質実剛健のミットレ回顧録 2020.10.6「6周年記念SP」

こんばんは! 石井一孝です。
「FM COCOLO 765 Midnight Treasures」。
この番組は ミュージカル俳優でシンガーソングライター、
そして レコードコレクターの 僕:石井一孝の選曲でお送りする1時間。

〜Midnight Blueな夜の帳が…あなたの心を優しく撫ぜるひととき・・・真夜中の宝箱 〜

ハローミッドナイト!
神無月の到来です。
皆様お元気でお過ごしでしょうか?
俺は鴻上尚史さんの舞台「ハルシオン・デイズ」の稽古に全力投球の毎日です。
ミュージカル「デスノート」で一緒だった柿澤勇人くんと3年ぶりの再会なので、もう和気藹々で進んでいるんですよね。
南沢奈央ちゃん、須藤 蓮くんとの絆も日々深まってます。
10/31の初日目指して急ピッチで仕上げていきますので、楽しみに待っていて下さいね。
大阪にも行きますからね!
12/5、6サンケイホールブリーゼですよ。

さあ、今夜はアニバーサリーです。
アニバーサリーですよ、皆さん!起きてますか!?
6年前の10/4にわたくし、DJデビューしたので、そう今夜は!

ミットレ6周年記念スペシャル!

ラジオのパーソナリティをやりたいという夢が叶って、
そしてリスナーの皆さんと一緒に6年も続けてこられた。
これ凄いことだよね。
かずお、幸せ!そういった想いです。

 

お祝いメールがどっさり来てるんで、読んでみたいと思います。

和歌山県の星子さん。

「カズさん、6周年☆おめでとうございます!!
この6年間、かずさんの発信する音楽からその面白さを味わう毎日です。
音楽のジャンルがこんなにたくさんあることを知りました。
最近では、かずさんがリクエストから新しい音楽分野を知った時のリアクション。
そのオタクっぷりがすごくて、めっちゃ嬉々として話されているのに爆笑です。
これからもミットレの歴史を重ねていって下さいね♪」

 

続いて富山県のコロコロさん。

「かずさん、DJ6周年、おめでとうございます。
かずさんの選曲も毎回楽しみですが、実は言葉選びにも注目しています。
曲解説だけでも楽しくて、かずさんの言葉にすごく引き込まれて、
カズさんて言葉の魔術師なんだなぁと思って聞いています。
これからも、毎週真夜中の宝箱が開きますように…。」

みんな嬉しいお便りありがとう。
俺の選曲とトークを毎週楽しみにしてくれてるっていうそのお気持ちだけで、俺は胸がいっぱいになります。

 

それでは一曲目いきますよ。
兵庫県 練乳いちごかき氷さんからのリクエスト。
オランダのフュージョングループ、Fruitcakeの「Try Six」

「それでは交通情報です。田中さん、お願いします。」
「はい、田中です。現在、新御堂筋は淀川大橋付近でノロノロ運転が続いております。」
っていう感じの曲だよね(笑)。
Fruitcakeの「Try Six」お聴き頂きました。

こういう歌のないAORサウンドをフュージョンって言うんですけど、ジャズの中で最もボーカルよりな感じかな。
AORのお隣のジャンルなんですよね。
ということで、俺はフュージョンも結構好きなんですよね。
有名な海外のバンドだったら、メゾフォルテとかフォープレイとか、スパイロジャイラとかもありますよね。
このFruitcakeも3枚のアルバムを出している通なオランダフュージョンですね。

それでは今夜も五臓六腑に染み渡る音楽を四六時中考えた選曲でお届けします。
わたくしの八面六臂の大活躍、お楽しみに。

 

  CM

 

FM COCOLO 765 MIDNIGHT TREASURES 石井一孝がお送りしています。

続いてのお祝いメッセージは、神奈川県のサチさん。

「カズさん、DJ6周年おめでとうございます。
この6年間、一回も欠かさず聴き続けた結果、
少なくとも周りの友人たちに比べれば私もマニアックな分類になっているはずです。
更なる高みを目指して日々勉強させていただきます(笑)。」

 

続いて、ローズマリーさん。
「6周年おめでとうございます。
音楽愛溢れる石井さんのトークと選曲に毎回、心の中のいいねボタンをいっぱい押しています。
7年目もお身体に気を付けながら素敵な番組を届けてくださるのを楽しみにしています。」

 

千葉県のイマミーさん。
「『Saturday Night Treasures』から始まり『Midnight Treasures』になって
6周年になるんですね!おめでとうございます。
私のように洋楽に興味がなかった人が石井さんのラジオを聴いて洋楽に興味を持ち
洋楽を聴くようになった人、
洋楽が好きでラジオを点けたらおもしろトークで曲を語るDJと出会った人もいますね。
そんな音楽と人を繋ぐ素敵な番組を続けてきてくれて、ありがとうございます。」

みんな、愛のあるメッセージをありがとう。

 

それでは、2曲目にまいります。
千葉県のヘキサゴンさんからのリクエスト
Jennifer Lopez and Marc Anthony 「No Me Ames」

Jennifer Lopez and Marc Anthonyで1999年の大ヒット「No Me Ames」お聴き頂きました。
セクシーで恍惚感あふれる、とろけるラテンナンバーだよね。
いやー、好きだな。
皆さん、ジェニファー・ロペス知ってるでしょ?
あの有名なモテモテの美人女優ですよ。
でもめっちゃ音楽的才能もあって何枚もアルバムを出しているんです。
そのジェニファーが、サルサ界の帝王マークアンソニーとデュエットしたのがこのナンバーですね。

 

ヘキサゴンさんから、こんなお便りが届いておりました。

「カズさん、6周年記念おめでとうございます!
私はサタトレ時代の1回目から聴いているDJさんの番組大好きリスナーです。
オンエアされた曲を6年間せっせとリストにしています。
2016年4月19日ミットレ3回目トータル81回目の時にオンエアされた曲がこの曲です。
この曲はジェニファー・ロペスの「On The 6」というアルバムに収録されています。再度リクエストします。」

とのことでした!
恐れ入りました。そのリスト下さい。見たいです!
すごい愛を感じますね。本当にありがとう。
これからも、この曲かけたことがあったのかな?って思うことがあったら、質問して答えて頂けないでしょうか?

それではこの流れから、モテモテの美人女優として叫べこのコーナー!

 

   <俺のAOR>

 

「あたしの…AOR。もっと聞きたいの?私のささやきが…。私の吐息が…。」

気持ち悪いわー!
はい。爽やかにいきましょう。
AORとは、アダルト・オリエンテッド・ロックの略で、大人向けのロック、洗練されたロック。
そんな意味合いなんですが、
俺が大好きなAORを関西を中心に世界中に広めていこう…というコーナー。

俺からミットレリスナーに最高の6の曲、リコメンドします。
Pablo Cruiseの「Zero To Sixty In Five」

1976年のナンバー、Pablo Cruiseの「Zero To Sixty In Five」。
この曲は知る人ぞ知る、サーファーに大人気な曲なんですよ。
タイトルの意味は5秒で60kmまで上げて行くぜということなんですって。
この曲、アニマル浜口さんの入場テーマだったということなんですけど、皆さん知ってましたか?
アニマル浜口さん、AOR好きだったのかな?って思いますよね。
このPablo Cruiseというバンドは、サンフランシスコ出身のバンドで、後にAORの中心に躍り出るんですよね。
爽やかなのに、風を切るような熱さもあるので、そういった点でサーファーたちに大人気となったのではないかと思っています。

俺は、サーフィンはやったことないんだけど、ウィンドサーフィンっていうのは1回だけありますね。
大学時代の親友がウィンドサーファーだったんですよ。
で、鎌倉に風を感じに行ったんだよね。
しかし、俺がやったら全然風をつかまなくて進まなくてね、
風を感じるつもりが塩味を感じて帰ってきた…そういう1日でしたね(笑)。

 

続いてはMonthly Kazutaka Tracks。

横浜市のAnela Winkさんのお便り。

「かずさん、こんばんわ。
ミットレを聴き始めてから、まだ1年未満の初心者ですが、
最近は1週間の切り替えスイッチが火曜の24時となっているほど、
楽しみな時間となっています。
時々CDやラジオだけでは物足りなくなりYouTubeにもお邪魔していて、
この曲のMVを発見しました。私のイチオシの名バラードです。」

 

続いて、愛知県の名古屋城さん。

「こんばんは。6周年おめでとうございます。
この曲はせつない恋の歌ですね。石井さんのライヴで弾き語りで聴いたとき、
泣きそうになりました。近くにいても遠く感じることあるある!」

みんな熱いリクエスト嬉しい。ありがとうございます。
俺が24歳で書いたバラード、「Lady Blue」お聴き下さい。

石井一孝のファーストアルバム「Heart & Soul Cafe Reborn」に収録されています「Lady Blue」お聴き頂きました。
めぐみさん、ティンカーベルさん、アタリメさんからもリクエストが来ています。
この曲は、忘れもしない1992年のミスサイゴン初演の時に作った曲で、稽古場でピアノを弾きながら「まるで星のように~」と歌っていたらトゥイ役の大先輩 山形ユキオさんに
「カズちゃん、その曲いい曲だね、誰の歌?」と聞かれて、
「ユキオさん、僕のオリジナルなんです」って答えたのを今でも覚えています。
すごく泣きたいくらい嬉しかったんだよね。
30年経った今も覚えています。
褒められるって大事だね!
はい。この曲の感想寄せて下さいね。

さあ、ここでお知らせを挟んで、6がつくアーティストの曲をお届けします。
どのアーティストがかかると思いますか?

1.三浦弘とハニーシックス
2.六角精児さん
3.柳家花緑さん
4.その他

誰の曲がかかるのかな?
Vサインでもしながらお待ちください。

 

  CM

 

凄まじいエネルギーだね。
V6の「Supernova」。
我が友、坂本昌行が所属するグループ、V6!
いかがでしたでしょうか?

V6には熱いお便り来ていますよ。

群馬県の 6サーヌさん。
ロクが数字の6になってますからね(笑)。

「カズさん、ミットレ「6」周年おめでとうございます!
「ろく」に洋楽を知らなかった私は、ミットレでカズさんが紹介してくるワンダフォーな曲を
「録」音しては何度も聴いているうちに魅了され、すっかり洋楽の沼にハマりました。
ミットレで流れた曲名を記したノートはもう「6」冊目になります。
もっともっと素敵な曲を知りたいので、こんな「ろく」でなしな私ですが、
歩く洋楽図書館の異名を持ち、その道では貫「禄」のあるカズさんの弟子にしてください。
これからもラジオを通じて名曲をひ「ろく」世の中に伝えていってくださいね。」

なんかさ、俺と感性が似てるよね。
なんてセンスの良いお便りなんだろう!
V6には、ゆりパンダさん、ゆきんこさん、さんばぁさん、おさるの友達さんからもリクエスト頂戴しています。
V6人気あるなー!ありがとうございます。

 

お次は埼玉県 Rock Rock(6.6)首からです。

「DJかずさん、おこんばんは。Rock Rock(6.6)首です。
毎週首を長~くして、毎週待っているうちに6年分も長くなっちゃったでは、あ~りませんか。
どう責任とってくれるんですか?(爆笑)
アホ話はさておき、6周年おめでとうございます。
6のつくアーティストSIXPENCE NONE THE RICHERの曲を私からプレゼントします。」

おおー。ちょっと!来ちゃったな、プレゼント。
照れるな。
これがまた癒しの名曲なんだよね。嬉しいな。
では皆さん、俺へのプレゼントソングですが、一緒に聴いて下さい。
Sixpence None The Richerの「Don’t Dream It’s Over」

2002年の楽曲。Sixpence None The Richerの「Don’t Dream It’s Over」。
この美しい声に身を委ねて眠りたくなっちゃうくらい気持ちいい曲だよね。
でも、みんなは寝るなよ?寝るなよ!?
はい(笑)。オーストラリアのロックバンド、クラウデッドハウスの名曲のカバーです。
全米の2位まで駆け上った曲で、この曲自体有名なので知ってる人も多いんじゃないかな。
俺はSixpence None The Richerのバージョンも非常に好きなんですね。
ボーカルのリー・ナッシュという女性の声。
美しくて純粋で鼻にかかってるところがキュートなんだよね。
実に魅力的なシンガーだと思います。
このプレゼント一発で大ファンになっちゃいました。

 

さあ、ラストソングは生歌でいきましょう。

アンダンテさんからのお便り。

「9/6ソロコンサートの一曲目、GUILTY OF LOVEを熱烈リクエストします。
この曲は一言でいうとダンディズムって感じでした。大人向けのロック、洗練されたロック…
あれ?どこかで聞いたフレーズですが(笑)。
この曲をカズさんがインテリホスト風の衣裳でメガネをかけて歌ったら、超カッコイイと思います。」

えー!インテリホスト風の衣裳って、どんな衣裳なんでしょうか?
まあ、あれかな?
ネクタイをスッとして、黒い上下スーツとかっていうことなのかな?
全身白でもいいか。まあカッコイイと思って頂けるなら、どんなホスト風でも着ますよ。

 

続いて、はっちゃんさんのお便り。

「9月6日のソロ コンサートに参加しました。
1曲目は、なにかなーとワクワクしていたら、
「ジャーン(イントロ)」キタ~!待ってましたギルティオブラブ!
超大好きなかっこいいナンバーです。
一気にハイテンションになり、マスクの中で、声に出さずに大騒ぎして大喜びしました。
サイコーでした!
黄色い声援を送りながら、一緒に歌って踊りたかったです。嬉しいなー。」

こちらこそ嬉しいです!

 

続いて、かもさん。

「ワクワクしながら迎えたオープニング曲は「GUILTY OF LOVE」!
オープニングの期待と興奮にはぴったりの曲です。
照明もかっこよくて、危うい大人の男を演出していました。
もう、1曲目から狂おしい罪に焼かれて石井さんに落ちました。」

狂おしい罪に焼かれるって、この曲の歌詞なんですけどね。
それを引用してのお便り、爆笑でございます。

それでは皆さんを狂おしい罪で焼いてみたいと思います。
焼くんかーい!

はい(笑)。この曲には、ドリスガーターさん、海兵ポラリスさん、かおりさん、Junoさん、凛音さん、サングリアさん、RIEさん、ちあきさん、ほか多くの方からリクエストを頂戴しております。
9/6に開催しましたソロコンサートの音源より冒頭のオモシロ前説からの「Guilty Of Love」。

~~~~~~~~~~

 

   CM

 

FM COCOLO 76.5 MIDNIGHT TREASURES
6周年記念スペシャル、いかがでしたでしょうか?

6周年のお祝いメッセージ、本当にたくさんいただきました。
うめちゃんさん、すずらんさん、オタク座の愛人さん、
サイレントブルームーンさん、ダンガンマンさん、夜明けの天使さん 他、
多くの方からお祝いメッセージを頂きました。
サンキューメルシーグラシアス!

みんなと共に歩んできた6年が俺は本当に愛おしくてならないです。
俺は海にも山にも行かないで、音楽ばっかり部屋にこもって聴いているオタク気質な男なんでね、まあ音楽には詳しいわけですよ。
その知識が少しでも役に立って、みんなの日常に勇気とか元気を届けられていたら幸いです。
7年目の俺も宜しくお願いします。
7年目の浮気はするなよ!
俺は一途な人が好きだからな。頼むぞ。頼むぞ。
弱気かーい!

はい。ラストの「Guilty Of Love」お楽しみ頂けましたでしょうか?
俺の書いた曲の中でもかなり攻撃的でスピード感のある曲ですね。
この曲の感想も待ってます。

<番組ではリクエストを募集しています!>

■リクエスト①

*番組きっかけで好きになった、あなたのアーティスト・曲
*石井さんに聞いてほしい曲・挑戦状
*好きなカバー曲
*人生で一番聴いたアルバム、曲
*ギタリスト特集、クイーン特集、アニメ特集、ハードロック特集、JAZZ特集
Beatles特集、ブラックミュージック特集、かっこいいイントロの曲、映画音楽も引き続き!

■リクエスト② 「無茶振り リクエスト」

※その他、僕への質問、お悩み相談、番組への感想・・・なんでもOKです。
(とにかく僕と絡んでください〜)
番組ブログに詳細が載っていますので、ぜひチェックして送ってください。
FM COCOLOのホームページの番組サイト
「リクエスト プレゼント」ボタンからお願いします。

 

   <告知>

★最新アルバム「In The Scent of LoveTop Note~」発売中!
岡幸二郎さん、濱田めぐみさん、シルビア・グラブさんが参加。

~「In The Scent of LoveTop Note~」ダイジェスト映像~

 

石井一孝原案、作曲、主演の一人ミュージカル「君からのBirthday Card」のDVD絶賛発売中。

~「君からのBirthday Card」ダイジェスト映像~

 

「アートにエールを!東京プロジェクト」に当選しました。「君からのBirthday Card」のスピンオフ『虹』掲載中!

東京都の専用サイト
https://cheerforart.jp/detail/6088

 

★KOKAMI@network『ハルシオン・デイズ2020』出演決定!

10月31日-11月23日 東京・紀伊國屋ホール
12月5日・6日 大阪・サンケイホールブリーゼ

詳細はコチラ
http://www.thirdstage.com/knet/halcyondays2020/

 

★12/12(土)刈谷市総合文化センター アイリスにて「No Musical,No Life」

ミュージカルがなければ生きられない。すごいタイトルのコンサートです(笑)。冬の愛知県で熱いミュージカルショーを、それもフルオーケストラで奏でる魅惑の宴。どうぞお楽しみに!

岡幸二郎くん・林アキラさん・中井智彦くん・松原凛子さんと共に。

 

★岡幸二郎&石井一孝が奏でる友情の音「La Noche Feliz」発売中!

★石井一孝LINEスタンプ絶賛発売中

番組ラストは<ミットレお別れ名言劇場 〜君の瞳に映る僕に乾杯〜>
あなたが好きなセリフ、言葉を、イッシーが感情を込めて読み上げます。
出典は 映画やミュージカル、漫画、アニメなどなんでもOK。
グッとくる言葉、面白い言葉・・教えてください。

ということで、今夜は・・・ 東京都 BigWaveさんから
チャーリー・ブラウンの言葉

「ボクを幸せにするには
誰かがボクを好きだと一言いってくれるだけでいいんだけど…。」


5 thoughts on “質実剛健のミットレ回顧録 2020.10.6「6周年記念SP」

  1. 2週間遅れとなりましたが(汗)、改めましてDJデビュー6周年おめでとうございます。‌
    これからもスパイスの効いたナイスなミュージックをいっぱい紹介してくださいね。‌
    FM COCOLOの看板番組として、私たちリスナーもいっぱいリクエストして番組を盛り上げていきたいと思います。‌

    *TRY SIX‌
    オシャレなエレピの音色から、一段ステップアップして大人になった6周年記念オープニングを感じますね。‌
    フュージョンは私も結構好きですよ〜シャカタクっぽいナイスなミュージックだと思いました・・・なんてメモっていたら、曲終わりに交通情報が(笑)。めっちゃ自然だったので、DJ業6周年を迎えアナウンサーデビューも夢じゃないかも(笑)。 ‌

    *No me ames‌
    スパニッシュサルサナンバー、美しいですね。サルサなのにスペイン語だからか、この二人のデュエットにとろけます。声のバランスもピッタリマッチしていますね~聴いていて心地良いです。ホーンセクションの豪華な音色はお祝いにピッタリですね!‌

    *ZERO TO SIXTY IN FIVE‌
    文句なしにめっちゃカッコイイ♪ 劇的な旋律で、ピアノの音色が物悲しく美しいですね。どこかで聴き覚えがあると遠い記憶を辿ったところ、西城秀樹さんの番組で使われていた曲だということを思い出しました。‌
    そしてアニマル浜口選手の入場曲とのことですが、なぜ私の記憶にないのか分からない(笑)。‌
    プロレスの入場曲ってその選手のオリジナルも含めて、結構カッコイイ曲が多いですよね。今度リクエストしてみようかな(笑)。‌

    *LADY BLUE‌
    10月のマンスリーはLADY BLUEですね。初めて聴いたときから、なんて大人っぽい曲だろうと思っていました。‌
    手の届かない人への切ない想いを綴った歌詞に胸が痛み、ピアノ一本のメロディがさらに追い打ちをかけますね。‌

    *SUPERNOVA‌
    6といえばV6!タイトルに6の付く曲名ばかりにとらわれていました(汗)。‌
    カズさんが仲良しの坂本さんとはもちろんですが、V6の他のメンバーとも舞台で共演して欲しいです。‌

    *DON'T DREAM IT'S OVER‌
    男性の歌声で聴き覚えがあると思ったら、Crowded Houseというバンドがオリジナルなのですね。もちろん、女性ヴォーカルでも成立するゆらぎナンバーで、かなり癒されました。カバー曲に対しても、きちんと誰の曲なのか解説してくれるのでホントに助かります。さすが、かゆいところに手が届く敏腕DJさんですね(笑)。‌

    *エディ・オリン前説&GUILTY OF LOVE(LIVE)‌
    毎回恒例の前説からの堂々のオープニングは「GUILTY OF LOVE」・・・これによろめかない075はいないでしょう!曲のスピード感にちょっとワルなオトコのセクシーさが重なって、秒殺腰砕けになるのは言うまでもありません(笑)。‌
    そしてリクエストにもあった「インテリホスト風の衣装&メガネ」での歌唱、私も妄想してみましたが、間違いなくカッコイイと思います。機会があったらぜひチャレンジしてくださいね~あー、楽しみ♪‌

    週回遅れの常習犯ですが、今夜もこのタイミングでやってきました(笑)。‌
    毎日ハルシオン・デイズのお稽古で大変かと思いますが、体調にお気をつけて元気に初日を迎えることができますよう応援しています。

  2. (Mon下生)ブルー

    石井さん。おはようございます。‌

    遅くなりましたが、DJ6周年おめでとうございます。‌
    毎週録音したのを聴いています。‌
    洋楽は殆ど聴かないので、知らない曲の方が断然多いですが、毎週楽しみにしています。

  3. Kaori

    教授、こんばんは!‌
    ミットレ6周年おめでとうございます!‌
    ヽ(*^-^)o▽☆▽o(^-^*)ノ ‌
    DJさんの音楽知識とセンスと努力の賜物のミットレから、日常に勇気・元気を沢山いただいています。‌
    舞台活動をしながらの自らの選曲と構成は大変かとは思いますが、これからもたくさんのリスナーに勇気と元気を届けて下さいね。‌
    イケズでオモシロなDJさんを一途に応援しています!‌

    ★Try Six / Fruitcake‌
    たしかに交通情報のBGMでかかりそうな爽やかで心地よいサウンドでした。‌
    このBGMを流したら色々なことがはかどりそう!‌
    お茶しながらゆっくりもいいですね。とても癒されました。‌

    ★No Me Ames / Jennifer Lopez and Marc Anthony‌
    「No Me Ames」トロピカルバージョンは、ラテンムード満点でよりドラマティックですね。‌
    才能あふれるアーティストのデュエットはやはり格別。歌の世界観が広がって引き込まれました。‌
    Jennifer Lopez と Marc Anthony私も大好きです!‌

    <俺のAOR>‌
    DJさん、色っぽ~い♡‌

    ★Zero To Sixty In Five / Pablo Cruise‌
    お洒落~。ピアノの音色が風の音や波の音かのようで、風景…しかも動く風景が音で描写されていて感動しました。‌
    心にも記憶にも残る素敵なナンバーでした。他の曲も聴いてみたくなりました。‌

    ★Lady Blue / 石井一孝‌
    24歳でこのバラードを作られるとは素晴らしい才能だと心から思います。‌
    1stアルバム「Heart & Soul Cafe」で初めて教授のアルバムを聴いた時に、どれも本当にセンスがいい素敵な曲ばかりだと思いました。‌
    もちろん、最近のオリジナルもさらにセンスも味わい深さもあって、新曲が出るのを毎回楽しみにしています。‌
    今月は秋にふさわしいこの曲を毎週楽しみに聴きますね。‌

    ★Supernova / V6‌
    …… (*^^)v‌
    Vサインして待っていました。私にも分かりやすかったクイズでした。‌
    さて…オンエアありがとうございます。邦楽を6に知らない私には聴き応え満点でした。‌
    心躍るエネルギッシュなナンバーで、動画の踊りの姿もお見事で美しくて見ごたえ満点でした!‌

    ★Don't Dream It's Over / Sixpence None The Richer ‌
    あぁ、この曲は聴いたことあります!‌
    一度聞いたら魅了される個性的な歌声が素敵ですね。‌
    まさに癒しソング。私もファンになりました。‌
    他の曲も聴いてみたいですね。早速密林で注文しちゃいました!‌

    ★エディ・オリン前説&Guilty Of Love (Live) / 石井一孝‌
    エディ・オリン前説を初めて聴きましたが、超面白い発想で感動しました!‌
    エディとも再会出来て感激~!ヽ(;▽;)ノ‌
    あ、私はオリンさんとはお逢いしたことがないので、またいつか逢えることを期待しています!(^_-)-☆‌
    ん?この流れからGuilty Of Loveなのがよく分かりませんが、この日はこの熱い歌も披露されたのですね。‌
    間奏の前の伸びのある声が雄々しくて、その後の吐息は色っぽくて、歌っている姿はきっとカッコよかったんだろうなぁ~と想像出来ました。‌
    スカっとした気分になりました。‌

    <お別れ名言劇場>‌
    なんと素直でシンプルな名言…素直に心にスッと入りました。

  4. ikuko

    ミットレ6周年おめでとうございます!‌

    たくさんのお祝いメッセージと彩り豊かな名曲で6周年が飾られたひとときで、心がほっこり温かくなりました。‌
    いつもリスナーに癒しと感動と笑いを届ける番組作りをしてくれるカズさんにホントに感謝です!‌
    これからもオタク度満点な曲の紹介と、ボケ魂炸裂のトークをお願いしますね。‌

    では6周年SPの感想です。‌

    「Try Six」…ジャズとラテンが絶妙にマッチした軽快でお洒落な曲ですね!‌
    最近インストの曲が心地良く感じるのでFruitcakeもチェックしてみますね。‌
    アハッ!カズさんの交通情報はあまりに素敵なエエ声なので、聴いてるだけでスタイリッシュな車と都会の整然とした道路が浮かんでくるようだわぁ。‌

    「No Me Ames」…おお!サルサの帝王マーク・アンソニーですね!‌
    リズミカルに刻まれたサルサのリズムと、お二人のスペイン語での掛け合いが情熱的で素敵!でもNo me ames…なんて歌詞は切ないですね…動画もドラマチック。‌
    ジェニファー・ロペスはさすが女優さん、歌でも表現が上手いと思いました。‌
    マーク・アンソニーはミットレで教えてもらってアルバム買いましたよ。‌

    DJさんからのプレゼント曲「Zero To Sixty In Five」は、流麗なピアノと優美なストリングスから始まり、途中からアップテンポになっていく展開に意表つかれました。ここからはギターが炸裂して畝ってますね、カッコいい!‌
    ほうほう、サーファーに人気の曲でもあり、アニマル浜口さんの入場曲とはビックリ!‌
    カズさんが一度だけウインドサーフィンに挑戦したエピソードは初耳でした。‌

    「Lady Blue」は、瑞々しさと愛おしさと切なさ溢れる素敵なバラードでうっとりです。ゆったりとしたテンポと叙情的なところは、弾き語りにピッタリですね。‌
    次回はPVの感想語ります(笑)‌

    キター!「Supernova」‌
    クラブサウンドのようですが、途中からアレンジがラテン系になるのがセクシーでカッコ良くて、もう~たまらん!‌
    シングルになってないけど、ファンの間で人気のあるマニアックな名曲です。‌
    お~!マニアックな曲をかけるミットレに相応しいナイスな選曲ではないですか!‌
    ブハッ!回顧録のタイトルに「剛」と「健」が入っているのもナイスです!(笑)‌

    「Don’t Dream It’s Over」…甘い歌声とギターのフォーキーな音色が清々しい曲。‌
    歌詞は奮い立たせるような内容なんですね。‌

    ソロコン前説は、オリンとエディの真逆のキャラコンビの爆笑コントに、カズさんの芸人としての才能が発揮されてましたね。楽しめましたよ。‌
    そこからのアダルティーな「GUILTY OF LOVE」のギャップに萌え~です。‌
    熱くてスリリングな禁断の愛の世界を、カズさんの歌声で体感しました。‌

    七年目の浮気はするなってか?‌
    さあ~それはどーかなー(笑)。‌
    つーか、28周年を迎える山下達郎さんの番組を時々聴いてます。‌
    カズさんも頑張って長寿番組を目指してくださいね。

  5. naoko

    カズさん‌
    ミットレ6周年おめでとうございます!‌

    心に染みるいろいろな曲、生歌、そして面白トーク、毎週元気をいただいて、今では‌
    火曜日のミッドナイトは当たり前のようにラジオの前でワクワクしています。‌

    自分では聴くことの無いマニアックな曲も‌
    聞かせていただいて、私の音楽の世界もかなり広くなったような気がします。‌

    ミットレこれかも毎週、楽しみにしています♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です