古川雄大くんをお迎えした「Midnight Treasures」いかがでしたか?『Studio Sunshine』オススメです!

シャイで繊細で妖精のような雄大。肉を骨付きでムシャムシャ食べたりするのか?腰に手を当てて牛乳を一気飲みしたりするのか?いわゆるヤンチャで豪傑な男子の食べっぷりが浮かばない…甘くて淡くて透明感のあるロミオ。

陽気がいいと空に向かってウオーと叫んだりするのか?浜辺でチャラいお兄ちゃんみたく「ようようそこのオネーサン」とかナンパとかするのだろうか?

これはもはや絶対にない(あほ)。ロミオを完全に演じきっている雄大の率直なイメージでしたが、インタビューをしたら、中側には燃える情熱をたたえるポジティブな青年の姿が見えました。燃え滾る炎というより燃えることを楽しんでいる確かな炎。闇夜を照らす炎という感覚。謙虚で誠実で、俺は雄大が大好きになりました。昔から知っていたけど、共演は初めて。ミットレに出てもらえたことで、雄大の深い面まで知れて本当に嬉しかったです。みんなも恋に落ちたんじゃないですか?どうなんだ(笑)?

雄大の今後のスケジュールですが、『ロミオ&ジュリエット』が終わるとすぐ あの『エリザベート』に出演します。6、7、8月3ヶ月 帝国劇場で上演。でなんと、奥さん、雄大はトート閣下ですよ!!!死と闇の使者。雄大の美しく妖艶なトートを早く見たい。彼が新しいエリザベートの歴史を開くのは間違いない。そう思います。いやあ楽しみ。我らがダルタニアン 井上芳雄くんとのダブルキャストなんて、鼻血舞ーだな。あ、鼻血が舞うって意味です(笑)。

雄大へシンパシーを抱く点はもう一つあって、それは雄大がシンガーソングライターでもあること。番組でオンエアした「ハローマイフレンド」も耳に残るいいメロディーだったでしょ?素直な歌詞もスッと耳に入ってくるよね。エンディングあたりで、穏やかなAメロから突然サビに行くところで震えました。いやあアレンジもかっこええ。雄大は5曲すべての歌詞を書いている上に、2曲では作曲もしています。どれもキャッチーで甘くていい曲ばかり。これをミットレで強く訴えられなかったので、今ここに書いています(笑)。

『Studio Sunshine』というアルバムがそのアルバム!絶賛発売中です。是非お手にとってみて下さいね。大推薦。

皆さま、これからも雄大をよろしくね!

昨日のオンエアの感想をお待ちしています。生歌のSheはいかがでしたか?


19 thoughts on “古川雄大くんをお迎えした「Midnight Treasures」いかがでしたか?『Studio Sunshine』オススメです!

  1. めぐみ

    こんばんは✨‌
    ロミジュリの大公様の歌声、力強くて威厳があってめちゃ格好良かったです。‌
    まさかの石井さん司会のトークショー!めっちゃ面白くて、1時間くらい聞いていたかったです。‌
    衣装そのままのお姿が見られるのは凄く嬉しかったです。大公様のロングコート、やっぱり石井さんの着こなしが素敵すぎて、こんなに素敵な大公様の言うことをなんで誰も聞いてないのよー!ぷんぷん!な気分でした。‌

    興奮冷めやらぬままのミットレ!今夜も全曲素敵でした〜‌
    このところ3回くらいの声がめちゃくちゃ品行方正な好青年の声という感じで良い声だなぁって思っています。‌
    ちょっと歌ってくださるところも凄く良い声でうっとりです💕‌

    石井さんの花ランキング爆笑しました‌
    まさかベルばらがかかるとは!リクエストしておけば良かったです🥀‌
    アニメで1番は完全に覚えていましたが、2番の歌詞は知らなかったので真剣に聴き入りました。‌

    トークも面白でした〜ホストみたいな服が好きって(笑)でも石井さん似合われるんですもんね!‌
    石井さんが似合われるから、私もホストみたいな服が好きになっちゃいました。‌
    ヴェローナ大公のサイド前髪のかかり具合めちゃ好きなのですが、ふとあれで白いスーツだったら…ナニワ金融道みたい…!強そうって思っちゃいました。‌
    頼れるおやびんって感じで…カツシカンからミナミの人にスライドできそうです。‌

    姿月あさとさんのこの歌声良いですねぇ〜!石井さんが歌われるの聴きたい…!ぜひミットレでもオンエアして欲しいです。‌

    石井さんのジーニーめっっちゃ楽しいです!歌われてる時の顔もジーニーなので動画で配信して欲しいくらいです!‌

    ロミジュリ、あと少しですが大阪を満喫されますように⭐️‌
    いつも応援しております💕

  2. ikam

    新元号の発表は、たまたま待ち合わせ場所にあったテレビにてリアルタイムで視聴し‌

    船上では早速「令和」の文字を手にしたアヒルとカッパのハーフのダッパくんと記念撮影(笑)‌

    かっこ良さげに書いてみましたが、実はめちゃめちゃローカルな初体験。いい記念になりました(≧ω≦)

  3. ikam

    紙コップの文字にも注目していましたが、さすが和を極めてらっしゃるだけあって、岡さん達筆ですね!‌

    普段から筆ペンを携帯されているのですか!?‌

    いや、岡さんに筆ペンは邪道?‌

    もしかして、筆と硯をいつも楽屋に用意されているのですか!?気になります!‌

    そして宮川さん優勝おめでとうございます!‌

    石井さんは残念!(笑)‌

    昨日は下り坂のお天気の奇跡的な晴れ間に、しっかり防寒して、ちょっぴり早い桜とトークを船上で楽しんだのですが‌

    そういえば私、エイプリルフールしてなかったなーと思い‌

    夜になって身内に写真つきで報告がてら、最後に「私、船から落ちてん。」と付け加えてみると‌

    いったい何がどうなってそうなったのか!?と、みんな驚いてくれましたー。‌

    その後は「騙された!」「普段からどんくさいから見抜けなかった!」と悔しがられ、この成功を喜ぶべきなのか微妙な気分になりました(≧ω≦;)‌

    大人組の皆さんは、なにかエイプリルフールされましたか?

  4. naoko

    カズさん、新元号が「令和」に決まりましたね。万葉集から元号が決まるなんて、ロマンチックですね。高校時代、万葉集を持って、山辺の道を歩いたり、万葉人がどんな気持ちで和歌を詠んでいたのかなぁと思いながら夕日を眺めたりしていました。‌
    万葉人の和歌は現代のソングライターですね。カズさんがもし万葉人だったら、素敵な和歌を詠んでいたのだろうなぁと、ひさしぶりに万葉集を開いてみました。‌
    カズさんの曲も、時代を超えて歌いつがれて行きますように願っています。‌
    明日の大人組の方々の元号の開封、楽しみですね。そして梅田ヴェローナ公演、ミットレも楽しみにしています。‌
    素敵な一孝画伯の作品、ありがとうございました。大切にしますね。‌
    愛と感謝を込めて♡♡♡

  5. Kaori

    教授、こんばんは!‌
    梅田ヴェローナが開幕しましたね!‌
    さらに熱く荒れくれ者の市民達をしっかり統治して下さいね。‌
    私は今度の週末に梅田ヴェローナに行くのを楽しみにしています♪‌

    2週連続ロミオのゲスト出演。‌
    超ビックリ!超感動しました!!ヽ(*´∀`)ノ‌
    超大歓迎です!!!‌
    大公様が迎えるプリンス達とのトーク。素敵ですわ~♡‌

    ★Best of What I Got / Bad English‌
    めちゃめちゃカッコエエ声~。(☆▽☆)‌
    ティボルトの格好をして歌っている姿を想像してしまった私…まだまだすっかりロミジュリモードです。ティボルトソングを歌って欲しいと思いました。(あほ)‌
    斬新なイントロとエレキ(?) も痺れました。クラクラする乙女続出間違いなしのロマンティックソングですね。‌

    ★Thank You For The Music / ABBA‌
    Thank you for this music DJ Kazu さん! ABBA久しぶりに聴いて、心洗われました。‌
    このナンバーは、私の中で特に癒し効果が大きいです。‌
    世界のABBA。昔、昔、異国の地に住み始めて、知り合いゼロ、言葉も全く通じず、気が狂いそうになった頃、ABBAの曲を聴いて勇気づけられたのを今でも忘れません…‌
    DJさんはトロントで観られたのですか?ちょっとビックリ。さすが世界のABBA。世界の音楽マニアですね。私は日本に上陸した年に観ましたよ♪‌

    <俺のAOR>‌
    個性的雄叫び復活しましたね。(≧∇≦)‌
    石井ゴンザレスさん、巻き舌が流石です!‌
    もう一回言います!‌
    流石、石井ゴンザレスさん!!‌

    ★Take it to the Limit / Frank Weber‌
    有名曲…う、聴いたことないかも?と思い、慌ててオリジナルを聴いてしまいました。‌
    全然違うから分からないです。(^_^;)‌
    ほんと斬新で、かつ爽やかスッキリな仕上がりで私はとても好きです。後半の演奏の音色が印象的です。‌
    アレンジの世界はミラクルで楽しいですね~♪‌

    ★Sara / 石井一孝‌
    この曲を始めて聞いたレディは、たちまち『この曲を歌うシンガーは、肉を骨付きでムシャムシャ食べたりするのか?腰に手を当てて牛乳を一気飲みしたりするのか?陽気がいいと空に向かってウオーと叫んだりするのか?浜辺でチャラいお兄ちゃんみたく「ようようそこのオネーサン」とかナンパとかするのだろうか?』‌
    そんな疑問を持つこと間違いなし!のナンバーですね。‌
    誰もが石井ゴンザレスさんと想像出来ないでしょう。‌
    この素敵なときめきソングも今回でラストですね。またライブで歌って下さ~い。‌

    <古川雄大さんとの対談>‌
    私は古川雄大さんの素顔はロミジュリ2017年のアフタートークショーで初めて拝見しました。第一印象は「何て素朴で実直で落ち着きある青年なのだろう!」でした。そこで曲作りもされると知り、ミュージカル俳優さんとしてはなかなかレアで貴重なタイプだわ~と好印象でした。‌
    今回の対談を聞いても、その時のトークショーでの印象そのままでした。さらに、胸の内に秘める仕事への熱く雄大(←名前にかけてみた)な想いが伝わってきて、今後のご活躍にますます期待が膨らみました。‌

    お稽古場でオカズ先輩が披露したロミオ&ベンヴォーリオのお話も聴けて嬉しかったです。‌
    また、ロミジュリソング大好きオタクには、「今回は楽譜に忠実に」というポイントもいいお話が聴けた~と思いました。‌

    DJさんによる古川さんロミオ感想には頷き、褒め褒め表現力の素晴らしさと洞察力には唸りました。清らかなプラズマ…まさにそんな感じですね。オカズ先輩のようにドンドン舞台の場数を踏んで、イチズでイケズな大人になっていく日が楽しみ…と一瞬思ってしまった私はバカです。‌
    古川さんの素敵な個性を伸ばしながら、ますます輝いていく姿がこれからも楽しみです。‌

    ★Hello My Friend / 古川雄大‌
    温かさと安心感に包まれる素敵な曲でとても気に入りました。「元気です」と答えたくなりました。アコースティックな音色とメロディーが心地よく耳に残りました。‌
    美形の清らかな妖精さんの歌声に、私もすっかり清らかな心の女性になった気分です。(あほ)‌
    曲を作られる時のこだわりやマニア度は教授並みなのだろうか?何回も取り直すのだろうか?など、密かにあれこれ気になったことを告白します。‌

    ★She(LIVE) / 石井一孝‌
    Saraから王子様ナンバー&トーク(笑)が続き、乙女心が蘇りました。(あほ)‌
    ピアノの音色もメロディー優しくて癒しの名曲でもありますね。‌
    改めて歌詞をチェックしたのですが、ロマンティックでイチズな想いにため息です。‌
    それをイケ…イチズな王子様が歌っているのですから、ファンとしてはたまらない音源ですね!!‌
    個人的には、歳を重ねた男性が歌われるのが一番美しくてグッときます。‌
    場数を踏んでアダルトになった教授の歌の深さと美声に酔いしれました。(//∇//)‌

    <お別れ劇場>‌
    明日は明日の風が吹く。いい名言ですね~。(*゚▽゚*)‌
    大公様におかれましては、明日は明日のヴェローナの嵐の中で頑張って下さいね☆‌
    あ、休演日だった。(あほ)‌

    次回のミットレも楽しみにしています♪ ヾ(*´∀`*)ノ

  6. Lha

    ロミジュリは古川X生田組しか見なくて、‌
    大阪初日には行けないから、あっという間にMY楽でした。‌
    テニミュは観ていないですが、以後は古川さんの舞台は私はほとんど観ていて、‌
    特に古川さん初主演の舞台ライン(ストプレ)は実にフレッシュで、強烈に印象に残っています。共演の谷口さん、小田井さん(純烈)もめちゃカッコよかったです。‌
    この舞台のDVDを最近久しぶりに取り出して見ました。‌

    古川トート、やっとチケット確保。これ本当にチケット取るのが難しい。‌
    谷口さんも映画が当たって、ファンイベントのチケットが、最近1年に1枚すら、凄い倍率で全く取れません。‌
    小田井さんは紅白に出たし。‌

    ロミオと言えば、広瀬さんもストプレで昔ロミオやってました。何年前かなあ。‌
    しかし、広瀬さんと言えば、私の大好きな少女漫画・アニメ「花咲ける青少年」の舞台版シリーズのユージィン役がめっちゃはまってました。今も語り草。‌

    思えばこの10年、芝居見過ぎました。‌
    皆さん、それぞれに芸域を広げられて楽しいです。‌

    シンガーソングライターとして、ライブを定期的に開催している古川さんは、石井さんに通じるものがあります。‌
    ミュージカルもシンガーソングライターも、頑張ってください。

  7. naoko

    カズさん『ロミオとジュリエット』梅田ヴェローナ公演初日おめでとうございます。‌
    素敵なヴェローナ大公、お元気に大千秋楽までヴェローナの民を治めてくださいね。‌
    愛を込めて見守っています。‌
    愛と感謝を込めて♡♡♡

  8. naoko

    カズさん、いよいよ梅田ヴェローナ公演が明日開幕ですね。梅田芸術劇場がまだ飛天という名前だった頃に拝見した『レ・ミゼラブル』を今でも鮮明に覚えています。‌
    日本のミュージカルを牽引してくださっている大人組の方々の、いぶし銀のような輝きに支えられて、明日からの『ロミオとジュリエット』もますます素敵な舞台になりますように愛を込めて見守っています。‌
    美味しい物を食べて、お元気に笑顔で過ごしてくれますように願っています。‌
    愛と感謝を込めて♡♡♡

  9. ikam

    ほんとになんて斬新なカバーなんでしょうね(つくづく)。そしてなんてお洒落な複雑コード進行。はねたリズムが楽しげでポップでギターアレンジも個性的。‌

    ビリー・ジョエルがAORのレジェンドたちに刺激されて新たな才能が開花しちゃったって感じの曲のあれこれ(個人的印象)。‌

    早くCDが届かないかなー(´∇`)ワクワク♪

  10. ゆき

    石井一孝さま。‌
    古川くんをゲストに呼んでいただき、また古川くんの曲まで流していただいてありがとうございました。‌
    ロミジュリは東京で何度か観劇させていただきましたが、大阪も1度だけ観劇します。‌
    その時は「ヴェローナ2」のあとの古川ロミオの大公への視線に注目して見たいと思います。‌
    「Hello My Friend」、前からとても好きな曲です。‌
    でも、熱いロミジュリトークの後で聴くこの曲が、まるでロミオ、マーキューシオ、ベンヴォーリオの友情のことを歌った曲のように聞こえてとても切なかったです。‌
    いよいよ始まる梅田ヴェローナも大成功で千秋楽を迎えられるようお祈りしています。

  11. ikam

    そう!あのAメロからのサビの不意討ちはドキッとさせられちゃいました。‌

    完璧な今どきサウンドのアレンジに、アレンジャーさんは誰なんだろう?とあちこち検索してみましたが、とうとうわからずじまいでした。‌

    その代わりわかったことは、マキシシングルやミニアルバムを含め、これまで8枚のCDを出されていることと、その中にいくつか宮崎誠さんが提供された曲もあるということです。‌

    古川くんは宮崎誠さんが大好きだってこと、ご存知でしたか?‌

    是非誠さん話で盛り上がって、三人でライブをしよう!なんてことになればいいですね(≧ω≦)‌

    更に検索の副産物として(笑)、曲を作ることが本当に大好きなんだな〜ということと、ライブのトークは長めだということがわかりました(笑)、トークでの面白エピソードにも笑わせてもらいましたよ(≧ω≦)‌

    ピュアでフェアリーのようでいて、なかなかの面白で骨太で情熱的な古川雄大くん。‌

    私にはもう息子のようにしか思えませんが、すでに次世代スターの道を走られているとのこと。これからの日本のミュージカル界を牽引する一人として、より一層この世界を活気づかせてほしいですね。‌

    そしていつか大御所としてロミジュリの舞台に戻ってきてくれる日を楽しみに…って気が早いわ!(゜o゜)\(-_-)‌

    いやいや「光陰矢のごとし」ですから。どんな風に経験を重ねられて、どんな風に俳優として成熟されるのか、今から楽しみです。‌

    話変わって‌

    イーグルスのカバーは衝撃的でした!‌

    4拍子を3拍子にアレンジすることはあっても、3拍子を4拍子にアレンジすることって珍しいと思います。もう全く別物みたい。言われなきゃ気がつかない!‌

    と思ったら最後に気がつく仕掛けって心憎い!間奏にもその他アレンジにも彼のセンスが迸っているようです。‌

    YouTubeで何曲か聴いて即買いです。この人のピアノ素敵♪‌

    ビリー・ジョエルみたいなフレーズがあって、ああどことなくビリー・ジョエルを彷彿させるような人かも〜と思ったり、でもセンスはまた違うものがあるな〜と思ったり。‌

    バラードも素晴らしかったですが、この方はアップテンポの曲になると才能が炸裂しちゃうみたいですね。もうひとつフュージョンとのクロスオーバー的なアップテンポの曲があるのですが、もう最高でした。‌

    他のアルバムはおとなしめ。やっぱりこのくらいアップテンポの曲の方が他のアーティストとの差が際立つような気がします。‌

    ABBAはもうさすがABBA。‌

    聴く度に感動したり唸ったり凄いなーと思う曲は、枚挙にいとまがないですからね。ああ、そろそろチェスを体感したいなぁ。‌

    愉しく心ぽかぽか春めくラインナップを有難うございました〜☆‌

    さてさて。ロミジュリ大阪公演もいよいよ目前。‌

    こちらの桜はまだ二分咲きでこらえてロミジュリ開幕をお待ちしていますよ。‌

    開幕とともに満開を迎え、大千秋楽の頃には散っていく桜…‌

    …うーん。‌

    大先生ならこれをもっと素敵に絡めて、続きできれいに終わらせてくれるのでしょうけど、私には思い浮かばないので(笑)‌

    とにかく楽しみにしています!(≧ω≦)

  12. GRIMM

    ロミジュリ大阪公演が近づいてきてワクワクドキドキがとまらなくなってきましたが、今回のミットレもドキドキ、キュンっとなる曲ばかりでとっても楽しかったです\(^o^)/‌

    ★Best of What I Got / Bad English‌
    イントロのドラマティックなギターの音がカッコいいですね。力強いドラムをバックに、華やかなキーボードにハードでカッコいいギター。美しいハードロックなサウンドが、聴いていてすごく心地いいです。‌

    ★Thank You for the Music / ABBA‌
    メロディーも歌詞もとっても素敵でイントロの音からずっと感動でいっぱいになりますね。そして透明感のある美しい歌声を聴くと優しい気持ちになります。‌

    ★Take It To The Limit / Frank Weber‌
    軽快でスピーディなアレンジ。全く違う曲になっていますね。でも曲の最後はテンポを落としてオリジナルに近い雰囲気に戻るところがお洒落で素晴らしいです。最後まで聴いて初めてあの曲のカバーだったのね、と気づく感じで、アレンジって面白いなぁとあらためて思います。また素敵なアレンジの曲を紹介してくださいね。‌

    ★Sara / 石井一孝‌
    リスナーさんからの『普段はあんなに面白い人なのに』がツボにはまり、というか大きく頷きながら聞きました(笑)。かずさんの純粋で優しさやあたたかさを感じる素敵な音楽が大好きです。来月のマンスリーはどの曲がオンエアされるのかも楽しみにしています。‌

    ★Hello my friend / 古川雄大‌
    今までは繊細で美しいイメージがあったのですが、古川さんのお話を聞いて、とっても熱い方なんだなぁという印象を受けました。そして、話し声が本当に甘くて素敵な声ですね。大阪公演で古川さんのロミオをまた観ることができるのでとっても楽しみです。‌
    「Hello my friend」はメロディもアレンジもカッコいいですね。男らしさも感じる素敵な曲。かずさんが言われている、突然サビにいくところがかなりお気に入りです。‌

    ★She(LIVE) / 石井一孝‌
    かずさんの声で聴く「She」が大好きです。お寺コンサートでもうっとりしながら聴いていました。心で歌われる、表現されるかずさんの想いがストレートに響いてきますね。また聴けて嬉しいです。オンエアありがとうございました。何度も繰り返し聴きますが、またコンサートでぜひ歌ってくださいね。

  13. ゆきんこ

    カズさん、こんばんは。‌
    ミットレ聞きましたよ!‌
    雄大くん!!!‌
    ロミオがニコってした時に、あまりの可愛さに大公ごめんなさいって思ったことを白状します…。‌
    そして、なんと、雄大くんの出身地が私の出身地の近くでした!‌
    とは言っても、ご近所さんではありませんが…イケメンと同じ地方民族(笑)って思ったら嬉しくなりました。‌

    もっとふたりのお話聞きたかったな~。

  14. ikuko

    浪速ヴェローナに向けて徐々に盛り上がってきましたね。‌
    ミットレで語り尽くせなかった古川くんの魅力を綴ってくれてありがとうございます。‌
    こんなふうに後輩を絶賛するカズさんの優しいお人柄もとっても素敵ですよ。‌

    今回は春の陽射しを感じるような明るいイメージのラインナップでしたね♪‌

    ★BEST OF WHAT I GOT‌
    パイプオルガンのようなキーボードの音色が印象的でスケールの大きさを感じさせてくれる曲でした。‌

    ★THANK YOU FOR THE MUSIC‌
    『ガーシク』を3回も観てくれた17才の男子ファンなんて、とっても貴重な存在ですね。‌
    THANK YOU FOR THE MUSIC…ミュージカルを観たりミットレ聴いたりしてるとまさに音楽に感謝!という気持ちになります。‌
    アバの美しいハーモニーや透明感のあるアレンジによって清々しく心に響いてくる曲です。‌

    ★TAKE IT TO THE LIMIT‌
    原曲とは全く違うアップビートでポップな曲調にビックリ!‌
    アレンジによってこうもイメージが変わってくるのが新鮮でした。‌
    ここまで斬新にアレンジするのはかなり大胆だと思いましたが、ラストは原曲と同じテンポになって種明かしというのが洒落てますね。‌
    『FRANK WEBER』の他の曲も聴いてみましたが、スティーリー・ダンぽいのがあったり、デヴィッド・ラズリーが参加してたりと実に多彩ですね。‌

    ★Sara‌
    日毎に春めいてくるこの季節にピッタリの恋の息吹を感じる素敵な曲♪‌
    聴くたびにピュアな気持ちにさせてくれます。‌

    古川ロミオに落ちた一人です(笑)。‌
    こんなロミオに愛されたら後を追って死んでもいい。‌
    こんな黄泉の国の帝王ならすぐに着いて行くわ(あほ)。‌

    端正な顔立ちに相応しい誠実でたおやかな人柄、一方では内面に燃えたぎる男らしさや舞台への情熱が感じられて将来がとても楽しみな魅力に溢れてました。‌
    肉もサラダもめちゃくちゃ頬張る男子で良かったです(笑)。‌

    ヴェローナ大公は出番が少ないからこそテンションを保つのが大変ということもわかりましたよ。‌

    古川くんは元々ダンスから始まったのに、今では作詞作曲もするなんてマルチな才能も持ち合わせているのですね。ますます素敵!‌
    「HELLO MY FRIEND」は、アレンジもカッコいいけど男の優しさが伝わってくるような歌声にウットリです♪‌

    ★SHE‌
    たくさんのアーティストが歌ってる曲ですが、カズさんが歌うと しなやかで煌めくような「彼女」の姿が思い浮かんでくるんです。‌
    一人の女性を想う心を見事に表現しているところがシンガーとして素晴らしいところだと思います。‌
    何を歌っても上手いなぁ~♪

  15. naoko

    カズさん、今日は桜の日らしい暖かく気持ちのいい日ですね。大阪でも満開の桜と沢山のミットレリスナーの方々が待ってくださっていると思います。‌
    昨日のミットレでは、遠くから姿を拝見したことしかないカズさんの舞台のお仲間が、ミットレのトークを通して、少し近くに感じることが出来ました。カズさんの後輩を思う気持ちは、とても素敵ですね。‌
    『She』は、かなり若い頃にパリでシャルル・アズナブールさんのコンサートで聴かせていただいて、ハラハラ涙が溢れて来た心に残る懐かしい曲です。カズさんがシャンソンを歌われるなんて、少し意外でした。とても素敵でした。今度は、本当に生歌で聴かせていただきたいなぁと思っています。パリでの珍道中を思い出して、夜中にクスクス笑ってしまいました。‌
    さぁ、いよいよ梅田ヴェローナ公演ですね。ますます素晴らしい舞台になりますように祈っています。‌
    親友と一緒に過ごせる、かけがえのない時間を、笑顔で、楽しく過ごしてくださいね。‌
    愛を込めて見守っています。‌
    愛と感謝を込めて♡♡♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です