同袍同沢のミットレ回顧録 2021.3.9

こんばんは! 石井一孝です。
「FM COCOLO 765 Midnight Treasures」。
この番組は ミュージカル俳優でシンガーソングライター、
そして レコードコレクターの 僕:石井一孝の選曲でお送りする1時間。

〜Midnight Blueな夜の帳が…あなたの心を優しく撫ぜるひととき・・・真夜中の宝箱 〜

ハローミッドナイト!
ご機嫌いかがですか?
俺は連日ご機嫌に稽古しています。
そうです。
アカデミー賞受賞映画の舞台化『サイドウェイ』の稽古が熱く燃え上がってるんですよ!
ワイン好きな男2人が、カリフォルニアのワイナリーを車で渡り歩き、
毎夜毎夜乱痴気騒ぎをするというストーリー。
俺はその乱痴気の中心にいる男、ジャックです。

俺の影にはいつもオナゴがいる…そう、なぜなら俺はモテるから….
って現実にそのエッセンスをくれよ(あほ)!
現実はアローンの影しかないじゃないかー!

はい。そろそろ通し稽古なのでね、気合いが入ってるんでございます(あほ)。

ということで、今夜最初のお便りにまいります。

生野区の男子 コリアタウンのJ.BOYさん。

「ハローミッドナイト!
俺は長距離トラックの運転手ですが、もうかれこれ5年は必聴してます。
ちょうど寝落ちするくらいにオンエアしてくれるで重宝しています(笑)
これからもナイスなボケと一人ツッコミでリスナーをカズタカワールドへいざなって下さい。」

アッハッハッハ。
コリアタウンのJ.BOYさん、カズタカワールドへようこそ。

ということは今は運転中ということですかね。
俺の実家は運送業だったんで、トラックの運転をしている父の背中をいつも見て育ったんですね。
なので、トラックドライバーさんに勝手に憧れ、親近感を感じております。
それにしても、もう5年も聴いてくれてるなんて嬉しいですね。

それでは、J.BOYさんが寝落ちしないように疾走感のあるナンバーをお届けします。
The Eaglesの「Get Over It」

1994年の爽快なナンバー、The Eagles「Get Over It」お聴きいただきました。
これは眠っている場合じゃない!そういう曲ですよね。
ドライビングミュージックに最適なテンポとグルーヴじゃないでしょうか。
シャキッとして頂けましたか?

この曲は、泣く子も黙らっしゃいの世紀のグループ、The Eaglesの再結成後のアルバム
「Hell Freezes Over」に入っています。
このアルバムがまた最高なんですけど、
MTVでのライブとスタジオ録音の新曲4曲からなるちょっと変わった構成のアルバムなんですね。
さすがイーグルスですよね、世界のイーグルス。
このアルバムも、もちろん全米ナンバー1を獲得、800万枚売ったと言われています。

さあ今夜は『サイドウェイ』のマイルス役、藤重政孝くんをトークゲストにお迎えします。
まぶたにマッチ棒を挟んででも、シゲちゃんの登場をお待ちください。
「果報は寝ないで待て」

 

  CM

 

FM COCOLO 765 MIDNIGHT TREASURES 石井一孝がお送りしています。

神戸市のジャスミン茶さんから嬉しいメールが来ています。

「石井さんこんばんは!
先日アニソンSPの時に初めてミットレを聞きました。
ダンディでいい声だな…でもどこかで聞いたことあるな。と思って調べたら、
石井さんアラジンの歌を歌っていたんですね!
アラジンの歌は私にとってかけがえのない歌なんです!

なのにお名前を知らなかったって、どう言うこっちゃー!!笑
すみません・・・アラジンとジャスミンで覚えてました・・
でも、こうしてその声と再会するって言うのがラジオの醍醐味ですね!
ホールニューワールドを聞かせてください」

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ〜ン、アラジンこと石井一孝で〜す!
はい。いやいやいや、ミットレを通して俺がアラジンだったことを知ってもらうっていうのも、
何だか小っ恥ずかしいような嬉しいような…嬉しいですね。
そうなんです。
俺がまだ駆け出しの俳優の頃、25歳でしたね。
アラジンのオーディションを受けまして、奇跡的に合格したんですよ。
なんで俺みたいなキャリアもないペーペーが受かったのか未だにちょっと謎なんですけど、本当に幸せですね。
俺の担当は歌で、1993年のVHSの時代も、今販売されているDVD版も
わたくしが山寺さんや麻生かほ里ちゃんと共にアラジンの曲を歌っているということでございます。

ということで、リクエスト曲おかけしますね。
石井一孝 & 麻生かほ里 で「ホールニューワールド」

懐かしいね。
Disneyアニメ『アラジン』より、石井一孝 & 麻生かほ里の歌声で
「ホールニューワールド」お聞きいただきました。

この時の声が今と違うってよく言われるんですけど、この時も俺はアラジンのイメージに合わせて、
17歳くらいっていう設定だったんで、そもそも若い声で歌ったんですよね。
だから、わたくし今53歳の年齢からすると35歳分くらい若い声なんですよ。
「え?声違うよ。石井くんの声じゃないんじゃない?」って言われても仕方ないなと思うんですけれども、
本当に俺なんだよ、これ。
経歴詐称じゃないからな(笑)。

はい。今日初めて、俺がアラジンだったと知った人!
正直に初めてメールで「その通りです」と詫び状を入れること(あほ)。
はい。嘘です。詫びなくて良いですけど、初めてメールください。

俺にとって大切な宝物の曲、お聞きいただきました。

それでは今日はこの流れからこれしかないでしょ。アラジンの声で叫べこのコーナー。

 

   <俺のAOR>

 

聴かせてあげよう〜輝く世界〜プリンセス、魔法の音をホラ〜

はい。妄想の世界から現実に戻ってきました(笑)。
ちゃんと若い声出たでしょ?

AORとは、アダルト・オリエンテッド・ロックの略で、大人向けのロック、洗練されたロック。
そんな意味合いなんですが、
俺が大好きなAORを大阪を中心に世界中に広めていこう…というコーナー。

和泉市の男子 おにこべ オトンさんからのお便り届いています。

「石井さん、Hello midnight!
サタトレの頃から聴かせていただいてるわりには、
番組がきっかけで知ったAirPlayを今でもリピートして聴いてるAOR素人の私です。

先日何気なく聴いてたネットラジオでかかってた曲がごっつえぇなぁ~と思って調べてみましたら、
これがSkylarkのWildFlowerって曲のようで、早速CDをと思ったら
これがないんです…あってもアメリカから送料別128ドルとか。
こんなん買ぅたらオカァチャンに蹴り飛ばされて玄関の鍵交換されてまうわ…と涙目になりながらなおも探したら、
『ザ・一発屋 われらが青春の日々』ってCDに入ってることが判明。
失礼なタイトルやなぁ~と思いながらゲット(買ぅたんかーい!)
し、染みるなぁ~と聴きながら改めて調べてみたら、
なななぁんと!このSkylark、あのDavid Foster大先生が率いたバンドだったんですね!
石井さん、Skylarkのことでもし何かご存じでしたら、素人の私に
どうか教えてたもれ!!」

ブワッハッハッハッハ。
おにこべ オトンさん、いつも面白いお便りありがとうございます。
今日も爆笑でしたよ。
オカアチャンに鍵を交換されるってところが一番好きです(笑)。
なんと自力でスカイラークにたどり着いてくれたんですね。
かずお、感激です!!

細かいことは後で語ります。まずはみんなで聞いてみましょう。
若き日のDavid Fosterが在籍してたバンドSkylarkの「Wildflower」

1973年の大ヒットナンバー、Skylarkの「Wildflower」
なんだか演歌的な哀愁を感じる曲だよね。
大人になればなるほど、その良さを痛感する、そんな深い味わいのナンバーだと思います。

AOR界の神、David Foster大先生も売れてなかった時代が当然あるわけでして、
ブロードウェイの稽古ピアノをやったりドサ回り的なツアーキーボードをやったり、
その才能が正当に評価されず、若い時は色々苦しい日々を過ごしていたんだそう。
俺はDavid Fosterの自伝「ヒットマン」を熟読して5~6回読んだんだよね。
なので異常にフォスターのこと詳しいんですよね。

23歳の時に祖国カナダでデビューとなったのが、このスカイラークっていうバンドですね。
まだフォスターの「目眩く美を追求したメロディアスな音世界」は完全に完成されておらず、
1972年っていう時代もあって、まだ垢抜けない感じなんだよね。
そこが愛しくもあるんですけどね。

このスカイラークっていうバンドは、
ヴォーカルのダニージェラルドって黒人シンガーが素晴らしいのも特徴なんですよね。
ダニーの1stアルバム、これすごいいい出来なんですけど、
後にAirPlayの相方となるJay Graydonが参加してるんです。
そんな流れからフォスターとグレイドンがAirPlay結成するっていうことに繋がっていくわけですよ。
ここ重要。試験に出ますよ。

重要事項まだあります。
何回結婚してるんだ!という恋多き男でもあるフォスター先生の最初の奥さんが、
このバンドのもう1人のヴォーカル B.J.クックというレディだったこと。
ここも試験に出ます。
出るかーーい(あほ)!

はい。オニコベおとんさん、蘊蓄はこの辺りでよろしいでしょうか?

 

さあ、ここで3月のMonthly Kazutaka Tracksにまいります。
皆さん、お聞きください。
作詞 三輪えり花、作曲 石井一孝で『メグのテーマ』

~~~~~~~~~

石井一孝の4枚目のアルバム『同じ傘の下で』より『メグのテーマ』お届けしました。
東京都のMYMELOMELODYさん、千葉県のかすみ草さんからもリクエストいただいております。
ありがとう。

 

はい。それではお次は無茶振りリクエストにまいります。

藤重くんと同郷の山口県の方からきてますねー。

スターキャッスルさん。

「石井さん、はじめまして。
クラシック音楽一筋できたプロのビオラ奏者です。
ポップスには疎いので、この番組からいろいろ勉強させてもらってます。
ボケのテクニックも勉強になってます w
もし良かったら石井さんの最も好きなクラシック音楽を一部だけでもいいので、
聞かせてもらえないでしょうか?
周南市より愛を込めて」

来ちゃった来ちゃった来ちゃったよ。俺が最も疎いジャンル、クラシックミュージック。
しかしスターキャッスルさんのご希望にお応えして、俺の一押しクラシックをお知らせの後、お届けします。

何がくるのかな?
バッハかな?ゴッホかな?
ゴッホは画家でしょーー(あほ)

 

  CM

 

2007年の作品。ロック界の暴れん坊将軍、
ブライアンセッツァーオーケストラの「Take The 5th (運命)」

くうーー、すごくないこれ?
ベートーベン大先生のあの「運命」が、
見事にブライトにロカビリータッチにアレンジされてるんだよね。
俺はそもそもブライアンセッツァーをこよなく愛してるんだけど、
クラシックの名曲を全曲ロックにアレンジしたこのアルバム「Wolfgang’s Big Night Out 」、
これ最高なんですよ、皆さん。
たまらなく好き。スターキャッスルさん、こんなん出ました(笑)。
またしてもクラシックではなくポップスになってしまいました。ごめんなさい。

 

と言ったところで、「サイドウェイ」の愛しき相棒をお招きします!

――――――――――――――――――
【藤重政孝くんとのトーク】
――――――――――――――――――

シゲちゃんのバンド、MSTKの「Under the Gate」

いかがでしたか?
シゲちゃんは色気があって逞しくて頼り甲斐があって、ロックが大好きで、ほんとにいい奴。
俺は大好きなんだよね。
これから通し稽古を重ねて17日の初日には最高の舞台をお届けしたいと思います。
楽しみに待っててね。

 

さあ、それでは今夜のラストナンバーです。

和歌山県のうめちゃんさんからお便りきていますね。

「1月のツイキャスでの生配信コンサート。
中学生の頃より大好きな小田和正さんの楽曲を大好きなかずさんが歌ってくれました(≧∇≦)
夢みたいでした。また選曲が「おぉーー!!」とオタクすぎました(≧▽≦)ノ
かずさんの透明感ある歌声にこの曲の冬の情景がすごくマッチしてぴったりでした。
心にキュンときて心離れるどころか心くっつきました!かずさんの歌われる切ない曲は、
歌詞をとても大切に歌われるので大好きです」

 

静岡県の千疋屋のレモンさんからもきていますね。

「配信ライブを見て以来、この曲が耳からはなれません。
ふとした瞬間にあの歌声とメロディがよみがえってきます。
石井さんのオリジナル楽曲の原点の一つが垣間見れたような気がします」

おおー、みんな本当に幸せな感想をいつもありがとうね。
俺は中学時代にオフコースにドップリハマって365日聴いてたんだよね。
小田和正さんは今でも俺のアイドルで、あの透明感のある歌声、あの世界観がたまらなくて、
小田さんの感情が音符から湧き出るような曲作り、全てを心から尊敬してます。

かもさん、オータムハートさん、ビートルさん、マダムエビフライさん、GRIMMさん、
すずらんさん、凛音(りおん)さん、うみつきさん、ほか多くの方からリクエストが届いています。

一月の生配信コンサートの生歌いきます。
オフコースの名曲『心はなれて』

~~~~~~~~~~

 

   CM

 

FM COCOLO 76.5 MIDNIGHT TREASURES
藤重くんをゲストにお迎えした今夜のミットレ、お楽しみいただけましたか?
俺たちの仲の良さがわかってもらえたと思います。

<番組ではリクエストを募集しています!>

■リクエスト①

* スペイン曲特集
* 番組きっかけで好きになった、あなたのアーティスト・曲
* 石井さんに聞いてほしい曲・挑戦状
* 好きなカバー曲
*人生で一番聴いたアルバム、曲
*ギタリスト特集、クイーン特集、アニメ特集、ハードロック特集、JAZZ特集
Beatles特集、ブラックミュージック特集、かっこいいイントロの曲、映画音楽の特集も引き続き!

■リクエスト② 「無茶振り リクエスト」

※その他、僕への質問、お悩み相談、番組への感想・・・なんでもOKです。
(とにかく僕と絡んでください〜)
番組ブログに詳細が載っていますので、ぜひチェックして送ってください。
FM COCOLOのホームページの番組サイト「リクエスト プレゼント」ボタンからお願いします。

 

   <告知>

★最新アルバム「In The Scent of LoveTop Note~」発売中!
岡幸二郎さん、濱田めぐみさん、シルビア・グラブさんが参加。

~「In The Scent of LoveTop Note~」ダイジェスト映像~

 

石井一孝原案、作曲、主演の一人ミュージカル「君からのBirthday Card」のDVD絶賛発売中。

~「君からのBirthday Card」ダイジェスト映像~

 

「アートにエールを!東京プロジェクト」に当選しました。「君からのBirthday Card」のスピンオフ『虹』掲載中!

東京都の専用サイト
https://cheerforart.jp/detail/6088

 

★君からのBirthday Card オンラインversion 現在配信中!

感動の一人芝居ミュージカルをご自宅で!
3コース(¥1,500/¥4,000/¥8,000)からお選びいただきます。

詳細はコチラ
https://kazutakaishii.com/2021/03/28/news_20200328/

 

★5月1日(土)「石井一孝 ミュージカル高座 in 名古屋 2021」開催決定

【スペシャルゲスト】原田優一

詳細はコチラ
https://kazutakaishii.com/2021/02/05/news_20210205/

 

★東京公演5月21日(金)~6月13日(日)・大阪公演7月3日(土)~11日(日)ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』今回はロレンス神父役にて出演いたします!

 

★8月26日(木)~9月11日(土)ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』オリン役にて出演いたします!

 

★岡幸二郎&石井一孝が奏でる友情の音「La Noche Feliz」発売中!

 

★石井一孝LINEスタンプ絶賛発売中

番組ラストは<ミットレお別れ名言劇場 〜君の瞳に映る僕に乾杯〜>
あなたが好きなセリフ、言葉を、イッシーが感情を込めて読み上げます。
出典は 映画やミュージカル、漫画、アニメなどなんでもOK。
グッとくる言葉、面白い言葉・・教えてください。

ということで、今夜は・・・
山形県 キャプテンつばめさんから
スティーブジョブズの名言

「何を捨てるかで誇りが問われ、何を守るかで愛情が問われる」


5 thoughts on “同袍同沢のミットレ回顧録 2021.3.9

  1. 赤津崎(石井一孝) Post author

    ショコラさん、書き込みありがとう。いいんです、書くのが遅くても。とにかく嬉しいっす。俺の選曲が少しでも毎日の光になっていたら幸いです。これからもよろしくお願いします。

    みんな、元気でいこうね!

  2. ショコラ

    カズさん、こんばんは!
    だいぶ遅い書き込みですみません。
    相変わらず拙い文でお恥ずかしい限りですが(汗)、少しずつ最後の回まで感想を書かせていただきます。

    「Get Over Way」
    疾走感のある曲で聴いていて爽快でした。この曲はイーグルスが長い休止期間を経て再結成をした時のものとは知りませんでした。
    グループを長く続けるというのは、やはり難しいんですね。

    「ホールニューワールド」
    いろいろな局のTVでディズニーの曲特集がよく組まれますが、アラジンは必ずと言っていいほどNo.1にランクインしています。
    カズさんと麻生さんの声が流れてお名前が出るといつもニヤニヤしてしまう自分がいます(笑)。
    アラジンはこれからもずっと子ども達に愛され引き継がれて永遠に残っていくのではないでしょうか。
    カズさんにとって本当に宝物の曲ですね。

    「Wildflower」
    昔ドラマやCMで聞いたことがあるようなどこか懐かしさを感じるメロディーでした。
    デビッド・フォスター氏の驚くようなプライベートなお話にも興味を持ちました(笑)。

    「心はなれて」
    オフコースはあまり詳しくなくてこの曲は今回、カズさんの配信コンサートで初めて聞きました。
    一瞬、時が止まったように聞こえるメロディーライン、そしてカズさんの切ない歌声にとても惹かれて大好きな曲になりました。
    素敵な曲を紹介してくださりありがとうございました!

    ミットレロスに陥っていましたが、こちらのブログで音楽講座が始まるかも⁉︎とのことでだいぶ浮上してきました。
    単純ですね〜(笑)。
    講座開講を楽しみにお待ちしてます!!!

  3. 赤津崎(石井一孝) Post author

    naokoさん、うみつきさん、書き込みありがとう!アラジンの歌声が僕だと知らない人は、たぶん日本中に5000万人くらいいると思います(笑)。だから初めましてーって人に会った時に、「ディズニーのアラジンは僕なんです」って言うと、誰も彼もがざわめくんです(笑)
    それが快感になっています。

    これからもよろしくお願いします。

  4. うみつき

    名前を呼んで頂きありがとうございます。
    生歌音源嬉しいです。

    そして『アラジン』は、石井さんのファンになった切っ掛けの作品なので特別です。
    顔も名前も数年知らずにいましたけどねf(^^;

  5. naoko

    カズさん、ミットレ回顧録楽しく読ませていただきました。

    火曜日の夜になると『ハロ〜ミッドナイト』という明るい声が聞こえてくるのが当たり前になっていました。

    あらためて、ブログで読ませていただけて
    とっても嬉しいです。

    『ミットレ』は小休止ですけど、またミットレに代わる、音楽のことを教えてもらえるイベントとか楽しい時間を楽しみにしています。

    『ロミオ&ジュリエット』のお稽古、楽しくお元気にお過ごしくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です