古川雄大くんをお迎えした「Midnight Treasures」いかがでしたか?『Studio Sunshine』オススメです!

シャイで繊細で妖精のような雄大。肉を骨付きでムシャムシャ食べたりするのか?腰に手を当てて牛乳を一気飲みしたりするのか?いわゆるヤンチャで豪傑な男子の食べっぷりが浮かばない…甘くて淡くて透明感のあるロミオ。

陽気がいいと空に向かってウオーと叫んだりするのか?浜辺でチャラいお兄ちゃんみたく「ようようそこのオネーサン」とかナンパとかするのだろうか?

これはもはや絶対にない(あほ)。ロミオを完全に演じきっている雄大の率直なイメージでしたが、インタビューをしたら、中側には燃える情熱をたたえるポジティブな青年の姿が見えました。燃え滾る炎というより燃えることを楽しんでいる確かな炎。闇夜を照らす炎という感覚。謙虚で誠実で、俺は雄大が大好きになりました。昔から知っていたけど、共演は初めて。ミットレに出てもらえたことで、雄大の深い面まで知れて本当に嬉しかったです。みんなも恋に落ちたんじゃないですか?どうなんだ(笑)?

雄大の今後のスケジュールですが、『ロミオ&ジュリエット』が終わるとすぐ あの『エリザベート』に出演します。6、7、8月3ヶ月 帝国劇場で上演。でなんと、奥さん、雄大はトート閣下ですよ!!!死と闇の使者。雄大の美しく妖艶なトートを早く見たい。彼が新しいエリザベートの歴史を開くのは間違いない。そう思います。いやあ楽しみ。我らがダルタニアン 井上芳雄くんとのダブルキャストなんて、鼻血舞ーだな。あ、鼻血が舞うって意味です(笑)。

雄大へシンパシーを抱く点はもう一つあって、それは雄大がシンガーソングライターでもあること。番組でオンエアした「ハローマイフレンド」も耳に残るいいメロディーだったでしょ?素直な歌詞もスッと耳に入ってくるよね。エンディングあたりで、穏やかなAメロから突然サビに行くところで震えました。いやあアレンジもかっこええ。雄大は5曲すべての歌詞を書いている上に、2曲では作曲もしています。どれもキャッチーで甘くていい曲ばかり。これをミットレで強く訴えられなかったので、今ここに書いています(笑)。

『Studio Sunshine』というアルバムがそのアルバム!絶賛発売中です。是非お手にとってみて下さいね。大推薦。

皆さま、これからも雄大をよろしくね!

昨日のオンエアの感想をお待ちしています。生歌のSheはいかがでしたか?


21 thoughts on “古川雄大くんをお迎えした「Midnight Treasures」いかがでしたか?『Studio Sunshine』オススメです!

  1. カズさん、デビュー27周年おめでとうございます☆‌

    平成の時代を駆け抜けた27年、令和の時代もよりパワフルに走り続けてくださいね!ずっと応援していますよ~‌

    まずは明日の昭和歌謡祭、楽しみにしています。‌

    日付が変わる前に間に合って良かった(汗)。

  2. ひろこ

    Happy デビュー記念日!!‌
    これからも益々輝きに満ちた日々を笑顔と共に過ごせますようお祈り致しております!!‌
    まずは今月のコンサート、そしてSMOKEで御姿拝見するのを楽しみにしております!

  3. ★kaoru★

    お邪魔しまーす ☆彡‌
    日が経ちすぎて…‌
    コメント欄がクローズされてないか?‌
    心配しながら…やってきました。‌
    遅くなりましたが回顧させてくださいね♫‌

    ♬♬* Best Of What I Got‌
    グイノリのロックなビートがたまんない一曲です。‌
    キーボードの綺麗な音色、ドラムも力強い音、ギターのギュインギュインな音が痺れる♪‌
    この曲は…もちろん聴いた事ありました。‌
    でもタイトルが思い浮かばなかった。‌
    洋楽はどうしてもタイトルを失念してしまいます。 カッコいい♪♪‌

    ♬♬* Thank You For The Music ‌
    ABBAは本当にいいですね♫♫‌
    改めて聴いて…その良さがいつも実感出来ます。‌
    このリクエスト曲が流れて嬉しくなった出来事もありました。‌
    ミットレで新しく出逢う曲もあるし…懐かしくなったり…‌
    あらたな発見があったり…‌
    かずさんに…たくさん Thank You For The Musicな気持ちでイッパイです。 (*´艸`*)‌
    そしてABBAは涙腺が壊れてしまいそうなメロディーが多いなぁと実感。(´;д;`) ‌
    大好きです。‌

    ♬♬* Take It To The Limit ‌
    聴き比べ企画…私も最近、楽しみで聴き比べています。‌
    アレンジが違うとまったく別の雰囲気になったり、驚くことも多いです。‌
    元々のイーグルスの原曲はスローテンポで、こちらのTake It To The Limitは軽快な感じで…‌
    どっちも有りだし…どっちも好きだなぁ。‌

    ♬♬* Sara ‌
    3月にずーっとこの曲が聴けて嬉しかったです。‌
    Saraを聴いていると…当時のかずさんの恋愛観や気持ちが見えてくるようです。‌
    たくさんのラブソングを誕生させて聴かせて下さってますが、かずさんの原点はここなのかなぁ…って思ったり…。‌
    私もリスナーさんのお便りのように…‌
    『普段はあんなに面白い人なのに…こんなに素敵な曲を書く方なのぉおぉ』に爆笑しながら同感だなぁって思いました。(*´艸`*)‌
    これからもでかずさんの創る曲🎶🎶‌
    いっぱい聴かせてくださいね♫‌

    ♬♬* Hello My Friend‌
    ロミジュリで初めて歌声とお芝居を拝見させて頂きました。‌
    そしてお話をお聞きし…かずさんと幸二郎さんの決闘のシーンのお話…‌
    歌に感情を乗せる実演。‌
    以前にも、そのお話をお聞きしたので嬉しくなりました。‌
    真面目で繊細で実直な…そんな印象です。‌
    とても人気のあるのが…わかる気がします。‌
    話声と歌の声が違っていて新鮮でした。(この曲だからかなぁ?)‌
    この曲もとってもいいですね♫‌

    ♬♬* She  (Live) ‌
    お寺コンサートでの音源ありがとうございます。‌
    かずさんの歌声の『She』本当に好きなんです。‌
    なので年末に聴けたのは大感激でした。‌
    眞樹さんのピアノもいいなぁ…♫‌
    かずさんの低音の声も英語の発音も、かずさんの心が宿るSheに時間が止まりました。(*´艸`*)‌
    また聴かせて下さいね。‌

    次回のON AIRも楽しみにしています♫♫

  4. ikam

    リトルショップオブホラーズ。‌

    あれは結局どんなストーリーだったのかしら?と検索。‌

    なぜか今見たら無くなっていましたが、Wikipediaに貼ってあったURLをクリックしてみると、‌

    1960年のミュージカルではなかったオリジナルの白黒映画の動画が動き始めてつい見てしまい、結局丸ごと一本みてしまいました。‌

    うわわわわ〜〜。わ、笑えないよぉ〜〜(;´д`)‌

    発想は面白いし、どうなるのかとつい見てしまったし、お好きな方はお好きなんでしょうけど、あまり好んで見たいとは…。‌

    そんな映画が、演出に手を加えてミュージカル仕立てにすることで、なんて魅力的に変化するんでしょうね!‌

    基本的なストーリーは変わってないのが引っ掛かりはしますけども(^o^;)、それを上回る「さすがアランメンケン!」な曲の数々!‌

    思わず観劇意欲をそそられています。‌

    一番無理だったシーンは無いようですし。これは要チェックですね(☆ω☆)

  5. ikam

    とてもあっさり書いてしまいましたが、小池先生率いるロミジュリの皆さん、本当に素晴らしかったです!‌

    衣装、舞台セットから何から何まで全てが進化していてとても感動しました。‌

    小池先生はやはり凄いですね!‌

    そしてチャレンジャーだわ(笑)

  6. ikam

    今晩は。‌

    ロミジュリ大千秋楽おめでとうございました。‌

    東京方面からのこれまで見たことのない新しい石井さんだという噂通り、新境地を切り開いたようなヴェローナ大公でした(☆ω☆)‌

    これまでになく素直に大人しく先生の仰ることをよく聞く良い子でいらしたからなのでしょうか?(笑)‌

    ますますSMOKEが楽しみになってきました。‌

    そしてリトルショップホラーズご出演決定おめでとうございます☆‌

    これ。映画で上映されていたのは知ってます。音楽はノリノリでナイスなナンバーが多くて楽しそうなのに、ちょっと苦手な感じがして見なかったやつです。‌

    動画で見たマッドなドクターの歌のシーンは、直視できないけど(笑)最高ですね。演じる側も楽しそう!‌

    あ、エディーもありましたね。 こちらも楽しみにしてますね。‌

    ではではお疲れさまでした(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です