あのビーチボーイズのブライアン・ウィルソンのお嬢さん方、
この3人が結成したスーパー2世グループです。
でもスーパー2世グループと言っても、めちゃくちゃ実力があって、
親の七光りではないことをアルバムを聞けばちゃんとわかります。
今の曲もすごいクオリティ高いでしょ?
この曲を知ってる人多いんじゃないかな?
いかがでしたか?お楽しみいただけましたか?

それでは今夜も叫びます、このコーナー。

 

   <俺のAOR>

 

「俺のAORー!イエーーーーレーロ!!」

フレディ・マーキュリーか!っていう感じですけどね。
フレディマニアはこういうところ出ちゃいますね。

はい。AORとは、アダルト・オリエンテッド・ロックの略で、大人向けのロック、洗練されたロック。
そんな意味合いなんですが、
俺が大好きなAORを大阪を中心に世界中に広めていこう…というコーナーでございます。

今日も最高のAORを紹介してみたいと思います。
2019年の作品なので、「最近はAORはあんまり聞かないんだよね」みたいな人が、
のけぞるであろう新作お届けします。
シカゴの名ボーカリスト、Jason Scheffの最新ソロアルバムより「Wonderful Day」

なんつーかっこよさだ。これ。最高でしょ。
ファンキーだし、メロディアスだし、泣きたくなるような切なさもたたいていますよね。
新たなAORのマスターピースじゃないでしょうか。
Jason Scheffの「Wonderful Day」。
これは、最近日本版が出たんですけど、「Here I am」というアルバムに入っている曲です。
このアルバム最高だよ。買いですよ。
このアルバムの中にはシカゴのあの名曲、「素直になれなくて」とか「Will you still love me」、
「Look away」とか・・・いちいち歌うDJっていないよね(笑)。
この辺のシカゴのセルフカバーも入っているんですけど、
チャラいアルバムだと思ったら大間違いのめちゃくちゃ正面からしっかり見据えたAORアルバムになっていますね。
しっかりとアレンジされて、ちゃんとプロデュースされた本当にこれ激推しアルバムですね。
シカゴをなんと解雇されたという噂のビル・チャンプリン大先生がゲストとして参加しているのも
嬉しいところですよね。
かなりの名盤、ぜひとも聞いてみてくださいね。

 

続いて千葉県 すずらんからのおたより。

「こんばんは!
石井さんのAbsenceにリクエストします。
ちょっぴり切なくて、何か一つの事に夢中になって、
他の事が見えなくなってしまう経験が、
誰にでも起こり得るので、ドキッとさせられます。
最近のコンサートでは、あまりうたってくれないので、また生で聞きたい一曲です。」

 

神奈川県 ビートルさん。

「ミディアムバラードのこのナンバー、たまらなく好きです。
カズさん以外の舞台やコンサートを見ることを、私は浮気と呼んでいるのですが、
浮気後に聴くと反省の念に押し潰されそうになります(笑)。
もしこの曲を生でうたってくれたら、浮気は一切やめるかも(笑)」

浮気は一切やめるかもの後に(笑)がついていることころから、
この方は浮気をまたやることがわかります。
いいんです。いいですよ。。
いろんなエンタメを見て、みんなに元気になってもらえたら俺はそれでいいんです。
そのかわり、俺のことを忘れないでくれよ。
忘れたらな、泣くぞ。
それは言っておきたいと思います。
それではお聞きください。
Monthly Kazutaka Tracksのコーナー。
石井一孝「Absence」

~~~~~~~~~

石井一孝2ndアルバム「Doors To Break Free」に収録されております、
「Absence」お聞きいただきました。

この曲には、営業1課 石井係さんからもリクエストを頂戴しています。
ありがとうね。

この曲のアレンジは、巨匠、藤野浩一さんにお願いしたんですけどね、
メッチャクチャおしゃれに仕上げて上げていただきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
個人的にも大好きな、かなりAORテイストの曲だと思っています。
包国充さんのサックスソロが泣きたいくらいかっこいいと思わんか?
色々語ってますけれども、気に入っていただけたら幸いです。

それではお知らせを挟みまして、菅野こうめいさんをお招きします。
1分間お待ち下さい。

 

  CM

 

――――――――――――――――――
【菅野こうめいさんとのトーク】
――――――――――――――――――

菅野こうめいさん演出 志摩スペイン村キャラクターショー
「パティオ デル カント~ダルシネアの秘密の花園~」

「パティオ デル カント~ダルシネアの秘密の花園~」のテーマ曲をお聞きいただきました。
素敵だねー!これ。
夢と希望にあふれている。
こういう音楽って本当にいいよね。
今、一番大事だと思う、この時代に必要なフィールをもたらしてくれる曲だと思います。

俺は大学が上智大学のスペイン語学科なので、少々スペイン語喋れるんだよね。
なので、この志摩スペイン村行ってみたいって昔から思ってたんだよね。
前から気になってたんだよ。三重県。
俺が行くまで三重県、待っててくれよ。

余談ですけど、三重県の東側の人たちは、自分たちは東海地方の民だと思っているんですけど、
西側の人は俺達は関西人だよね!と言うんだよね。
これが三重県あるあるぽくって、横長の県にあるパターンなんだよね。
この東海地方なのか関西地方なのか微妙な感じ、この逸話気に入っています。
えー、皆様にいらん情報をお伝えいたしました(笑)。

 

ラストは生歌コーナーですね。

神奈川県 ふたごのはりねずみさんより。

「石井さん生配信コンサートで歌われた「踊り子」とても胸に響きました。
実は私は子どもの頃、村下孝蔵さんのファンで、
小学6年生の時、同じ村下ファンの同級生アキコちゃんと村下孝蔵さんのコンサートに行ったことがあります。
私の母とアキコちゃんのお母さんが相談して、親はホールの近くで待ってるから、
子どもたちだけでいってらっしゃいということになったのです。
なんと最前列はじっこに小6女子二人で村下さんの歌に涙ぐむという、、
今考えると変わった子どもたちだったと思いますが、、
村下さんの歌はちょっとおませな少女の心にも響くものだったのですね。
ミットレでもう一度、石井さんヴァージョンの「踊り子」をきかせてもらえないでしょうか?」

アッハッハッハ。素敵だね。
村下さん最前列にいる女の子を見てなんと思ったんだろうね。
きっと嬉しいなと思ったと思うよ。

 

尼崎市 かもさん。

「石井さん、ハローミッドナイト!
イシイさんの「踊り子」をリクエストします。
この曲が流行った当時、田舎の真面目な高校生だったせいかあまり歌詞も考えず聴いてたので、
こんなに切ない歌やったんやと改めて思いました。
石井さんが歌う切ない曲って、声、歌の表現、顔の表情、
すべてに「あ~手を差し伸べて助けてあげたい」って見ててキュンとくるんですよね。
この歌の最後、「つまさき立ちの恋~」のところなんか
パソコンのモニターを抱きしめたくなりました。」

うれしいこと言ってくれるね。
抱きしめてくれよ、今すく俺を抱きしめてくれ。
はい、そんな思いです。

俺は村下孝蔵さんが昔からたまらなく好きで大ファンなの。
もともと「春雨」という曲が好きで、そのあと「初恋」が大ヒットして、「踊り子」につながっていくんですけど、
徐々に村下孝蔵さんの魅力が日本中を席巻していくんですね。
その矢先になんとリハーサルの途中で気分が悪いと言って病院に行かれるのですが、
その数日後亡くなってしまったんですよね。
村下孝蔵さん、46歳だったということです。
本当に泣きたいくらい俺は悲しい。
不世出の天才シンガーソングライターで信じられない才能の持ち主だと思っています。
ギターの腕前もピカイチなんだよね、この方。

凛音さん、サングリアさん、ななりんさん、胡桃さん、Sachiさん、GRIMMさん、
(Mon下生)ブルーさんからもこの曲にリクエスト頂いております。

さあ行きましょう。
俺が心から敬愛する村下孝蔵さんの楽曲「踊り子」お聞きください。

~~~~~~~~~~

 

   CM

 

FM COCOLO 76.5 MIDNIGHT TREASURES
今夜のミットレお楽しみいただけましたでしょうか。
ラストにオンエアした村下孝蔵さんの「踊り子」。
ゴールの見えない愛の行方を、「つま先立ちの恋」って表現する感性。
筆舌に尽くしがたい天才だと思いますね。
それから「写真をばらまいたように心が乱れる」。
俺このフレーズすげえなって思うんだよね、かっこよくない?
これからも村下孝蔵さんの歌、歌っていきたいなと思います。
天国の村下さんに届けっていう想いで歌っていきたいな。
そんな風に思っています。

<番組ではリクエストを募集しています!>

■リクエスト①

*スペイン曲特集
*番組きっかけで好きになった、あなたのアーティスト・曲
*石井一孝に聞いてほしい曲・挑戦状
*好きなカバー曲
*人生で一番聴いたアルバム、曲
*ギタリスト特集、クイーン特集、アニメ特集、ハードロック特集、JAZZ特集
Beatles特集、ブラックミュージック特集、かっこいいイントロの曲、映画音楽の特集も引き続き!

■リクエスト② 「無茶振り リクエスト」

※その他、僕への質問、お悩み相談、番組への感想・・・なんでもOKです。
(とにかく僕と絡んでください〜)
番組ブログに詳細が載っていますので、ぜひチェックして送ってください。
FM COCOLOのホームページの番組サイト
「リクエスト プレゼント」ボタンからお願いします。

 

   <告知>

★最新アルバム「In The Scent of LoveTop Note~」発売中!
岡幸二郎さん、濱田めぐみさん、シルビア・グラブさんが参加。

~「In The Scent of LoveTop Note~」ダイジェスト映像~

 

石井一孝原案、作曲、主演の一人ミュージカル「君からのBirthday Card」のDVD絶賛発売中。

~「君からのBirthday Card」ダイジェスト映像~

 

「アートにエールを!東京プロジェクト」に当選しました。「君からのBirthday Card」のスピンオフ『虹』掲載中!

東京都の専用サイト
https://cheerforart.jp/detail/6088

 

★3月17日(水)~25日(木)舞台『サイドウェイ』出演決定!

 

★3月28日(日)石井一孝が講師になります!
朝日カルチャーセンター名古屋「ミュージカル入門~フランク・ワイルドホーン~」

名古屋教室でのリアル受講はこちら
https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/b4fbcf7f-491e-1f5f-1a16-5ffd6d4b5805

オンライン受講はこちら
https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/5b3129de-a8ab-7037-e037-601f95f5f1a8

 

★5月1日(土)「石井一孝 ミュージカル高座 in 名古屋 2021」開催決定

【スペシャルゲスト】原田優一

詳細はコチラ
https://kazutakaishii.com/2021/02/05/news_20210205/

 

★岡幸二郎&石井一孝が奏でる友情の音「La Noche Feliz」発売中!

 

★石井一孝LINEスタンプ絶賛発売中

 

番組ラストは<ミットレお別れ名言劇場 〜君の瞳に映る僕に乾杯〜>
あなたが好きなセリフ、言葉を、イッシーが感情を込めて読み上げます。
出典は 映画やミュージカル、漫画、アニメなどなんでもOK。
グッとくる言葉、面白い言葉・・教えてください。

ということで、今夜は・・・
東大阪市 むぎさんから来ていますね。
X JAPANのYOSHIKIさんの名言

「たかが努力じゃないですか。
努力すればできるんですよ。
じゃあ、努力すればいいじゃないですか。」

かっこいいなーー。


7 thoughts on “小草生月のミットレ回顧録 2021.2.23

  1. (Mon下生)ブルー

    『サイドウェイ』のお稽古お疲れ様です。

    名前を呼んで頂けて、生配信の時の「踊り子」も聴けて嬉しかったです。
    高校の時だったかな?村下さんの「ゆうこ」が流行った時に、友達に「ゆうこ」がいて、皆でいいな~って言ってた事を思い出しました。
    村下孝蔵さんの他の曲も聴いてみたいです。

  2. Kaori

    教授、こんにちは!
    連日サイドウェイのお稽古お疲れ様です。
    幕が上がる喜びを分かちあえる日を心待ちにしています。
    今回のミットレもお気に入りの曲でいっぱいでした。

    ★Love’s So Far Away / Donald Byrd
    二人のリクエストを総括って一体どうやって?!と疑問に思いましたが、なるほど~。さすが歩く音楽は違いますね。
    トランペットはエネルギッシュで元気が湧き出てくるので好物です。
    そして、このナンバーはとてもスタイリッシュですね。この空気感、久々に味わってリフレッシュできました☆

    ★Hold On / Wilson Phillips
    わ、この曲ストライク世代です。た~~くさん聴きました。懐かしいなぁ。私的には青春ソングですね。キラキラ感満点。お嬢様のヤングな美声も魅力的です。
    懐かしのお気に入りソングに若返りました☆

    <俺のAOR>
    本日の雄叫びも元気で若い!今日はアンチエイジングSPですか?(あほ)

    ★Wonderful Day / Jason Scheff
    サウンドが抜群なのはもちろんですが、歌唱力に仰け反りました。
    時折突然高い声を出す声のあまりの上手さとカッコよさにきゃ~~という心情になりました。やはりアンチエイジングですね。
    新作というのがまた新鮮です。

    ★Absence / 石井一孝
    なるほど、浮気反省ソングですか。(ノ∀`)
    実に色々な角度から聴き応えあるお洒落な曲ですね。
    現実世界の浮気も財力と時間と体力がないと難しいと思うので、エンターテインメント業界を盛り上げるためにも、浮気できる方々には頑張ってもらい、でも石井一孝さんファースト精神で応援するのはいかがでしょうか?っって、曲の感想からズレてしまった…
    貧乏暇なしのファンの感想でした。

    <菅野こうめいさんとのトーク>
    DJさんとお誕生日が1日違いの菅野こうめいさん!
    春野寿美礼さんライブ時のケーキのお写真で拝見しました。
    なんとダンディで素敵な声なのでしょう。
    この番組は、素敵な俳優さんがゲスト出演される事はもちろん、様々な分野でご活躍されている才能あふれる専門職のお仲間も出演されるところが魅力の1つです。
    DJさんの歌声の大きさエピソード、微笑ましく聴かせていただきました。
    菅野こうめいさんは、本当に多岐に渡る才能と探究心があるのですね。バンドでギター、オリジナルソング作り、作詞、そしてEarth, Wind & Fireがこうめいさんのお仕事感を変えるきっかけと聴いて、とても感銘を受けました。そのきっかけを大切にしながら、お仕事幅をどんどん広げて充実した人生を歩まれているんだなぁ、と非常に心に残るいいお話を聴かせていただきました。

    ★ダルシネアの秘密の花園 / 志摩スペイン村
    志摩スペイン村キャラクターショーの演出もやられているのですか?これまた感銘を受けました。
    いやぁ、このご時世、私はこういう夢と希望にあふれるものがストレートに心に入ってきます。(現実逃避?!)
    そして歌手の声がいいですね。メルヘンの世界が広がる歌声とメロディーに胸がワクワクしました。アンチエイジングを通り越して、童心に戻れました~!

    ★踊り子(LIVE) / 石井一孝
    私は村下孝蔵さんの音楽をあまり存じ上げなかったのですが(ごめんなさい)、とても大人で味のある曲を沢山歌われていたのですね。
    今のDJさんはまさに歌い時?!すごく沁みました。切なく優しく深く歌われてドラマティックでした。
    というか、DJさんが村下孝蔵さんのファンだったとは初耳。いつか村下孝蔵さんの曲もオンエアして下さいね。
    最後に年相応に戻れたかな?!(笑)

    <お別れ名言劇場>
    当たり前でシンプル…だけど、なかなか出来ないからこそ名言ですねぇ。
    何事も努力があってこそですね。

  3. ショコラ

    DJカズさん、こんにちは!
    舞台のお稽古中や公演中にミットレの選曲作業は大変だと思いますが、無理をし過ぎないようにお体第一で頑張ってくださいね。

    「Hold On」
    超有名2世の兄弟姉妹だけでなく、グループというのは珍しいのでしょうか?
    あまり聞いたことがなかったです。
    三人のハーモニーが心地いい曲でした。

    「Wonderful Day」
    出だしの雰囲気がなんとなくサタデー・イン・ザ・パークの香りがしてきました。
    シカゴのセルフカヴァーがあるというのに興味を持ちました。
    アルバムをチェックしようと思います。

    「パティオ デル カント」
    菅野こうめいさんとは長いお付き合いなんですね。
    ブルックリン時代のエピソードを若気の至りのように話されていたDJさん(笑)。
    興味深いお話ばかりでした。
    志摩スペイン村は以前、三重に旅行に行った時に時間があまりなく後ろ髪を引かれながら前を素通りしてしまったのがとても残念だった思い出があります。
    いつかお花の咲き乱れる季節に是非、行ってみたいです。
    スペインの曲スペシャルも楽しみにしています!

    「踊り子」
    切ない歌詞を少し抑えた声で、でも熱い想いが伝わってくるカズさんの歌に言葉ひとつひとつが胸に刺さりました。
    九州出身アーティストメドレーで歌われた時、フルバージョンを聴きたいなあと思っていたので念願が叶って嬉しいです。

    来週のオンエアも楽しみにしています♪

  4. ikuko

    小草生月…素敵な2月の異名があるのですね、初めて知りました。春の訪れを少しずつ感じていくのもいいですよね。
    連日お稽古でお疲れでしょうから息抜きに感想をどーぞ!

    「Love’s So Far Away」…オープニングからマニアックな男性リスナーのお便りにアウェイ感を抱きつつ(笑)耳を傾けました。
    トランペットとフルート、そしてカッティングギターもナイスなグルーヴを生み出しているジャズファンクですね!アルバム『BLACK BYRD』には、ジョー・サンプルやハービー・メイソン、チャック・レイニーなど豪華な布陣が参加してるなんて涎モノ!
    う~ん、マニアな男子が喜びそうな選曲に唸りました!そしてリスナーお二人のメールから、ブルーノートレーベルとマイゼルブラザーズの共通項としてこの曲を紹介するDJさんの知識と手腕に脱帽です。

    「Hold On」は、ほぉ~スーパー2世アーティストのユニットですか!きっと幼少期から音楽に囲まれて育ってきたのでしょうね。スカッと爽快なサウンドがいいですね!

    「Wonderful Day」は、ちょっと風変わりなAメロとキャッチーなサビが印象的です。ホーンアレンジもグー!いちいち歌うDJさん(笑)の熱いリコメンドに、このアルバムが妙に気になりました。

    オサちゃんのビルボードライヴの演出がこうめいさんだったということで登場されたのでしょうけど、予想外のゲストでビックリでした。カズさんとこうめいさんとの出逢いは『ブルックリン』だったのですね…観たかったなぁ…。やんちゃなカズさん(笑)のエピソードも微笑ましかったです。カズさんのアルバムの中の「Sometimes」は日本語では唯一の音源だとのことで貴重だわぁ♪
    確かにこうめいさんはミュージカルの演出もコンサートやイベントの演出も幅広く手掛けてらっしゃいますよね。そのこうめいさんの原点がEW&Fのライヴだったとは!人生、どこで影響を受けるかわからないものですね。
    「パティオ デル カント~ダルシネアの秘密の花園~」は、夢と希望に満ちていてテーマパークの雰囲気たっぷり!
    スペイン、秘密の花園…とくれば、カズさんはシンパシーを感じたんじゃないですか(笑)。

    「踊り子」は楽曲自体が素晴らしいのはもちろんですが、カズさんの情感に溢れた歌声に鳥肌が立ち、胸が震えました。行き先の見えない恋の切なさを抜け感のある歌い方や、感情を押し出すような歌い方で表現しているところがホントに上手いです。これは永久保存版です♪

  5. すずらん

    ※ 今週の四字熟語、ググりました。
    色々とアイディアを考えて下さり、その度に知識が増えて行くのが楽しみです。
    ありがとうございます。(^^)

  6. すずらん

    今週も回顧録のUP、ありがとうございます。
    ☆Love’s so far away
    ずっと眠気が覚める様なハードロックが多かった1曲目に、こんな始まり方も良いですね。
    歌が始まるのかなぁ?、と聴き続けて行くうちに、演奏だけで終わったと思ったら、まだ演奏が続いていてお洒落な曲ですね。
    そしてやっぱり真の愛は、遠い所にあるんでしょうか? (笑)
    ☆Hold On
    仕事のやる気を上げさせてくれて、どこかLet the river runに通ずるなぁ、と思ったのが最初の感想でした。
    ☆Absence
    かずさんの息音がステキで、去年から大変な世の中になり、昔はコンサートでコーラスの方もいらっしゃって、間奏に聞こえてくる英語のコーラスが懐かしく、またドラムやベース、ギター、キーボードと演奏して下さる方も呼んで、コンサートを開催出来る日が来て欲しいです。
    ☆パルティオデルカントダルシネアの秘密の花園
    伊勢志摩にあるスペイン村、行ってみたいテーマパークの一つです。
    5月〜12月までの歌詞も気になりました。
    ☆踊り子
    切なくて背伸びしたくなる様な一曲に、私も大切なかずさんを抱きしめたくなった一人です。
    来週も楽しみにしてます。

  7. 視野の狭いうり坊

    サイドウェイのお稽古お疲れ様です!
    ジャックはモテモテですか?それとも嫌われちゃってますか?

    こうめいさんとのトーク、とてもオトナなお二人の語り口、興味深く聞かせていただきました。
    やんちゃ時代の一孝さんの逸話に爆笑しました。

    それから一転しての踊り子生歌・・・じーんときました。
    一孝さんの歌声は歌詞がとっても聴き取りやすいので、その世界にすっと入っていけます。

    回顧録と録音で、しっかり今週も復習したいと思います!
    寒の戻りに負けず、お稽古頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です