『Alma de Tango 2019 (タンゴの魂)』に石井一孝の出演が決定致しました。
昨年に続き、タンゴの名曲で綴る華やかな宴にどうぞご期待下さい!
※石井一孝の出演は10月22日 12:00 開演 / 16:00 開演 の2公演です。

 

Alma de Tango 2019 (タンゴの魂)

世界の裏側アルゼンチンで生まれた民族音楽、タンゴが日本に伝来して約100年。
日本人に100年にわたり愛されたアルゼンチンタンゴの名曲を味わう記念公演を2014年から2018年まで開催、アルゼンチンの音楽著作権協会の後援により、演奏、歌、ダンスでタンゴが生まれてから現代までの歴史を振り返るという内容で、大きな反響をいただいて参りました。
今年は内容も一新、ブエノスアイレスの下町で生まれたタンゴ独特の哀愁と感傷にあふれたメロディー、豪快なリズム、さらにダンスの官能的かつスペクタクルに充ちたパフォーマンス、タンゴだけがもつ不思議な魅力そのエッセンスをお届けいたします。
本場ブエノスアイレスから超一流のアンドレス・リネツキー楽団を招聘。
3月に来日したラミーロ・ガージョと並ぶ世界的奏者、ウンベルト・リドルフィも特別参加。
魅力あふれる世界的な演奏と共に、日本人キャストによる豪華絢爛のパフォーマンスにご期待ください。

【公演日時】
10/21(月)   18:00 開演
10/22(祝・火) 12:00 開演 / 16:00 開演 ※
10/23(水)   12:00 開演 / 16:00 開演

【会場】イイノホール(霞が関駅直結)

【料金】11,000円(税込・全席指定)

【演奏】
アンドレス・リネツキー楽団  Cuarteto de Tango Andres Linetzky
Andres Linetzky アンドレス・リネツキー (音楽監督、ピアノ)Piano y dirección musical
Humberto Ridolfi ウンベルト・リドルフィ(バイオリン)Violin
Ramiro Boero ラミーロ・ボエロ(バンドネオン)Bandoneón
Ignacio Varchausky イグナシオ・バルチャウスキー(コントラバス)Contrabajo
ゲスト 宇野秀一(ビオラ)Viola  外薗美穂(バイオリン)Violin

【出演】
寿ひずる 水夏希 花木さち子
クリスティアン・ロペス エルネスト・ステール ダビッド・レギサモン
真波そら 天緒圭花 沢希理寿 輝城みつる 北島裕佳

【日替わりキャスト】(五十音順)
安奈淳(22日)
石井一孝(22日)
姿月あさと(21日,23日)
高汐巴(23日)
夏樹陽子 (22日)
日向薫(21日,22日)
三浦浩一(21日) ほか

後援:
在日アルゼンチン共和国大使館
SADAIC (アルゼンチン著作権協会日本代表)
日本アメリカーナ音楽出版株式会社

主催:「タンゴの魂」制作委員会