ジョリス&シモーン「Jolis & Simone」

OCD-006

ジョリス&シモーン「Jolis & Simone」

(OCD-006)

★石井一孝がライナーノーツを執筆★

ジョリス&シモーンはボストンで活動する2メン・ユニットで、ジェイムス・ジョリスがベース、ケヴィン・シモーン(ディシモーン)がキーボードをプレイ。曲作りのコラボレーションは主にジョリスが作詞、そしてシモーンが作曲となり、このアルバムでも全10曲中9曲が彼らのオリジナルになるなど、ソングライティング面でのクォリティの高さが彼ら最大の魅力になっている。1977年にPolydorからシングル<Rainin’>でデビューを飾り、その2年後にColumbiaからロン・ダンテ・プロデュースによるアルバム『Jolis & Simone』を発表。素晴らしい楽曲とヴォーカル、コーラス、演奏で通なリスナーをもノックアウトさせた。デュオとしてのアルバムはそれ1枚で終わってしまうが、その後、バリー・マニロウのツアーで約5年間、コーラスを担当。2人が書いた曲にバリーが手直したしたバラード<Stay>が 1982年に全英チャートで23位まで上昇した。今回のライナー・ノートは、このアルバムの大ファンを公言する、ミュージカル俳優の石井一孝が執筆し、AORファン待望のリリースに花を添えている。

※当サイトでご注文された方にもれなく、石井一孝生写真の特典付き!

【収録曲】
1.At The Paradise
2.Cafe Au Lait
3.Just A Little Love
4.Midnight Lady
5.Rainin’
6.I Love Makin’ Love To You
7.So Shy
8.Roundabout Midnight
9.Night Flight
10.Cold Night In Calais


【レーベル】COOL SOUND
【商品番号】COOL151
【発売日】2020年10月23日
【価格】2,640円(税込)

在庫状態 : 在庫有り
¥2,640(税込)
数量