今夜24時〜ミットレで”フランス版オペラ座の怪人”ファントム役 ローランバン との対談オンエアします。爆笑!生歌は「ノートルダムの鐘」より「カテドラルの時代」。

神無月も後半戦。皆様お元気ですか?俺?お元気ではありますが、お尻に火がボーボー。カチカチ山の狸みたいな状況です(あほ)。

 

原案 作曲 主演の一人芝居「君からのBirthday Card」が11/11に迫って来たからです。自分で考えたストーリーを大谷美智浩さんに依頼、何度も打ち合わせを重ね、明日にも最終稿が完成しそうな状況でござ〜ます。もともと発表していた自分の曲が半分、新曲が半分になりそう。5曲を書き下ろしています。これが大変ではあるけれど楽しくてならないんだ。シーンとキャラクターと感情設定があるとものすごく書きやすい。横浜オーサイトという元本多劇場のライブハウスで上演します。涙と笑いと腹筋分割。全てをプレゼントします(笑)。

 

 

さて、今夜24時〜の「Midnight Treasures」は、フランスのイケメンミュージカル俳優ローランバンを特集してお送りします。先月25日 ローランとのジョイントライブを開催したんですが、今晩は2人の「録り下ろし対談」をオンエアします。さらにミュージカル『ノートルダムの鐘』の名曲「カテドラルの時代」を生歌で披露。お楽しみに!

 

今夜のヘンテコキーワードです。

 

臍。懐。策。魔。○。痛い目。おさる。催眠術。三種類。必至。公用語。マニア。ジーザス。マグカップ。「いい音鳴らします」。

 

昨日見て来ました「MA」の仲間たち!

脚本の大谷美智浩さんと。

 

 

 

『石井一孝 Story Live ~君からのBirthday Card~』開催!

『石井一孝 Story Live ~君からのBirthday Card~』

【日時】 2018年11月11日(日)
1st.13:30開演  Sold Out

2nd.17:30開演  チケットぴあ分 完売。公式サイトのみ残席わずか 

(開場は各公演30分前)

※夜の部終演後サイン会あり(当日 会場でCD・DVDをご購入いただいた方対象)

【会場】 Yokohama O-SITE(横浜)

【料金】 7,500円 (税込・全席指定・ドリンク代別)

【脚本協力】 大谷美智浩

【音楽監修・演奏】 宮﨑誠

 

 


19 thoughts on “今夜24時〜ミットレで”フランス版オペラ座の怪人”ファントム役 ローランバン との対談オンエアします。爆笑!生歌は「ノートルダムの鐘」より「カテドラルの時代」。

  1. ikam

    そしてそして「If I Were You」 は、聴き比べだったのですね〜〜。‌

    道理でロマンティックな甘い曲が続いたわけですね!タイトルがタイトルですものね。‌

    しかも2つとも極上AOR!(☆ω☆)‌

    Don Cicconeさんの方は、ムードといい、ロマンティックなハチロクと熟練した極上アレンジで攻めてくる辺りといい、経験豊かな大人の余裕が感じられるように思いました(笑)‌

    Tobyさんの方も同じく甘くロマンティックな素敵アレンジの曲で攻めてますが、軽快な16ビートと爽やかなアレンジにキュートな若さを感じました。‌

    実はカントリー方面の方だったとのこと。でも意中の女の子を口説きにかかる時は甘いAORで攻めてくるようにも思えちゃって、やっぱりキュートだわーなんて(≧ω≦)‌

    それぞれ何歳の時の曲なんでしょうね〜?(笑)‌

    両方ともこんなに素敵な曲ですから、うっとりしない女性はいないんじゃないでしょうか。‌

    いや、中には甘い曲は苦手〜なんて女性がいたりして(^o^;)

  2. ikam

    ロックをラテンアレンジするというのではなくて、本場のラテン音楽をロック寄りにしたような‌

    こういう音楽って以前も紹介されていたのに、たまたま今回耳に留まったというだけなのかな?とも思いますが‌

    タワーオブパワー meets ラテン音楽?ラテンロック?みたいなところが本当に素敵で気に入りました!‌

    ロッコさんなら、この曲でどうベースを弾くんだろうか?というのも気になるところ(≧ω≦)‌

    こういう曲が他にもあるのか、こういうセンスはこのバンドだけなのか、今後はもう少し注意して聴こうと思います!

  3. ikam

    そして、宮崎誠さん。‌

    なななんてキュートな(≧ω≦)‌

    と、珍しくぷくっとされた表情に思わずコメント(笑)‌

    11月に入り、いよいよ「ひとりミュージカル」が迫ってまいりましたね(☆ω☆)‌

    観る側も演じる側も、きっとこれまでに感じたことのないドキドキとワクワクでいっぱいでしょうね。楽しみですね(^-^)

  4. ikam

    TIERRA!!!‌

    なんですかこれは!?チョ、チョ、チョーーーーーかっこいいんですけどー!‌

    ラテン率が高いのに。なんだかラテンっぽくない!(☆o☆)‌

    どこが!?何が他のラテン系より違ってカッコいいんでしょうね!?‌

    声がロックっぽいから?‌
    チロチロとエレキギターが脇やソロで活躍してるから?(エレキギターの音ならば(^o^;))‌
    ホーンアレンジがめちゃめちゃカッコいいから?‌
    メロディー?‌

    とにかく、スリリングなスピード感のあるグルーヴに、ホーンセクションとパーカッションや歌との掛け合いというか応酬がもうたまらないです!(☆ω☆)超クール!!‌

    エンディングの演奏もなんて魅力的なんでしょうね。それぞれのソロのセンスも好み。‌

    私、音楽は予備知識無しに、まっさらな気持ちで聴いてみたいので、オンエアされた曲を先にチェックするのですが‌

    これは痺れました〜〜〜。‌

    そして、聴いた人それぞれに思うもの、感じるものがあった、ただ面白くて楽しいだけでは終わらせない、博多愛溢れるメドレー(☆ω☆)‌

    涙を飲んだコンサートの歌が聴けるって、ミットレがあって本当に良かったと思う瞬間ですね。‌

    末代まで後悔するということにもならずに済みましたしね(≧ω≦)‌

    有難うございました♪‌

    カッコいいベース特集もめちゃめちゃ楽しみにしています!‌

    ベースラインがカッコいい、ベースのリフがカッコいい、いろいろありますよね〜(´∇`)♪

  5. naoko

    ガスさん、一人芝居の準備お疲れさまです。笑顔でお元気に、楽しく準備をされますように願っています。‌
    ガスさんのジノのライブは伺えなくて残念でしたけれど、ミットレでガスさんジノの歌声を聴かせていただけるのを楽しみにしています。‌
    一人芝居、そして名古屋での校歌のお披露目を楽しみにしています。‌
    ロックはあまり分からないので、ミットレでいろいろ勉強できたら嬉しいです。‌
    フランス語は喋るのは難しいけれど、響きがエレガントて大好きです。‌
    ローランさんとガスさんのデュエット、とても心に残っています。ガスさんの作曲された曲もミステリアスでとても素敵でした。素敵なライブの再演を楽しみにしています。‌
    ミットレもとても楽しみです。‌
    ガスさんが大好きな音楽を楽しまれて健康に過ごされますように祈っています。‌
    愛と感謝を込めて♡♡♡

  6. ikam

    私、コシャンテと聞こえちゃって、ずっと間違えてましたけど‌

    リッカルドコッチャンテ。‌
    リッカルドコチャンテ。‌
    リカルドコチャンテ。‌
    リシャールコシアンテ。‌

    いろいろな呼び方をされているようですね。どれが正解なんでしょうね( ̄▽ ̄;)‌

    入手困難アルバムより16曲聴ける動画がありました(^o^)‌

    AORミュージシャンの演奏が堪能できる曲、ありましたありました(☆ω☆)イントロからガラッとかっこよくなって、おおお!となったり、素敵なデュエットのバラードがあってウットリしたり。雰囲気がやはりグッと変わりますねー。‌

    全ての曲がグッと変わるわけではありませんが、とても良い曲ばかりでした。しゃがれた声がなんともいい味出してます。‌

    そんなアルバムからの1曲は、リッカルドさんの本来の個性と才能がとくに光るものを選曲されているように感じました。‌

    美しくて切なくて、ロマンティックでドラマティックな曲がお好きなのかなという印象でしたが‌

    どうもそうとも言えないようで。‌

    というのも、デビューアルバムを推薦していた人を見つけ、推薦文を読んでみたんですけど、これには痛快な曲からバラード、プログレと、様々なジャンルがあるとあり、中でもイタリアンプログレがどーのこーの(笑)と書かれていたからです。‌

    リッカルドさんは、なかなか奥が深そうですね。‌

    私はここまでで十分ですが(笑)、またリッカルドさんの何かよい曲を見つけたら、是非オンエアしてくださいね。

  7. ikam

    Sincerity。‌

    陰と陽の巧みな構成にグイグイ惹きつけられてしまう曲です〜。ちょっとユニークなアレンジとか歌とか、どこかルパートホルムズっぽいところがちらっとあるようにも感じたのは…気のせい?‌

    そしてノートルダムドパリっぽい!‌

    歌詞は置いておくとして、曲は劇中で使われても全く違和感ないんじゃないかなと思うほど。‌

    この方の曲は、しっかり聴いたわけではないですが、どの曲にも共通のムードがあるような印象でした。‌

    なので、AORの精鋭ミュージシャンたちが参加していた話にはちょっとびっくり。‌

    入手困難でもYouTubeで聴けたりするので、本当に有難いですね。毎回書いてますけど、毎回思ってるんですよー。

  8. ikam

    そして、カテドラルの「鐘」と連呼してて恥ずかしい〜(*/□\*)最近毎日聴いてるのに。すみません。‌

    私、もしかしたら曲のタイトルにはあまり興味がないんじゃないかしら?( ̄▽ ̄;)←単にあほだから

  9. ikam

    今度は曲名を間違えてしまった( ̄▽ ̄;)‌

    Brother To Brotherでなくて、I Just Wanna Stop でした。

  10. ikam

    S.O.S がミットレで聴けるとは!‌

    スターマニアに出演していたブリュノペルティエの歌をYouTubeで聴いて知り、なんていい歌なんだろうと思っていたのです。ファルセットが入るのがいいですね。‌

    他にもたくさんの人が歌っていて、フランス国民にとても愛されているのが伝わってきました。なるほど。大ヒットしたミュージカルだったんですね。‌

    そして、カテドラルの鐘は日本語だったとは!日本語歌詞とまさかのハモりが新鮮で圧巻でした〜!‌

    ローランさんは話し声まで素肌にジレな感じでしたね(≧ω≦)‌

    身長があってスタイルもルックスも良くて、YouTubeで聴いたサリエリもとってもハマってらして、怪人役もさぞ魅力的だったことだろうと思いました。‌

    多才でいらっしゃるし、まさに逸材ですね(☆ω☆)‌

    あ。ノートルダムドパリのフェビュスが歌う「Torn Apart」。ノートルダムの鐘ではフィーバス?‌

    聴き比べてみました(笑)‌

    透明感のあるスティーヴバルサモの声が中2男子くらいだとすると‌

    オリジナルキャストのパトリックフィオリは高1。‌

    ローランバンさんは高3くらいでした(☆ω☆)←あほ‌
    隠せない色香が滲みだした、大人の少し手前の男子でした(☆ω☆)←あほ‌

    ブリュノペルティエは、どちらかといえば逆のタイプかもしれませんね。歌やインタビューやゲストとして参加している様子を見る限りの印象ですけどね。‌

    実はリチャードコシャンテの曲もYouTubeでいろいろ聴いていたのですが‌

    全体的に、どこか悲しげな旋律の曲が多いのは、国民性か何かなのかなぁ?と思いました。‌

    でもどれも素敵な曲でした(^o^)‌

    シンガーソングライターが曲を作るって、小さなひとつの物語を作るようなものだと思うので、‌

    曲をたくさん作ることが苦にならないような、アイデアがいっぱい湧き出てくるアーティストなら、やがて大きな物語の曲を作ってみたくなるのかもしれない。‌

    なんて、推理してみたりもしました。‌

    そして。‌

    コブシの話ですが、Brother To Brother は8ビートでなく16ビートでした!‌

    では、間の細かい音を抜いて8ビートのつもりで。その方が説明しやすいから(^o^;)←あほ

  11. Kaori

    教授、こんばんは!‌

    DJさんの催眠術にもマケズ、ミットレ聴いています♪‌
    今日も素敵な曲の連続でご機嫌なミッドナイトです☆‌
    RICHARD COCCIANTEのお話を聴いて、気になっていました。‌
    オンエアありがとうございます。はい、CD入手は諦めました。‌

    「カテドラルの時代」のオンエアも嬉しくてたまりません。‌
    生き生きしたお二人や、大切なお仲間達とのお写真UPで、テンションもUPです。‌
    (((o(*゚▽゚*)o)))‌

    11/11も楽しみにしています♪ヾ(*´∀`*)ノ‌
    準備頑張って下さいね!

  12. ikam

    「ラァ」の「ラ」と‌

    次の小節の頭の「ア」にアクセントをつけるんです。‌

    って、忘れて欲しかったんじゃないんかい!(゜゜;)\(–;)

  13. 執筆戦隊小説シスターズブルーNanako

    教授、こん!‌
    今日のローラン特集、今台北にいるローランも張り切ってますね。インスタにこの間のライブのしゃしん、どどんとアップしてましたよ。‌

    って事で?整いました。今日は早かった。10分くらいでできちゃった。あらやだ、私って天才。(はい。ちょっと酔ってます)‌

    Nanakoです。勝手に始めたキーワード小説、No.79 あるオトコの独り言編‌
    俺は音楽マニア。CD、レコードコレクター。見てくれ、このジーザスクライストスーパースターの各国実況版コレクション。これはレアだぜ、フィンランドで上演されたスウェーデン語版だ。え?なんでフィンランドでスウェーデン語かって?あの国はスウェーデン語とフィンランド語、両方が公用語なんだ。わかったかい?湾蜂図。これなんてジャケットが三種類あってさ、、こっちはさ、、、‌
    ん?集めすぎだって?そりゃ俺も若い頃は懐具合と相談しなきゃいけなかったし、金策に走ったこと、痛い目にあいかけた事もあるさ。でも、店頭にあるレコードやCDの○。この形と「いい音鳴らします」ってこちらに訴えているような佇まいを見ると、魔がさすっつーか、催眠術にかかったように買っちゃう訳。俺が欲しかった盤をタッチの差で他の奴が買うとほんと、臍曲げちゃうもんね。‌
    こうやってコレクション並べた部屋に座って、おさるの柄のマグカップに入れたコーヒー飲みながら次はどれを聞こう、とぼーっとするのが至福のひととき。‌
    でも俺忙しいんだよ。ワーキングいっぱいなんだよ。今日も半分徹夜になるのは必至だなあ。ボーッとする暇もないんだよ泣‌
    でも俺頑張る。君の笑顔のために。。。らぷ。

  14. ikam

    リハ動画!(☆ω☆)素晴らしい!ええ声!ええハモり!‌

    歌も完コピ目指してらっしゃいますか?石井流ですか?どっちかな。‌

    もし完コピされるなら、ジノマニア(大げさ)チェック入れさせてもらってもいいですか?‌

    サビの最後のコブシが入るタイミングなのですが‌

    8ビートを、ビート4つずつに分けて書くとですね‌


    〜イ ジャス ウォ ナ〜‌

    ストップ 休 休 休‌

    休 ふぉ〜 よ〜 ラァ‌

    アァァ〜〜〜〜〜‌

    となります。「休」は8分休符です。‌

    「ラァ」で小さなコブシがちょっと入ってから‌

    次の小節の頭で「アァァ〜〜」と大きなコブシが…‌

    って細かすぎるわ!(゜゜;)\(–;)‌

    すみません。忘れてください。‌

    さて。今夜はいよいよカテドラルの鐘デュエットですね!(☆ω☆)‌

    楽しみにしています!

  15. r

    一人芝居の準備、お疲れ様です!‌
    カテドラルの生歌だなんて♪楽しみ!‌
    5曲の新曲だけでも嬉しいのに、『全て』プレゼントとは太っ腹ですね!‌
    皆さんとのステキなお写真もありがとうございます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です